2018年4月10日放送の「踊るさんま御殿」に出演した、薬丸裕英さんの娘・薬丸玲美さんですが性格ブスで親の七光り満点と批判されています。

 

そんな、薬丸玲美さんはどれくらい親の七光り満載でどれくらい嫌われてしまったのでしょうか?

 

ということで今回は、薬丸玲美さんが親の七光りで嫌われた経緯を紹介します。


スポンサーリンク

薬丸玲美 プロフィール

薬丸玲美 親の七光り
(画像引用元:https://news.biglobe.ne.jp

生年月日    1996年4月17日
血液型     O型
身長      158cm
事務所     オールラウンド

 

薬丸玲美さんは高校1年生の夏頃にアメリカ・ロサンゼルスに留学経験があり、2015年6月7日にはハワイの高校を卒業したりと海外で学生活を過ごしていたようです。

 

そんな薬丸玲美さんは2013年9月に芸能界デビューをしており、BS放送TwellV「Hawaii × Hawaii」とシンガポールのケーブルテレビ局Star Hubの新番組「Welcome Nippon」で国外同時デビューしています。

 

また2017年7月25日放送の「オー!!マイ神様!!」地上波デビュー、2017年10月17日の「昼めし旅」には出演しています。

 

2018年4月10日にはバラエティ番組「踊るさんま御殿」でゴールデン番組に初出演したりと、二世タレントして活動しています。

薬丸玲美が親の七光りで嫌い?性格ブスで可愛くない?

親の七光りで嫌われる?

2018年4月10日にバラエティ番組「踊るさんま御殿」でゴールデン番組に初出演した薬丸玲美さんですが、親の七光りで性格ブスと嫌われてしまったようです。

 

番組冒頭ではMCの明石家さんまさんから紹介されたシーンでは、薬丸玲美さんは挨拶もそこそこに「そんなことより、さんまさんに話したいことあって」「すごい親近感あって」と話し始めた。

 

これを受け、明石家さんまさんはトークを膨らまそうとしたのだが、薬丸礼美さんは「いや、そういうことじゃなくて」とタメ語で話を中断し、「歯の形や笑い方が似ている」という類似点をあげたのでした。

 

さらに芸能界で大先輩の明石家さんまさんにタメ口をするだけでなく、「自分はあんまりパパに怒られたことない」親の七光り発言をしていきます。

 

これには「やっぱり怒られないで甘やかされたんだ」と視聴者納得の親の七光りを見せたのでした。

 

そんな薬丸玲美さんの親の七光りぶりで、性格ブスな様子に批判されていました。

 

それだけでなく、性格ブスどころか、見た目もブサイクとも言われてしまったのです…

スポンサーリンク

薬丸玲美はブサイク?

薬丸玲美さんは一般人から見たら、ブサイクではないと思います。

 

しかし、美人が腐るほどいる芸能界からすれば、薬丸玲美さんは特段美人というわけではなく、ブサイクの部類に入ってしまうのかもしれません。

 

実際に「踊るさんま御殿」で共演者したモデルの池田美優さん、石川千裕さんと比べると…

薬丸玲美 親の七光り
(画像引用元:https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com

特にテレビにも多数出演して活躍している池田美優さんと比べるとスタイルも含めてねぇ…しょうがない…

 

そんなハイレベルな中から考えるとブサイクの部類に入ってしまいますが、一般人から見たらブサイクではないと思います。

薬丸玲美が親の七光りでタメ口で嫌い?性格ブスで可愛くない!

薬丸玲美さんですがいきなり明石家さんまさんにタメ口で親の七光り発言で嫌われてしまったようです。

 

しかし、お馬鹿な親の七光りは現在は坂口杏里さんや紅蘭さんも消え去り、空いているので良いのかもしれませんね!

 

また、モデルと比べてしまうとブサイクかもしれませんが、一般人から見たらブサイクではないと思います。

 

今後は“薬丸裕英の娘”という親の七光りを駆使してどう活躍していくか注目です!

ヨシコヨシコ

ちょうどお馬鹿親の七光りタレントがいないから良いかも!(絶賛)
後は炎上で知名度を高めましょう!
せばな~