ユーミンこと松任谷由実さんが「犬のさんぽ」と書いた文字が、下ネタで「松任谷由実どうした!」と話題になっているようです。

 

そんな、ユーミンの犬のさんぽ下ネタとは?

また、天下のユーミンが下ネタを発信した理由は?

 

ということで今回は、ユーミン犬のさんぽについて、

  • ユーミンが犬のさんぽで下ネタ画像?
  • ユーミンが犬のさんぽで下ネタした理由!

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

ユーミン犬のさんぽ下ネタ好き?松任谷由実ツイッターでどうした理由!

松任谷由実(ユーミン)犬のさんぽで下ネタ?

ユーミンこと松任谷由実さんがツイッターにて突如「犬のさんぽ」の文字をツイートし、反転させ「犬の○んぽ」という下ネタに見せる高等テクニック使って話題になりました。

松任谷由実 犬のさんぽ
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

もちろん、鏡に写せば「犬のさんぽ」なのですが、汚い心か素直な心をもっている方には「犬ち○ぽ」と見えてしまったようです。

 

その結果、案の定、松任谷由実さんの犬のさんぽツイートに、クソリプが届いてしまったのでした。

松任谷由実(ユーミン)は下ネタ好きで犬のさんぽ?

松任谷由実さんは下ネタ好きらしく、だから「犬のさんぽ」という下ネタをぶっこんできたようです。

 

実際にユーミンファンからは、「ユーミンは下ネタ好き」は周知であることがツイッターでも判明しました。

 

そして、ラジオでは、普通にユーミンが下ネタをぶっ込んできているようです。

 

このようにユーミンは下ネタ好きで、「犬のさんぽ」は狙って下ネタをぶち込んでいるようです。

スポンサーリンク

松任谷由実(ユーミン) プロフィール

松任谷由実 犬のさんぽ
(画像引用元:https://ro69-bucket.s3.amazonaws.com

出生名     荒井 由実(旧姓)
別名      ユーミン(Yuming)
活動期間    1971年~
事務所     雲母社

 

6歳からピアノ、11歳から三味線、14歳からベースを始めており、1971年に17歳で作曲家としてデビューします。

 

1972年7月にはシングル「返事はいらない」で荒井由実としてデビューたが売れず、1973年11月にファーストアルバム「ひこうき雲」を発売しています。

 

しかし、、TBSラジオの深夜放送番組「パックインミュージック」金曜日第2部を担当していたパーソナリティの林美雄の絶大な支持を受けて知名度が上がり、翌1974年より本格的にステージ活動します。

 

1975年10月発売のシングル「あの日にかえりたい」が初のオリコン1位を獲得し、1976年のシングル年間ランキング第10位のヒットとなり、第一次ブームを迎えます。

 

1975年に結婚するがその後も松任谷由実として音楽活動をし、1981年6月のシングル「守ってあげたい」が1981年のシングル年間ランキング第10位のヒットとなり、第二次ブームが到来。

 

同年ののアルバム「昨晩お会いしましょう」以降のオリジナルアルバムは17枚連続でオリコン1位を獲得し、1987年のアルバム「ダイアモンドダストが消えぬまに」以降は9作連続のミリオンセラーを獲得します。

 

1996年には旧姓・荒井由実の名で活動し、セルフカバーシングル「まちぶせ」を発売しています。

 

1998年にはロシアのサーカスチームとコラボレートしたコンサート「シャングリラ」にて、3回の総制作費は120億円以上、観客動員数は100万人を記録しています。

 

2010年代以降の楽曲提供としては、綾瀬はるか、坂本真綾、芦田愛菜、松田聖子等等と名だたる方々に提供していきます。

 

2013年春の叙勲で紫綬褒章受章し、 2015年に石川県観光ブランドプロデューサーに就任、 2017年には東京芸術文化評議会委員に就任、世田谷区名誉区民等と確固たる地位と名誉を手に入れます。

 

また2016年。11月18日から2017年9月22日まで、全80公演にも及ぶコンサートツアー「宇宙図書館」を開催しています。

ユーミン犬のさんぽで下ネタ好き!松任谷由実ツイッターでどうした!

ユーミンこと松任谷由実さんですが、実は下ネタ好きで狙って「犬のさんぽ」をぶち込んでいるようです…

 

しかし、ユーミンをよく知っていない方は、急に「犬のさ○ぽ」をぶち込んできたので「どうした!」とご乱心したのかびっくりしたようですね。

 

そんな、大御所なのにこういった下ネタをするユーミンですが、果たして次はどんな「犬のさ○ぽ」を見せてくれるのか注目ですね!

 

せばな~