ボクシング連盟不祥事にとどまらず、様々なことを問題ないと過去の経歴を暴露し続けてヤバイことになっている山根明会長。

 

そんな、山根明会長の黒い経歴はどうなっているのでしょうか?

 

ということで今回は、山根明会長の黒い経歴について、

  • 山根明会長は在日韓国人で密航していた!
  • 山根明会長は暴力団との関係は?
  • 山根明会長は賭博していた!
  • 山根明会長は脅迫していた!

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

山根明会長 プロフィール

山根明会長 助成金
(画像引用元:https://www.sankei.com

生年月日    1939年10月12日
出身地     大阪府堺市

 

山根明会長は19年もの長きにわたりアマチュアボクシング日本代表監督を務め、0年代から世界のボクシング連盟の常務理事という形で10年近く活躍されていました。

 

1994年から2002年までの8年間では、AIBA(国際ボクシング連盟)常務理事、2000年のシドニーオリンピックではボクシングチームの監督を経験しています。

 

その後、日本アマチュアボクシング連盟副会長に就任し、2011年には「選手が主役」をモットーに日本ボクシング連盟の会長に就任しています。

山根明会長の黒い経歴!在日韓国人密航に暴力団、賭博に脅迫とアウト?

山根明会長は在日韓国人で密航者で帰化?

山根明会長が在日韓国人と判明したのは、まさかの韓国紙が報道したことからでした。

日本のボクシング界を導くのは、元在日僑胞である山根明会長(79歳)である

1990年代に日本ボクシング連盟の賞罰委員長を引き受けるなど、日本のボクシング界に大きな影響力を発揮してきた山根会長は、釜山(プサン)に兄弟がいる。

世界チャンピオンを育成するエリートボクシングと生活体育の底辺拡大に貢献して、日本のボクシングを1ランク引き上げたという評価を受けている。最近では、オリンピックやユースオリンピックで、日本の男女選手が表彰台に上がる姿をしばしば見る事ができる。 特に2011年から男女国家代表チームを導き、韓国で合宿して韓・日ボクシングパートナーの道を取り持ってきた。

家庭の事情が良くない韓国のボクサーが小銭を集めて日本に合宿に来れば、食事と寝床を与えるなど、我が子のように扱った。

山根明 韓国人

引用:https://sports.news.naver.com

情報によると、山根会長は元在日僑胞(韓国人・朝鮮人)で釜山に兄弟がいる韓国人でした、

 

それから帰化して日本ボクシング界で尽力しますが、韓国の方々を優遇していたようです。

 

また、山根明会長の韓国での本名は「文甲明」とも発覚しています。

山根明会長は韓国から密航で在日朝鮮人を認める?

2018年8月6日に夕刊フジの取材にて山根明会長は「釜山に兄弟がいる」ことを認め、韓国から密航で在日を認める節の応えをしていました。

--どんなことを脅されたのか

「『山根は俺の舎弟や』ということで、過去をばらすと。山根は幼少期の時に韓国から密航してきたとか、そういうことを世間にばらすということがあったんです。」

--韓国メディアでは「釜山に兄弟がいる」と報じられている

「ああ、おりますよ。だけど僕は今は日本人ですからね。」

引用:山根明会長、夕刊フジ取材に“マル暴”交際認めた「元組長との付き合いは58年」 韓国、家族、村田問題を赤裸々に語る

山根明会長は「今は日本人」と語っており、思いっきり帰化した在日韓国人ということを認めました

 

さらに「幼少期の時に韓国から密航をばらす」という脅迫を受けたとは言ったが、「密航」について否定していないので、韓国から密航してきた疑惑まで出てきてしまったのでした。

韓国から密航者でいつごろ上陸?

山根明会長は1980年(昭和55年)4月23日付に帰化したことになっています。

 

戦後日本政府の調査では1948年の朝鮮戦争時に最小でも10万人以上、警視庁は最大25万人の韓国人が不法入国・密航した可能性があると記されています。

 

そして、日本政府は1948年に韓国が建国された事で、日本国内の韓国人全員を送り返す方針を決めました。

 

ところがに1945~1948年までに150万人の韓国人が帰国したが、国内にはまだ100万人ほどの韓国人が残っていたと考えられています。

 

その後も、1950年に朝鮮戦争が始まると、帰国どころか戦火を逃れて韓国人が日本に密航していったようです。

 

山根明会長は1939年生まれであり、もしかしたら物心がつくいた頃に、韓国人の不法侵入が多かった1948年あたりに密航し、1980年頃に帰化したのかもしれませんね。

山根明会長の密航・不法入国の経歴が判明!

週刊新潮によると、日本に生まれて戦後事情があって韓国人の母親の故郷である韓国釜山に山根明会長は6歳の時に渡りました

 

その後、父親が恋しいと10歳の時に不法入国したが強制送還されました。

 

ただ、その後再度不法入国しており、この時は父親の人脈で国会議員の保証人になってもらい、強制送還されずに日本に定住して帰化したそうです。

山根明会長は暴力団と仲良し?山口組と森田組の関係は?

