朝青龍が漫画でモンゴルの英雄チンギス・ハンの肖像に男性器の落書きをする場面に激怒して話題となっています。

 

その朝青龍激怒の火種となった漫画が、吉野あすみさんの漫画「やりすぎ!!!イタズラくん」とのことです。

 

そんな、「やりすぎ!!!イタズラくん」はどんな内容の漫画で、作者の吉野あすみさんはどんな方なのでしょうか?

 

ということで今回は、朝青龍を激怒させた「やりすぎ!!!イタズラくん」はどんな内容の漫画で、作者の吉野あすみさんはどんな方なのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

吉野あすみとはどんな方?やりすぎイタズラくんの内容は?朝青龍がチンギスハン侮辱に激怒!

小学館の「月刊コロコロコミック」(2018年3月号)に掲載された漫画「やりすぎ!!!イタズラくん」。

 

この漫画のキャラクターがモンゴルの英雄チンギス・ハンの肖像に男性器の落書きをする場面が問題となりました。

 

作中に出た問題は「モンゴル国の皇帝 チ( )・( )ン」の空欄を埋める形式で、主人公は「( )」の部分に左から「ン」「チ」と書き込みました。

吉野あすみ
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

そして、チンギス・ハンの肖像の額の部分には、デフォルメした男性器の落書きをしていたのです。

 

この漫画の内容にドルジこと朝青龍はモンゴルでは民族的な英雄を侮辱した内容に激怒し、何度もツイートしていました。

 

また朝青龍は抗議の意味か、プロフィールの画像をチンギスハンに変更してました

駐日モンゴル大使館に抗議文

この朝青龍を激怒させた「やりすぎ!!!イタズラくん」はツイッターではとどまらず、駐日モンゴル大使館は公使参事官の署名入りで抗議文を掲載しました。

「月刊コロコロコミック(3月号)で、モンゴル国の歴史と文化だけではなく、日本の政府、国民のモンゴルとの友好関係を強化し続けたいという意志までも見下すような内容の、道徳性の欠如したイラストが掲載されました。

これは単なる非道徳的な行為だけではなく、わいせつ物頒布、児童の権利の保護に関する日本の法律にも違反していると考えています。

したがって、このような非礼な行為を非常に残念に思い日本外務省に抗議の意を示すとともに、この件に関して法律の下での適切な対応をしていただけることを期待しています」

そんな正式な抗議文が出ましたが、漫画が掲載された小学館広報室の担当者は「現時点では、対応を協議中です」とのことです。

「やりすぎ!!!イタズラくん」とは?

「やりすぎ!!!イタズラくん」とはタイトル通り様々ないたずらをする漫画で、現在は1、2巻が発売されています。

やりすぎイタズラくん
(画像引用元:https://www.shogakukan.co.jp

内容は、

  • ボーリングの玉に見せかけたビーチボールを人に投げつける
  • 血を吐いたふりをして実はトマトジュース
  • 電球とスマホの音声でかめはめ波
  • 地面に跳び箱の踏み台を埋め相手を飛ばす

等と、イタズラがするようです。

 

またコロコロでは大人気らしく、「イタズラの天才トータルテンボスも絶賛!」と芸人であるトータルテンボスも絶賛しているようです。

 

何度かトータルテンボスはイタズラくんとコラボしてるようで、ユーチューブではコラボ動画があります。

これはトータルテンボスにも飛び火が来るかもしれませんね…

 

また、この作品はもともと保護者からの評判は悪く、原作者・吉野あすみさん自身も「売れたらPTAから苦情が来そう」と話していたようです。

 

しかしPTAよりも恐ろしい、モンゴルと国から苦情しているようです…

スポンサーリンク

吉野あすみ プロフィール

本名      吉野明日美
生年月日    6月3日
現住所     東京都

 

吉野あすみさんは過去に同人作品があるようですが、ちゃんと出した作品は「やりすぎ!!!イタズラくん」は初めてです。

 

そのため、いきなりPTAには怒られていたが、ヒット作を出したようです。

 

しかし、イタズラが度が過ぎ、結果的に朝青龍だけでなく、モンゴルから苦情が来る結果となりました。

 

そんな、吉野あすみさんはツイッターをしていますが、この騒動でアカウントは非公開状態となってしまいました。

やりすぎイタズラくん
(画像引用元:http://livedoor.4.blogimg.jp

吉野あすみと・やりすぎイタズラくんに朝青龍が激怒!トータルテンボスもしのびねぇ!

吉野あすみさんは初の作品「やりすぎイタズラくん」ですが、もともとPTAに苦情が来ていたようです。

 

そして、度が過ぎたギャグの結果、朝青龍を含めたモンゴル激怒と大変な騒動となっています。

 

これは残念ながら謝罪・打ち切りコースでしょうか…

 

そんな「やりすぎイタズラくん」の動向も気になりますが、コラボしていたトータルテンボスに飛び火するかも注目しましょう!