サッカー湘南VS浦和で湘南の明らかなゴールがノーゴールと誤審をした山本雄大主審が話題になっています。

 

そんな、世紀の誤審をした山本雄大主審はどんな方なのでしょうか?

 

ということで今回は、誤審をした山本雄大主審はどんな方で、誤審歴を調査したいと思います。


スポンサーリンク

山本雄大が湘南VS浦和の誤審犯人! 過去にも誤審していた?

湘南VS浦和の誤審犯人は山本雄大主審?

サッカー湘南VS浦和で湘南の明らかなゴールがノーゴールと山本雄大主審が判断して炎上しました。

 

 

上記の動画を見ればサッカーを知らない人でも分かる通り、明らかにゴールの枠に入っています。

 

ところが、レフリー4人もいるのに見ておらず、最終的に山本雄大主審はゴールを認めずにプレー続行を指示したのです。

 

流石にこの明らかなゴールをノーゴールとしたことに関しては酷すぎると、ほかのプロサッカー選手たちからも批判が募りました。

スポンサーリンク

山本雄大 プロフィール

湘南 浦和 誤審
(画像引用元:https://f.image.geki.jp

生年月日    1983年3月4日
出身地     京都府相楽郡木津町

 

山本雄大主審は京都府立城陽高等学校時代には国体に出場し、高校卒業後は自衛隊に入隊して働いていたようです。

 

自衛隊脱隊後の2007年にJFAレフェリーカレッジへ4期生として入学し、実力が認められ1年目での受験で合格とエリートだったようです。

 

そして、2009年よりJ2主審として登録され、2010年J1主審に昇格、当時はJ1で主審を務める者の中では最年少であり、審判エリートだったようです。

 

2011年1月より国際サッカー連盟 (FIFA) の国際主審として登録されており、2014年1月13日に国立競技場で行われた第92回全国高等学校サッカー選手権大会決勝では主審を務めています。

 

2015年よりプロフェッショナルレフェリー登録しており、国際主審として世界に羽ばたいているようです。

スポンサーリンク

山本雄大は過去にも誤審?色々物議を醸すジャッジしていた?

実は山本雄大主審は過去にも誤審をしており、色々物議を醸すジャッジをしていたようです。

 

例えば2017年のサガン鳥栖VS川崎フロンターレでは、エウシーニョ選手が吉田豊選手を倒してファウルしてPKとなったが、明らかに外で飛び始めて誤審でした。

 

また、山口VS金沢では岸田選手が腕で不正だとして、決定的な得点機会の阻止により退場を命じたのは誤審と言われましたが、これはナイスジャッジで正しかったです。

 

このように、山本雄大主審は誤審もあるがナイスジャッジもあり、色々物議を醸すジャッジをしていたようです。

山本雄大が湘南VS浦和の誤審犯人! 過去のミスジャッジ歴や物議を醸す判断多し?

湘南VS浦和の世紀の誤審ですが、知っている人はあの山本雄大主審を思ったのしょうか…

 

そして、山本雄大主審は過去にも誤審をしていますが、逆にナイスジャッジもしていたようです。

 

しかし、今回のノーゴールは明らかに誤審ですので、やはりVARを入れたほうが審判のミスも無くなって良いと思います。

 

せばな~

廣瀬智紀のガチ恋営業とは?チェキ会前に川栄李奈が妊娠結婚で炎上理由!