山大生の加藤紘貴容疑者が女性医師が殺害して話題なっていますが、その在籍している「山形大学」は度々不祥事を起こしているようです。

 

そんな、山大生の加藤紘貴容疑者を含めて、山形大学の不祥事・犯罪歴は?

 

ということで今回は、山形大学の逮捕・犯罪・不祥事歴について紹介したいと思います。


スポンサーリンク

山形大学の犯罪歴!山大生・加藤紘貴が逮捕等とまた不祥事?

山大生・加藤紘貴が逮捕で顔画像

山大生・加藤紘貴容疑者が女性医師が殺害したとして逮捕されました。


(画像引用元:https://img1.uphow.jp

先月、山形県東根市のマンションで女性医師が殺害された事件で、警察は山形大学の23歳の男を殺人などの容疑で逮捕しました。

殺人と住居侵入の疑いで逮捕されたのは、山形市に住む山形大学人文学部4年の加藤紘貴容疑者(23)です。

この事件は先月19日の夜、東根市のマンションの部屋で眼科医の矢口智恵美さん(50)が何者かに頭を殴られ、殺害されているのが見つかったものです。警察は、加藤容疑者が矢口さんが殺害された19日の早朝に矢口さんの部屋に侵入し、鈍器のようなもので矢口さんの頭を数回殴り殺害したとみています。

引用:山形女性医師殺人事件、23歳の山形大生を逮捕

 

23歳の山大生・加藤紘貴さんは50歳の美人女医・矢口智恵美さんの部屋に侵入し、の頭を数回殴り殺害するほど恨んでいたようです。

 

そんな、かなり歳の差が離れて接点がなさそうということで、二人の関係の謎が話題になっています。

山形大学の犯罪歴!

1年だけで山形大学の教員や生徒による不祥事相次ぐ

実は山形大学では教員や生徒による不祥事相次いでおり、2012年4月からの1年間だけでも、以下のような不祥事が続いています。

2012年

  • 4月18日 理工学研究科男子大学院生=道交法違反(制動装置不良)で摘発
  • 4月26日 理学部男子学生=建造物侵入と窃盗で逮捕
  • 7月12日 医学部付属病院男性医師=道交法違反(酒気帯び運転)で摘発
  • 9月 4日 医学部男子学生=建造物等損壊で逮捕
  • 9月14日 医学部付属病院女性医師=道交法違反(酒気帯び運転)で逮捕
  • 10月 8日 人文学部男子学生=住居侵入で逮捕
  • 10月17日 医学部女子学生=窃盗で逮捕
  • 10月23日 医学部男性受託研究員=強要未遂で逮捕(後に児童買春・ポルノ禁止法違反、女性暴行などで再逮捕)
  • 11月27日 医学部女性非常勤職員=窃盗で逮捕

2013年

  • 1月31日 人文学部男子学生=窃盗で逮捕
  • 2月 1日 医学部男子学生=公然わいせつで逮捕

引用:山形大学で、教員や生徒による不祥事が相次い

スポンサーリンク

アカハラで男子学生が自殺

2015年には山形大学にて指導教員の40代の男性助教のアカデミックハラスメントで山大生が自殺しており、自殺を山形大学は1年以上隠していました。

山形大工学部(米沢市)の男子学生が2015年11月、指導教員の40代の男性助教のアカデミックハラスメント(アカハラ)を苦に自殺していたことが3日、分かった。大学が設置した第三者調査委員会は自殺とアカハラの因果関係を認定。大学は約1年後に助教を停職の懲戒処分としたが、学生の自殺は公表しなかった。

学生の両親は助教と大学に計約1億1900万円の損害賠償を求め、山形地裁に提訴。先月25日の第1回口頭弁論で、第三者委の調査報告書を証拠として提出した。助教と大学はともに答弁書で争う姿勢を示し、大学側は「(報告書の内容は)そのまま大学の判断となるものではない」などと反論した。
両親の訴えによると、当時4年の学生は自殺の直前、スマートフォンに「助教を恨んでいる」という趣旨のメモを残していた。両親は自殺前、工学部の後援会や保護者会などで学生が悩んでいる様子を学部長ら複数の教員に相談したが、大学側から適切な対応はなかったとしている。

