山本KIDさんが癌で死去となりましたが、結局何ガンで具体的な病名・死因が明かされておらず話題になっています。

 

そんな山本KIDさんは何ガンを患い、いつから闘病生活をしていたのでしょうか?

 

ということで今回は、山本KIDさんの癌について、

  • 山本KIDは何ガン?具体的な病名・死因といつごろ?
  • 癌の症状はどうなるの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

山本kidは何ガンで死因・病名は?胃癌末期で生存率は?

山本KIDは胃癌末期でいつ発覚?

山本KIDさんの癌は消化器系とまで判明されましたが、どうやら胃癌の末期だったようです。

 

最初に胃癌が発覚したのは2年以上前とのことなので、2016年前にはすでに胃癌だったことが発覚しています。

 

それから抗がん剤治療も何度もし、現役で復活するためにひた隠し、都内だと目立つので地方で治療をしていたようです。

 

しかし、2018年の年明けから病状が悪くなり、2月ぐらいに最終的な治療の場所として末期がんの人達の治療ですごくいい病院があるグアムに移ったそうです。

 

つまり、末期がん治療に良い病院に移ったということは、山本KIDさんは胃癌の末期になっていたのかと思われます。

山本KIDの余命・生存率は何%だった?

胃癌の末期の余命は、癌の転移が見られるステージⅣの5年生存率が10%を切るほど厳しいです。

 

なんでも、胃癌末期とは、他の臓器に転移した癌がそれぞれ進行し、回復が見込めないような状態とかなりまずい状態だったのです。

山本KIDの胃癌末期の症状は?

胃癌が末期の状態になると、胃から栄養の吸収をすることや、胃で食べものの消化をすることが困難になって激やせします。

 

また、食べ物が胃を通りにくくなって吐き気をもよおし、食欲不振に陥ったりすることで痩せてしまいます。

 

だから山本KIDさんは以下のように激やせしてしまったのです。


(画像引用元:http://image.news.livedoor.com

 

また、水分調節機能もうまく働かず腹水も溜まりやすくなり、腹水が溜まると腹部の膨満感や足のむくみ、排尿障害などが起こることがあります。

 

さらに、癌に侵された組織から出血が生じるため、吐血や下血等の症状が出て、少量でも出血が持続的に続くことで貧血が起こり、めまいなどの症状が表れることもあるのです。

 

それだけでなく、胃癌の末期は肺や肝臓、骨等のの様々な臓器に転移してそれぞれの臓器に特有の症状を引き起こしてしまいます。

 

このように山本KIDさんがなっていたであろう末期の胃癌はかなり症状が辛いにも関わらず、あんなにみんなの前では強い姿を見せていたのです。

山本KIDはタトゥー刺青で癌は本当?

基本的にタトゥー・刺青からは別の病気になりますが、直接的に癌になる可能性は低いようです。

 

ちゃんとしたインクを使えば刺青・タトゥーでも有害な物質を使わないのでリスクを避けることができます。

タトゥー 癌
(画像引用元:blog-imgs-57.fc2.com

また注射の使いまわし等の器具から肝炎等の病気になる場合もあるが、それは癌とは別の病気です。

 

ただ、注射の使いまわし等の器具から肝炎になったことで肝臓に大きなストレスが与えられ、肝臓がんに進行するケースもあるそうです。

スポンサーリンク

山本KID プロフィール

山本kid 激やせ
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

本名      岡部徳郁(旧姓:山本)
通称      KID、神の子
生年月日    1977年3月15日
出身地     神奈川県川崎市
身長      163cm

 

幼い頃よりレスリングで活動し、高校時代は単身でアメリカにレスリング修行してアリゾナ州の王者に3度輝いています。

 

大学時に日本に帰国し、全日本学生レスリング選手権大会優勝(フリースタイル58kg級)等の数多くの実績を残します。

 

シドニーオリンピック出場を目指していたが、1999年の全日本レスリング選手権大会で惜しくも準優勝します。

 

オリンピック出場への道が絶望的になったのを機に、姉の旦那の勧めでエンセン井上に師事して総合格闘技に転向します。

 

2000年に第7回全日本アマチュア修斗選手権大会ライト級(-65kg)で優勝し、2001年にプロデビューして修斗で世界ライト級ランク2位まで登り詰めます。

 

2003年12月14日には修斗世界ライト級(-65kg)チャンピオンシップで王者ノゲイラと朝鮮予定でしたが、怪我で休場します。

 

2004年にはK-1初参戦し、2005年12月31日のK-1 PREMIUM 2005 Dynamite!!にてトーナメントでは優勝しています。

 

また2009年には自身がプロデュースを手掛けるブランドHARDHITを立ち上げ、2008年からはスポーツジムYSA(ヤマモトスポーツアカデミー)、KRAZY BEEを経営しています。

 

他にも2014年7月に品川区大井町に、自身がプロデュースするカレー屋「Curry Shower」をオープンしたりと実業家としても活動していきます。

山本kidの死因・病名は胃癌末期で生存率は10%!何ガン発覚は2016年から闘病!

山本KIDさんはどうやら胃癌の末期で生存率は10%とかなり厳しい状態であり、症状もかなり辛かったようです。

 

にも関わらず復帰を諦めず、ファンの前では強い姿を見せ続けるのは、やはりファイターだと思いました。

 

今後もその勇敢な姿はずっとファンの記憶に残り続け、山本KIDさんの功績はずっと生き続けることでしょう。