告発で様々な悪事がバレてしまった山根明会長ですが、今度は女性職員にパワハラをしていた音声データが公開されていました。

 

そんな、女性職員だったりとどんなパワハラを山根明会長はしてきたのでしょうか?

 

ということで今回は、山根明会長のパワハラについて、

  • 山根明会長の脅迫まがいのパワハラまとめ!
  • ヤクザまがいの恐喝はヤクザ・暴力団だから?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

山根明会長 プロフィール

山根明会長 助成金
(画像引用元:https://www.sankei.com

生年月日    1939年10月12日
出身地     大阪府堺市

 

山根明会長は19年もの長きにわたりアマチュアボクシング日本代表監督を務め、0年代から世界のボクシング連盟の常務理事という形で10年近く活躍されていました。

 

1994年から2002年までの8年間では、AIBA(国際ボクシング連盟)常務理事、2000年のシドニーオリンピックではボクシングチームの監督を経験しています。

 

その後、日本アマチュアボクシング連盟副会長に就任し、2011年には「選手が主役」をモットーに日本ボクシング連盟の会長に就任しています。

山根明会長のパワハラまとめ!暴力団・ヤクザまがいの脅迫でヤバイ!

山根明会長の脅迫パワハラ

女性職員に執拗なパワハラ

山根明会長は2013年頃から本ボクシング連盟で事務員として勤務している女性に、3年間毎日執拗なパワハラしていたのです。

「どうでもええ人間は、アゴで使ってスッとあれするだけや。わかる? そこは頭入れとき! アカンかったらクビにしたらええことや! コラ! 座っとれそこ! 座れ! このガキ! お前がいちいち弁解せんでもええ! かばうようなアゴ出しやがったら、アゴつぶしてまうで! こらボケェ!

上記のような脅迫まがいなコメントを山根明会長はしており、そのため被害者女性はあまりにも恐ろしくて身の危険を感じて生活していたのです。

 

そして、被害者女性はこのままだと命が危ないと感じ、パワハラを受けている際の音声を録音していざとなったら証拠に出来ると自分の身を守っていたのです。

 

そんな、録音していた音声は山根明終身会長から受けたという5時間にも及ぶ説教の様子で、内容は元職員が定時で帰宅をしたことに山根会長が腹を立てたというものでした。

 

女性職員は定時で帰宅をすると山根明会長と言い合いになり、徐々に山根明会長は俺様で理不尽で脅迫まがいな発言をしたのです。

「俺、あんたと定時5時半いう話はしていないで、それ」

「いや俺は聞いてません。俺はあんたに何をキツいこと言ってるの?」

 

そして、被害者女性は「夜の診察の時間をたまたま先生が・・・」と説明しようとした所、

「夜はとか関係ない話や。『私は5時半が定時や』となってくると色んな面を変えんならんことが出てくんねん。分かる?条件も全部変えてまうど、そうなると。俺は最高のことをしてやってる

山根明会長 パワハラ
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

と、なぜか「山根明会長自身が考えた条件が最高」と、いつもの自分最高理論で、話になっていなかったのでした。

 

実はこの定時で帰宅した理由は、山根明会長から受けた日々のパワハラでストレスを溜め、体調を崩したことによる通院してたのです。

 

このように被害者はストレスで病院に行くほどのパワハラをほぼ毎日3年間受けて生き地獄だったのです。

選手にもパワハラ

成松大介選手への助成金にも、山根明会長は選手にパワハラをしていました。

 

2015年には翌年のリオオリンピックに出場する成松大介選手への助成金240万円を山根会長の指示で他の2選手にも80万円ずつ配分したことが発覚。

山根明会長 助成金
(画像引用元:https://www.fnn.jp

 

これが不正流用として疑われており、成松選手は告発状に、

「分けるのはおかしいと思いましたが、山根会長は『自衛隊は勝たせないぞ』や『代表から外すぞ』などとコーチに言っているとの話を聞いたことがあるので、選手生命の恐怖から断ることができませんでした

