アメリカ等で「頭蓋骨破壊チャレンジ」というTiktokの動画が社会問題となっています。

 

そんな、「頭蓋骨破壊チャレンジ」とはどんな動画で、なぜ流行ってしまったのでしょうか?

 

ということで今回は、「頭蓋骨破壊チャレンジ」とは、どんな動画で、なぜ流行ったのか調査したいと思います。

スポンサーリンク

頭蓋骨破壊チャレンジとは!動画危険!tiktokで流行した理由は

頭蓋骨破壊チャレンジとは

頭蓋骨破壊チャレンジ(Skullbreakerchallenge)とは、事情を知らないジャンプした相手を足払いして転ばせ、転んだ相手を頭から叩き落とす危険なチャンレンジです。

 

頭蓋骨破壊チャレンジの手口
  1. 事情を知らない被害者にジャンプをまねる様に要求
  2. ジャンプしたら足を払い転ばせる
  3. 転んだ相手は受け身が取れずに頭を打ち付ける
  4. 転倒する様子を楽しんでTiktokに動画投稿

 

そして、この「頭蓋骨破壊チャレンジ」はTiktokでアメリカ、インド、アラブ首長国連邦等の世界中に拡散して、真似する子供が続出。

 

転ばされた被害者は頭、首、腕、足を負傷して、病院へ搬送される子供が相次いで社会問題となっています。

頭蓋骨破壊チャレンジの動画は?

頭蓋骨破壊チャレンジは「Skullbreakerchallenge」で検索するとYou Tube等でも以下のような動画が出てきます。

 

中には「Skullbreakerchallenge」というワードが流行っているから、ただ「Skullbreakerchallenge」という言葉を入れてアクセス数稼ぎをしている方もいました。

 

そういったアクセス数稼ぎで「Skullbreakerchallenge」というワードも入れているため、どんどん世界中で「Skullbreakerchallenge」という言葉が拡散されて知れ渡っているようです。

スポンサーリンク

頭蓋骨破壊チャレンジを始めたきっかけ・拡散された理由は?

頭蓋骨破壊チャレンジは友達を騙して動画撮影がきっかけで、いじめっ子の方がいじめられっ子よりも人数は必然的に多いので、いじめられっ子達が真似して拡散されたのでしょう。

 

頭蓋骨破壊チャレンジは最初はスペインの2人の学生が、友達を騙して動画撮影したことが始まりだと言われています。

 

そして、いじめっ子はいじめられっ子よりも多いのは当然であり。

いじめっ子はこの頭蓋骨破壊チャレンジを見て面白がり、いじめられっ子を騙して頭蓋骨破壊チャレンジをしているのでしょう。

 

特にいじめっ子は面白いからと、いじめた相手の危険など気にすることもないので、面白いからとTiktokで動画拡散したのでしょう。

 

日本でも後の降りかかる危険を知らずに動画を拡散するバカTikTokがいますが、こういったバカは世界共通なのです。

 

さらに上記でも言いましたがこの「Skullbreakerchallenge」というワードが流行ったため、ユーチューバーはアクセス数稼ぎのために「Skullbreakerchallenge」が活用され、どんどん拡散が加速していったのです。

頭蓋骨破壊チャレンジとは危険!tiktok動画で流行した理由はいじめっ子が面白がる!

頭蓋骨破壊チャレンジは事情を知らない子供が転ばされるので受け身が取れず、頭を叩きつけられたりと大変危険なチャンレンジです。

 

それでも拡散して行われるのは、後に降りかかる危険を考えずに面白いから実行するいじめっ子が多いから。

さらに、今は「Skullbreakerchallenge」という言葉が流行って、ユーチューバー等でこの言葉が活用されて拡散されたいったのでした。

 

これは日本でも起きているバカッター等を同じ現象ですので、後の事を考えてみなさんは行わないでください。

 

せばな~

なぜレッツゴー陰陽師トレンド入り?電王タイムスリップ理由は船長が原因?

スポンサーリンク