大学は両親の求めで、外部委員4人による「工学部キャンパス・ハラスメント防止対策委員会調査委員会」を設置。調査委は16年6月、(1)助教によるアカハラがあった(2)自殺とアカハラには因果関係がある(3)大学は学生の自殺前、両親の相談に対処しなかった-との報告書を作成した。
大学は16年10月、助教が研究室の複数の学生に長時間、説教をしたり、不機嫌な態度を示したりする行為を日常的に繰り返したとして停職1カ月の懲戒処分とした。処分の発表時、学生が自殺したことやアカハラ発覚の経緯は伏せられた。

小山清人学長は「自殺に関しては個人情報保護の観点から非公表とした」と説明。報告書の指摘や大学側の責任の有無については「ノーコメント」とした。

引用:【山形大学】アカハラ自殺、1年半以上公表せず、遺族は大学側を提訴

山大生が暴力で不起訴

自動車レースF4のレーサーとして活動している山大生が、女子高校生を触ったとして暴行容疑で逮捕されたが、不起訴処分となっていました。

宇都宮地検真岡支部は27日、女子高校生を触ったとして暴行容疑で逮捕された山形大工学部3年の男子学生(21)を不起訴処分とした。理由は明らかにしていない。

栃木県警は、同県内の路上で10月31日夜に自転車で帰る途中だった女子高生の腰を触った疑いで、11月21日に男子学生を逮捕。12月12日、地検真岡支部が処分保留で釈放していた。県警によると「体は触っていない」と容疑を否認していた。

学生は自動車レースF4のレーサーとして活動。栃木県内のレース場で走行するために同県を訪れていたという。

引用:暴行容疑の山形大生不起訴 「体は触っていない」と容疑否認

山形大学で飛び降り自殺相次ぐ

2017年に山形大学では男子学生2人が相次いで校舎から飛び降りて自殺が問題となりました。

山形大(山形市)で4日と24日、男子学生2人が相次いで校舎から飛び降りて死亡したことが25日、分かった。山形署は自殺の可能性があるとみて調べている。

同大によると、4日朝、理学部の20代学生がキャンパス内で倒れているのが見つかった。24日正午ごろにも、人文社会科学部の20代学生がキャンパスで倒れているのが発見された。いずれも病院に搬送され、死亡が確認された。

同大は小山清人学長を本部長とする総合対策本部を設置し、自殺防止の対策を検討する。

同大では、平成27年11月に工学部(山形県米沢市)の4年の男子学生が同市内の公園で首をつって自殺した。遺族が男性助教による「アカデミック・ハラスメントがあった」として、大学と助教に損害賠償を求める訴訟を山形地裁に起こしている。

引用:山形大学で飛び降り相次ぐ 今月、学生2人死亡

 

山形大学では2015年にアカハラで自殺する事件が起きていますが、その対策が出来ていないのかまた自殺者を出す残念な結果を出しているのでした。

スポンサーリンク

山形大学の犯罪・不祥事歴!山大生・加藤紘貴が逮捕で顔画像!

山大生の加藤紘貴容疑者が話題になっていますが、山形大学はどうやらアカハラで以前から不祥事で話題になっていたようです。

 

ハラスメントとは違いますが、何かしら大学側にも追い込む環境が出来ていたのでしょうか…

 

果たして今度はハラスメントと同じく、山大生の不祥事をどう対処するのか学校側の対応も気になりますね。

河野玄斗がママ活!フォロワー激減でなりすまし多発!おっぱい好き性欲強し!

河野玄斗が妊娠中絶で相手誰?おっぱい好き・性欲強いツイート連発!