ウマル韓国人こと安田純平さんの拘束について、妻のmyuさんが会見を開きましたが、誰も賛同されずに炎上していました。

 

そんな、拘束の悲劇のウマル韓国人こと安田純平さんの妻myuさんはどんな方で、なぜ誰も賛同され無かったのでしょうか?

 

ということで今回は、安田純平さん妻myu会見について、

  • 安田純平さん妻myu会見に批判で炎上の声?
  • 安田純平さんが自業自得で自己責任の理由?
  • 嫁myuと安田純平のプロフィール!

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

安田純平さん妻myu会見も自業自得?嫁は誰?渡航禁止を強行で自己責任?

安田純平さんの妻myuさんは2018年8月7日に東京都千代田区の日本記者クラブで記者会見して、政府に早期救出に向けた行動を取るよう求めました。

「今、一番のかぎを握っているのは日本政府だ」

「日本中の皆様にご心配とご迷惑をおかけしたことを心からおわび致します」

「家族としては一刻も早く帰ってきて、日本の地を踏んでほしい」

「官房長官が会見でおっしゃったことを信じてきたし、これからも信じて期待したい」

安田純平 嫁 myu
(画像引用元:https://portal.st-img.jp

なんとかウマル韓国人こと安田純平さんを助けてもらいたいと悲痛の声を漏らしたmyuさん。

 

いつもならばこの悲劇に賛同するかと思いきや、ネットではほとんど賛同されず、それどころか自己責任と批判・炎上していました。

安田純平さんが自業自得で妻myuに批判な理由

自己責任と言いながら助けを乞う

実は安田純平さんはツイッターにて「自己責任だから、日本政府は規制を図るな。口を出すな」と痛烈批判していました。

そして、自己責任だと政府の渡航禁止要請を無視して強行し、拘束される危険な地へ渡航したのでした。

 

そんな自己責任と言っておきながら、いざ拘束されれば罵っていた政府に助けを求めるのです。

安田純平 自業自得
(画像引用元:https://upload.wikimedia.org

そのため、あれだけツイッターで啖呵を切っておきながら、全然自己責任を果たしていないぶりに自業自得と言われているのでした。

何度も拘束されて「ピーチ姫」「プロ人質」と言われる始末

安田純平さんは何度も拘束されて全く反省しておらず、「プロ人質」「ピーチ姫」と言われる始末となっています。

 

以下が安田純平さんの拘束歴となっています。

  • 1度目2003年 人間の盾作戦に参加し「イラク軍」に拘束
  • 2度目2003年 開放されるが再度「イラク軍」に拘束
  • 3度目2003年 開放されるが「イラク警察」に拘束
  • 4度目2004年 ファルージャに向かう途中に「武装勢力」に拘束
  • 5度目2015年 シリア解放機構(アル=ヌスラ戦線)に拘束

 

特に安田純平さんのようなジャーナリストはテロリストの資金稼ぎのために格好の獲物であり、そのため拘束されやすく何度も拘束されているのです。

 

そんな何度も拘束されているに、全く反省せずにまた拘束される始末で「何度もクッパ大王に拘束されているピーチ姫か」と言われているほどです。

 

さらに日本政府に億単位の身代金を要求し、何%か報酬を貰っていると「プロ人質」とも言われてしまっているのです。

 

このように何度も捕まっている「プロ人質」「ピーチ姫」と言われていることから自業自得と言われているのです。

スポンサーリンク

安田純平(ウマル) プロフィール

安田純平 ウマル
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

本名      ウマル
生年月日    1974年3月16日
出身校     一橋大学社会学部卒業
職業      フリージャーナリスト
活動期間    2003年1月~

 

一橋大学社会学部卒業後の1997年信濃毎日新聞入社して松本本社配属となります。

 

2002年3月には休暇をとりアフガニスタン取材、同年4月には文化部に異動、同年12月に休暇をとりイラク取材と個人で活動。

 

2003年に信濃毎日新聞社を退社してフリーとなり、ナジャフ県、バグダード、サマーワなどを取材しています。

 

また、イラク戦争中の取材で度々拘束されては解放されて会見も行っていました。

 

2005年1月にはスマトラ島沖地震で被災したアチェ州を取材し、ヨルダン、シリア、イラクと内戦紛争地帯を取材していました。

 

2012年にはシリア内戦を取材していました。

安田純平さん嫁myu プロフィール

安田純平 嫁 myu
(画像引用元:https://newsmatomedia.com

1998年のORC200第3回ヴォーカルクイーンコンテストで優勝する歌唱力を持ち、2000年の17歳の時に上京します。

 

2001年に12月5日の、尾崎亜美25周年記念ライブで杏里の代理として登場し、「Forgive Yourself」を熱唱しています。

 

それから2002年に芸名を「mju:」から「myu:」に変更す、同年9月25日に尾崎亜美プロデュース1stシングル「The World is all Changing」でデビューし、同年に1stアルバム「as you are」もリリースしています。

 

ところが2004年にBMGファンハウスと契約終了して、2006年3月 他アーティストのレコーディングに作詞、ディレクションとして参加しています。

 

その後、2009年にウマルこと安田純平さんと出会い結婚を果たしています。

 

結婚後も、2011年1月に松村由美で第一興商主催[全日本カラオケグランプリ]で準グランプリ受賞と歌唱力は変わらず歌手として活動をし続けているのでした。

安田純平さん妻myu会見も自業自得?嫁の声も渡航禁止を強行で自己責任?

安田純平さん妻myuさんが涙ながらの会見をしましたが、同情の声は少なく、やはり自己責任と政府の話も聞かなかった人には自業自得と言われても仕方がないですね。

 

もちろん安田純平さんには助かってもらいたいですが、もし助かったなら今度こそは政府の話を聞き、もし話を聞かないのであれば助けを
求めないでくださいね、

 

せばな~

安田純平の身代金カタールが払う理由?渡部陽一とウマルの差が歴然!