2017年7月1日放送の「有吉反省会」に出演する山本リンダさんですが、現在が顔面崩壊していて怖いと話題になっているようです…

 

現在もかっこいい女性として活躍している山本リンダさんですが、本当に昔と現在の「顔面崩壊」と言われるほど顔が変わったのでしょうか?

 

ということで今回は、山本リンダさんがそんなに顔が変わってしまったか調査したいと思います。


スポンサーリンク

山本リンダ プロフィール

山本リンダ 顔面崩壊
(画像引用元:http://www.buzzbuzz.link

出生名     山本 あつ子
生年月日    1951年3月4日
出身地     福岡県小倉市(現:北九州市)
ジャンル    歌謡曲、アイドル歌謡曲
職業      歌手
活動期間    1966年~
事務所     リンダ・ミュージック・オフィス

 

母親を楽にさせたいと思ってモデルを目指し、1962年に雑誌「装苑」のモデルオーディションを受けて合格し、人気モデルとして活躍していきました。

 

1966年の高校在学中の15歳の時に、シングル「こまっちゃうナ」で歌手デビューし、この曲が大ヒットして1967年の「紅白歌合戦」に初出場して一躍有名になります。

 

それからヒット作に恵まれず低迷しますが、1971年に「仮面ライダー」に出演したことで幅広い年齢層に知られて知名度を上げていきました。

 

1972年にリリースした「どうにもとまらない」では、セクシーな大人の歌手にイメージチェンジし、「日本レコード大賞作曲賞」「日本歌謡大賞放送音楽賞」等と受賞し、歴史に残る大ヒット曲となります。

 

さらに1973年には「狙いうち」が大ヒットし、「ゴールデン・アロー賞グラフ賞」「キャニオンレコードヒット賞」等と受賞していました。

 

またセクシーな激しい歌と踊りで人気を獲得しており、後のピンク・レディーに先駆けて「アクション歌謡」を全国に知らしめた人物となりました。

 

その後も歌手として活躍しますが、1976年頃から「夜のヒットスタジオ」等に出演したりとタレント活動も増えていきました。

 

1980年代からは米米CLUBが山本の楽曲をカバーしたことで、山本リンダさんがリバイバルブームとなり、再びブレイクします。

 

2000、2010年代も名曲である「どうにもとまらない」が2005年にアサヒ飲料の缶コーヒーのCMに起用されたり、2010年には9mm Parabellum Bulletいカバーされたりと注目されています。

 

このように、「どうにもとまらない」を始め長年使われるロングランヒット曲で度々注目を浴びているようです。

山本リンダが顔面崩壊で怖いのか画像比較!現在はボコボコ劣化と変化?

「どうにもとまらない」を始め、セクシーな激しい歌と踊りでかっこいい女性として現在も活躍し続ける山本リンダさん。

 

ところが、2017年2月放送の「アウトデラックス」に出演した際に、昔と顔が変わったと言われているようです。

山本リンダ 顔面崩壊
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp,https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp

確かに昔は目がパッチリだったのに、現在は見開いても目が半分しか開いておらず、顔がボコボコしているように見えます。

顔面崩壊した理由は?

これはプチ整形のヒアルロン酸注射をしたものだと言われているようです。

山本リンダ 現在
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

美容のためにやっているが、このヒアルロン酸注射を打ちすぎて顔がボコボコになったり、目が開きづらい状態になってしまわれたのではないかと推測されているようです。

 

老いという劣化というのは否めませんが、そのままでも山本リンダさんは綺麗でかっこいいですので、あまり無理やり美を求めなくて良いと思うのは自分だけでしょうか?

スポンサーリンク

山本リンダが顔面崩壊画像が怖い?現在もかっこいい!

ヒアルロン酸注射を打ちすぎて顔面崩壊していると言われてしまった山本リンダさん。

 

しかし、「どうにもとまらない」で踊って歌っていたときのように、現在もかっこよく、その年齢によって綺麗さがあると思います!

 

今後もいろいろ言われるかと思いますが、いつまでもそのかっこいい山本リンダさんで活躍して下さい!

 

せばな~