山根明会長は山口組と親密とされている日大の田中理事長と仲良しとのことから、山口組とも関係があると噂されました。

山根明会長 山口組
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

 

田中理事長は山口組との関係を2015年4月に海外メディアで報じられたことで話題なっています

山根明会長 田中理事長
(画像引用元:http://blog-imgs-83.fc2.com

 

そのため、山口組と親密な田中理事長と山根明会長は仲良しなら、山口組とも何らかのつながりがあると噂されたのです。

日大の田中理事長と山口組の関係とは?

日大の田中理事長は山口組との関係は2015年4月に海外メディアで報じられたことで話題になりました。

 

左に座っているのが日本大学の田中英寿理事長、右のノーネクタイのスーツ姿が山口組6代目の司忍組長であり、明らかに親密そうな関係です。

 

実は日本のメディアもこの写真を抑えていたが、両者への確認が難しいのと、報道者が襲撃されて脅されたこともあり、マスコミは公表を控えていました。

 

ところが、有力海外誌が掲載し、しかも田中理事長は日本オリンピック委員会理事と副会長を歴任したこともあり、

「反社会的勢力トップと日大理事長との親密な関係が、オリンピックにおけるヤクザの暗躍につながることを懸念している」

と指摘したのでした。

山根明会長は日本大学桜門ボクシング会常任顧問

実は山根明会長は日本大学桜門ボクシング会常任顧問ということが判明しました。

山根明会長 田中理事長
(画像引用元:https://blog-imgs-59-origin.fc2.com

上記の画像は日本連盟第2回理事会の様子で、奥にいるのが山根明会長のように見えます。

 

ちなみに山根明会長の息子である山根昌守さんも日本大学桜門ボクシング会常任顧問となっており、親子揃って日大と仲良しだったようです。

山根明会長と山口組系暴力団組長と交友関係

実は山根明会長と山口組系暴力団組長だった大阪市の男性と半世紀以上にわたりの交友関係だったことが判明しました。

山根明会長 山口組
(画像引用元:https://cdn.mainichi.jp

これは山口組系暴力団組長だった大阪市の男性の証言で判明し、1991年に山根明会長がボクシング連盟理事に就任して以降の時期も山口組と交友関係になっていたのでした。

 

現在は、山口組系暴力団組長だった大阪市の男性は2007年に組長を引退してたことで権力も無くなり、数年前からは山根明会長との交友関係も絶たれたとのことです。

 

しかし、山根明会長が連盟理事のときには山口組系暴力団組長と交友関係があったことから、やはり山口組との関係があることが明るみに出てしまいました。

山根明会長が森田組に脅された?自ら暴力団との関係を暴露!

山根明会長は2018年8月3日放送の「スッキリ」に出演して、元暴力団の組長に脅されていることを暴露しました。

なんでも、元暴力団森田組の組長に「3日以内に引退しないと山根の過去をバラす」と知人を介して脅されたとのことです。

 

だから、脅されないことに屈したくないと「スッキリ」に出演していたのです。

 

しかし、「山根の過去をバラす」ということは、元暴力団森田組の組長は山根明会長の過去をよく知っていて親密だったことが判明してしまったのでした。

 

そのため、山口組系列の森田組という暴力団と少なくとも過去に関係を持っていたことが判明したのでした。

森田組とは?

森田組は大阪府大阪市に本部を置いていた暴力団で2007年に解散しています。

 

森田組は1984年に山口組若頭・竹中正久さんから盃をもらい、森田組は山口組に直接仕えることとなりました。

 

つまり、上記の山口組系暴力団組長と交友関係とは、山口組に直接仕えている森田組のことを指しているのかと思われます。

山根明会長は山口組系暴力団・森田組元組長の弟分?

2018年8月3日に山根会長の過去を知る山口組系暴力団(おそらく森田組)の元組長に「報道プライムサンデー」は取材をしたところ、山根明会長とは弟みたいな関係だったことが判明しました。

「あれが78歳か。わしも今年で81歳。わしの心の中で弟みたいな関係」

「彼とオレとは20代のころやから、かれこれ50年になるわけや」

(山根明会長は)元はヤクザや。17~19歳とわしの下で6、7年間、ヤクザして

 

元組長にとって山根明会長は弟分で、正式な構成員ではないですが、山根明会長はヤクザだったと明かしたのです。

 

ただ、山根明会長に聞いた所、「弟みたいな関係」ではあるが「盃も交わしてないのでヤクザではない」とヤクザは否定しました。

 

しかし、元組長いわく山根明会長が連盟のトップに上り詰めたのは組長の影響力があったと話したのでした。

スポンサーリンク

森田組組長が脅迫した経緯は?