と、圧力(パワハラ)をかけて配分させられていたのでした。

審判に脅迫まがいなパワハラで奈良判定させる

告発状では審判への不当な圧力の疑いを挙げており、指示に従わない審判は、その後の試合を担当させない等とパワハラをしていたとのことです。

 

そして、奈良県など関西出身の選手に有利になることから「奈良判定」と言われるほどでした。

 

以下の動画も奈良判定と言われているもので、赤が奈良、青が岩手の選手ですが判定がおかしいといわれています。

 

他にも県連の審判員だった男性は奈良県代表の選手が出場した試合を裁いたが、試合が始まると明らかにその選手は多くのパンチを受けていたので体調も考慮してレフェリーストップをかけた所、

「おまえのレフェリングがおかしい」

「なぜ途中で試合をやめたのか」

「われ、コラ。アホ、ボケ、カス」

と、脅していたのです。

 

それだけでなく、中には次の日にいなくなっていたり、次の大会から呼ばれないなどの制裁を受けた審判もいるのです。

 

実際に以下がその“奈良判定”に関する証拠となる音声が公開されています。

俺はアレやで、審判のミーティングん時にな?最近は言わないけど。な?
奈良の選手を勝たせぇとか言わない。接戦した場合は誰にやるの?って言うわけ。
人間関係やろ? 俺ははっきりミーティングで言ってやってるよ。最近は言わない。人間関係。
だけどその、接戦しとんのに奈良の選手とな?他の他府県と接戦しとるのに左やってみい、「お前ら俺に逆らっとるんか?」てことになってくるんよ。

真実を俺言ってやってんやでお前?違うか?
俺が法人の会長になってやな、はっきり犠牲はもう一杯ある。改革も一杯しとんねん。

接戦した場合、やっぱり奈良やな。
それ反対につけた場合は、”お前なめてるんか?”てなってくるわけ

音声だけだと分かりづらいの文字起こししましたが、はっきりと「接戦した場合、やっぱり奈良やな」と言っており、完全に奈良判定があったことを証拠付けたのでした。

 

このように山根明会長は多くの審判が会長の意にそぐわないジャッジをすると『怒られるのではないか』『明日のミーティング材料になるのでは』とほぼ恐喝されて奈良判定をしていたのです、

ヤクザまがいのパワハラは山根明会長が暴力団だから?

山根明会長はヤクザまがいの脅迫パワハラをしていましたが、実際に暴力団と関わりがありました。

 

事の発端は山根明会長は山口組と親密とされている日大の田中理事長と仲良しとのことから、山口組とも関係があると噂されました。

 

山根明会長 山口組
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

 

田中理事長は山口組との関係を2015年4月に海外メディアで報じられたことで話題なっています

山根明会長 田中理事長
(画像引用元:http://blog-imgs-83.fc2.com

 

そのため、山口組と親密な田中理事長と山根明会長は仲良しなら、山口組とも何らかのつながりがあると噂されたのです。

日大の田中理事長と山口組の関係とは?

日大の田中理事長は山口組との関係は2015年4月に海外メディアで報じられたことで話題になりました。

 

左に座っているのが日本大学の田中英寿理事長、右のノーネクタイのスーツ姿が山口組6代目の司忍組長であり、明らかに親密そうな関係です。

 

実は日本のメディアもこの写真を抑えていたが、両者への確認が難しいのと、報道者が襲撃されて脅されたこともあり、マスコミは公表を控えていました。

 

ところが、有力海外誌が掲載し、しかも田中理事長は日本オリンピック委員会理事と副会長を歴任したこともあり、

「反社会的勢力トップと日大理事長との親密な関係が、オリンピックにおけるヤクザの暗躍につながることを懸念している」

と指摘したのでした。

山根明会長は日本大学桜門ボクシング会常任顧問

実は山根明会長は日本大学桜門ボクシング会常任顧問ということが判明しました。

山根明会長 田中理事長
(画像引用元:https://blog-imgs-59-origin.fc2.com

上記の画像は日本連盟第2回理事会の様子で、奥にいるのが山根明会長のように見えます。

 

