女優として活躍している吉岡里帆さんですが、以前に「水着嫌だ」「グラビアやりたくない」発言で話題となっていました。

 

そんな吉岡里帆さんは後からデマで、グラビアをリスペクトしていると訂正していましたが真相は?

 

ということで今回は、吉岡里帆さんの「水着嫌だ」「グラビアやりたくない」の真相を調査したいと思います。


スポンサーリンク

吉岡里帆の水着嫌だグラビアやりたくない真相!

吉岡里帆 プロフィール

吉岡里帆 グラビア
(画像引用元:https://i.pinimg.com

生年月日    1993年1月15日
出生地     京都府京都市右京区
身長      158 cm
血液型     B型
職業      女優・グラビアタレント
ジャンル    映画・テレビドラマ・CM
活動期間    2013年~
事務所     エーチームグループ

 

撮影所に囲まれ映画やテレビドラマの撮影が日常的に行われる京都の太秦に生まれて、映像会社を経営するカメラマンの父や母・祖母と芸能の環境で育っていきました。

 

そして、高校3年生の時に小劇場の舞台「銀ちゃんが逝く」で感動して芝居の道の勉強はしていましたが、一度は諦めて書道家を目指して大学に進学します。

 

ところが演劇の思いが諦めきれずに18歳の時に友人の誘いで演劇にのめり込み、大学で演劇をしながら東京にある養成所レッスンを受けていました。

 

2012年には事務所エーチームグループに所属し、2013年からは女優として活動を開始しています。

 

しかし、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」等と様々なテレビドラマ・映画のオーディションに挑戦しては最終審査まで進んで落選する事が続きます。

 

それでもめげずに2014年には初めてグラビアに進出し、同年10月にはチャットモンチー「いたちごっこ」のMVに出演、2015年に「マンゴーと赤い車椅子」で映画デビューしています。

 

更に2015年5月には映画「明烏」でヒロインに抜擢されており、京都での活動を中心でしたが6月からは上京して拠点を移します。

 

それから2016年2月にはNHK連続テレビ小説「あさが来た」にレギュラー出演したことで一気注目を浴びます。

 

「あさが来た」の終了後は、ドラマ「ゆとりですがなにか」で民放連続ドラマに初レギュラー出演して以降は4期連続でレギュラー出演と女優として活躍の場が増えていきます。

 

それだけでなく、結婚情報誌「ゼクシィ」の9代目CMガールに抜擢されたのを皮切りに6社のCMに起用、バラエティ番組への出演が増えて知名度を上げたりとブレイクを果たします。

吉岡里帆「水着嫌だ」「グラビアやりたくない」発言で炎上!

吉岡里帆さんは10月6日に「She is」で公開された対談で、「水着嫌だ」「グラビアやりたくない」発言をして話題となりました。

「私は水着姿なんて絶対出したくなかったし、両親からも、『本当に結婚するような人にしか見せちゃだめ』という教育を受けてきた」

「全国区の、ワンコインで買える週刊誌で披露して、1週間後には廃棄処分されて。」

「写真に写っている子たちは、一世一代の賭けをしているということ。消耗品になることを前提に脱いでいる」

「嫌なんだけど、自分の夢をつかむために、それをやってほしいと求めてくれる人がいる以上、その人たちに応えるのが私の生き方だということに抗えなかった」

それだけでなく、グラビア撮影用の水着について「本当に冗談じゃないくらい痛い」、「人に見てもらうための水着」と表現したりと、グラビア仕事に対する偏見が伺えました。

 

こういった発言から、女優へのステップとして嫌々ながら水着姿を披露し、グラビアを見下しているのではと批判されていました。

スポンサーリンク

吉岡里帆「水着嫌だ」「グラビアやりたくない」はデマ?リスペクトしていた?

「水着嫌だ」「グラビアやりたくない」と話題になった吉岡里帆さんですが、その後、週刊文春にてデマでグラビアをリスペクトしているとのことです。

「グラビアの話、なんかどんどん違う方に話が拡散してて、すごく困ってるんです。」

「全然言いたいことと世間で書かれてることが違っていて。初めは戸惑いもあったけれど、グラビアの仕事ができて、今思うとすごく感謝してて、この仕事をしてる人たちにリスペクトがあるという話をしたのに、「嫌だった」ということばっかりバーッと書かれてしまって。
こうやって知らない間に違う情報が流れてくんだと、ほんとにショックでした。」

 

実際に、この「グラビアリスペクト」発言は2017年の騒動が起きる前の2016年10月16日のイベントでも発言と前々から発言していたようです。

「グラビアされている方へのリスペクトと、いろんなアプローチをして初めて人前で写真を撮られる段階にいけると思っていた」

引用:吉岡里帆、水着グラビアへの“リスペクト” 「簡単にできる仕事じゃない」

このことから、「グラビアリスペクト」発言は単に騒動・炎上の火消しのために言ったものではないようです。

 

また、「水着嫌だ」発言した時も、最後に「今となっては、グラビアは本当にやってよかったです。」と肯定的にまとめいました。

 

ただ、最初の2014年初めて水着グラビアに挑んだ際は、撮影に際して恥ずかしすぎて泣くだけでなく、グラビアを見たご両親もショックで泣いてしまっていました。

 

しかし、マネージャーの説得で、「せっかくやるならグラビアでも最高な作品を残そう」と考えに至り、現在は「“最高のワンカット”を残すために何ができるか模索するというアプローチが、お芝居でもすごく生きている」とのことです。

 

そのため、当初は「水着嫌だ」「グラビアやりたくない」と思っていましたが、現在は芝居に役立っているとグラビアをリスペクトしていたのでした。

 

だからこそ、以下のような素晴らしい水着グラビア姿を見せているのでしょう!

吉岡里帆の水着グラビア①

吉岡里帆の水着グラビア②

吉岡里帆の水着グラビア③

吉岡里帆の水着嫌だグラビアやりたくないは事実!今はリスペクト!

確かに吉岡里帆さんは当初はグラビアで水着をするのは嫌で、両親までも泣くほどでした。

 

しかし、現在はグラビアをリスペクトすると言うほどで、芝居に役立って、やってよかったと発言していました。

 

今後もこの騒動で何かしら言われるかもしれませんが、その時は水着グラビアで見せつけて、黙らせてあげてください!

 

せばな~