森田組元組長は山根明会長が天狗になり、そこから元組長に失礼なことがあって絶縁と、ボクシング連盟会長を辞めろと言ったようです。

「3年前までは1週間にいっぺんかここに来るわけよ。飯食って世間話して連盟の話を聞いたり」

「山根と絶縁して3年になる。天狗になってもうてな。ある日、突然、わしに失礼なことがあったんや」

「このままでいくとみっともないし、オレ個人としても辞めてスッキリしてもらわないと。そしたら脅迫されたと」

 

実際に山根明会長も元組長ともめたことを証言しており、この時に元組長が脅迫まがいに辞めろと言われたとのことです。

 

そして、このイザコザで脅迫され、脅されないことに屈したくないと「スッキリ」に出演していたのでした。

“殺しの軍団”柳川組ともお世話に?

実は山口組の森田組だけでなく、“殺しの軍団”柳川組ともお世話になっているのです。

 

山根明会長が20歳の頃、大阪の天王寺区の小橋いうところの公園で大人2人を相手にケンカしてる時に、たまたま“殺しの軍団”柳川組の組長・柳川さんに出会ったそうです。

 

そして、柳川さんは「こらぁーっ、お前らなんや、大人が子供相手に2対1でケンカするんか」と助けてもらったことをきっかけに知り合いました。

 

その後、ボクシング連盟の奈良の組織作りに関わるようになった時、柳川組の関係者が入り込んでいることが判明。

 

そのため、柳川組長にお願いして入り込んでいる柳川組の関係者を辞めさせたりと、山根明会長のボクシング連盟の奈良の組織作りに柳川組長は関わっていたのでした。

山根明会長が賭博をしていた!

山根明会長は賭けマージャン疑惑について否定したが、賭博をしていることを認めました

「僕に賭けマージャンをしてるって、あれは賭博ですよ。賭博をしてるんですよ。
僕は口を開いたら芸能関係をいっぱい話出ますよ。なぜなら口を開いたら芸能人がけっこう話出る。
僕もその場で遊んでますから、呼ばれていったら、こういう席は来るもんじゃないなと思ってやめました」

現在は賭博場に行っただけで問題となっているのに、普通に賭博してそこに行ったことを認めていました。

 

それどころか、芸能人も賭博していたと暴露をほのめかせて強気な姿勢は相も変わらずでした。

山根明会長は脅迫していた!

審判を脅して八百長判定強要

山根明会長は審判に“八百長判定”を事実上強要していたようです。

 

そして、奈良県など関西出身の選手に有利になることから「奈良判定」と言われるほどでした。

 

県連の審判員だった男性は奈良県代表の選手が出場した試合を裁いたが、試合が始まると明らかにその選手は多くのパンチを受けていたので体調も考慮してレフェリーストップをかけた所、

「おまえのレフェリングがおかしい」

「なぜ途中で試合をやめたのか」

「われ、コラ。アホ、ボケ、カス」

と、脅していたのです。

 

他にも中には次の日にいなくなっていたり、次の大会から呼ばれないなどの制裁を受けた審判もいるのです。

 

このように山根明会長は多くの審判が会長の意にそぐわないジャッジをすると『怒られるのではないか』『明日のミーティング材料になるのでは』とほぼ恐喝されていたのです。

文春砲に恫喝文書?

実は文春は早くも山根明会長について報道したときに、「差し止めの仮処分」「損害賠償請求」をちらつかせて脅していました。

 

文春は2017年8月10日号に早くも山根明会長の不祥事を嗅ぎつけ、「村田諒太を私物化する『ボクシング連盟のドン』」と報道していました。

山根明 恫喝
(画像引用元:http://bunshun.ismcdn.jp

 

それから2018年6月にボクシング連盟の代理人弁護士から、「差し止めの仮処分」「損害賠償請求」をちらつかせて恐喝文章がとどいたとのことです。

山根明 恫喝
(画像引用元:http://bunshun.ismcdn.jp

 

今の報道を見れば最終的に不祥事が明るみになって文春が正しいことが分かりましたが、このまま下手すれば恐喝で捻じ曲げらた危険性もあったとのことです。

 

しかし、そんな恐喝に屈するどころか、送られた文章が証拠・報道ネタになるとして嬉々として文春砲したのでした。

山根明会長は在日韓国人密航に暴力団、賭博に脅迫と経歴が黒い!

山根明会長の今まで語ったヤバイ経歴をまとめてみましたが、在日韓国人で密航から始まり、暴力団と10代の頃から付き合い。

 

その後トップに登りつめれば脅迫に賭博も行ったりと、一般人と比較してみればかなり真っ黒な経歴を持っていました。

 

しかし、それでも悪びれない姿はここまで来ると清々しいですが、明らかに一般との価値観や考え方と違うので理解するのは難しいですね。

 

せばな~

山根明会長が在日韓国人は母親で経歴は?山口組の森田組・柳川組で暴力団と関係?

【画像】山根明会長の嫁も韓国人?妻は4回目の結婚相手で愛人も健在!