ちなみに山根明会長の息子である山根昌守さんも日本大学桜門ボクシング会常任顧問となっており、親子揃って日大と仲良しだったようです。

山根明会長と山口組系暴力団組長と交友関係

実は山根明会長と山口組系暴力団組長だった大阪市の男性と半世紀以上にわたりの交友関係だったことが判明しました。

山根明会長 山口組
(画像引用元:https://cdn.mainichi.jp

これは山口組系暴力団組長だった大阪市の男性の証言で判明し、1991年に山根明会長がボクシング連盟理事に就任して以降の時期も山口組と交友関係になっていたのでした。

 

現在は、山口組系暴力団組長だった大阪市の男性は2007年に組長を引退してたことで権力も無くなり、数年前からは山根明会長との交友関係も絶たれたとのことです。

 

しかし、山根明会長が連盟理事のときには山口組系暴力団組長と交友関係があったことから、やはり山口組との関係があることが明るみに出てしまいました。

スポンサーリンク

山根明会長が森田組に脅された?自ら暴力団との関係を暴露!

山根明会長は2018年8月3日放送の「スッキリ」に出演して、元暴力団の組長に脅されていることを暴露しました。

なんでも、元暴力団森田組の組長に「3日以内に引退しないと山根の過去をバラす」と知人を介して脅されたとのことです。

 

だから、脅されないことに屈したくないと「スッキリ」に出演していたのです。

 

しかし、「山根の過去をバラす」ということは、元暴力団森田組の組長は山根明会長の過去をよく知っていて親密だったことが判明してしまったのでした。

 

そのため、山口組系列の森田組という暴力団と少なくとも過去に関係を持っていたことが判明したのでした。

森田組とは?

森田組は大阪府大阪市に本部を置いていた暴力団で2007年に解散しています。

 

森田組は1984年に山口組若頭・竹中正久さんから盃をもらい、森田組は山口組に直接仕えることとなりました。

 

つまり、上記の山口組系暴力団組長と交友関係とは、山口組に直接仕えている森田組のことを指しているのかと思われます。

山根明会長は山口組系暴力団・森田組元組長の弟分?

2018年8月3日に山根会長の過去を知る山口組系暴力団(おそらく森田組)の元組長に「報道プライムサンデー」は取材をしたところ、山根明会長とは弟みたいな関係だったことが判明しました。

「あれが78歳か。わしも今年で81歳。わしの心の中で弟みたいな関係」

「彼とオレとは20代のころやから、かれこれ50年になるわけや」

(山根明会長は)元はヤクザや。17~19歳とわしの下で6、7年間、ヤクザして

 

元組長にとって山根明会長は弟分で、正式な構成員ではないですが、山根明会長はヤクザだったと明かしたのです。

 

ただ、山根明会長に聞いた所、「弟みたいな関係」ではあるが「盃も交わしてないのでヤクザではない」とヤクザは否定しました。

 

しかし、元組長いわく山根明会長が連盟のトップに上り詰めたのは組長の影響力があったと話したのでした。

森田組組長が脅迫した経緯は?

森田組元組長は山根明会長が天狗になり、そこから元組長に失礼なことがあって絶縁と、ボクシング連盟会長を辞めろと言ったようです。

「3年前までは1週間にいっぺんかここに来るわけよ。飯食って世間話して連盟の話を聞いたり」

「山根と絶縁して3年になる。天狗になってもうてな。ある日、突然、わしに失礼なことがあったんや」

「このままでいくとみっともないし、オレ個人としても辞めてスッキリしてもらわないと。そしたら脅迫されたと」

 

実際に山根明会長も元組長ともめたことを証言しており、この時に元組長が脅迫まがいに辞めろと言われたとのことです。

 

そして、このイザコザで脅迫され、脅されないことに屈したくないと「スッキリ」に出演していたのでした。

山根明会長のパワハラ!暴力団・ヤクザまがいの脅迫でブラック企業!

山根明会長はまたしても俺様ルールで女性職員に謎ルールでパワハラをしていました。

 

しかもこれも音声データがあるので、パワハラはほぼ確定となっております。

 

果たしたいったいどれだけ山根明会長はパワハラをしているのか、本当に被害を受け方々はご愁傷様です…

 

せばな~