ヤマカンこと山本寛さんがWake Up,Girls!(WUG)が解散で、「奪っておいで殺す気か!」と激怒しました。

 

そんな、山本寛さんが激怒した理由とは?

 

ということで今回は、山本寛さんとWUGについて、

  • 山本寛さんがWUG降板した経緯と理由は?
  • WUG解散で山本寛さんが激怒!

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

山本寛(ヤマカン)がWUG降板の理由?なぜ解散で激怒した?

WUG降板の経緯

2014年1月に劇場版と同日から放送されたTVシリーズとして始まった「Wake Up, Girls!」。

2015年には2本の劇場版が公開され、山本寛さんはそのすべての原案・監督として大きく載って活躍していました。

wug解散 山本寛
(画像引用元:http://tokyo-anime-news.jp

 

しかし、2015年12月のイベント「Wake Up, Girls!Festa. 2015 Beyond the Bottom Extend」で2017年2期が開始されることが発表しましたがこの時点で監督が板垣伸さんへ変わることが発表

 

さらに、山本寛さんが載るであろう原案のクレジットまで消えるなど、前代未聞の事件があったのです。

 

それだけでなく2016年には山本寛さんは体調不良で休養を宣言。

 

その後は、WUGの恨み節やWUG関連の発言を度々投稿しており、話題になっていました。

自身のクレジットをめぐり炎上

WUG監督を降板した山本寛さんですが、自身が「辛矢凡」名義で作詞を手掛けた楽曲「タチアガレ!」「7 Girls War」が「新章」第1話で使用されたにもかかわらず、そのクレジットが本編中に表記されなかったこと抗議しました。

それから、製作委員会と協議したようですが、このようにWUGを降板してから色々と問題が起きていたようです。

スポンサーリンク

WUG解散に山本寛(ヤマカン)激怒!

そんなWUGの監督を降板されたり、原案や曲のクレジットがなかったりと踏んだり蹴ったりと山本寛さんですが、今度は突然のWUG解散に激怒します。

あまりにも激怒しすぎて、様々なリプに暴言を吐いていますが、降板やクレジットがなかったりと色々製作委員会と問題があったのでここまで激怒してしまったのでしょう。

 

そんな山本寛さんもいつかはWUGを解散せようとは考えていました。

しかし、監督を降板させられて、なおかつ勝手に解散させられたため、怒り狂ったのでしょう…

WUG解散の理由は?

「Wake Up, Girls!」の解散コメントは以下となっています。

5年という歳月の中で、様々な活動を通じ、
これからメンバーそれぞれが目指す夢を描いた時、
メンバー、運営スタッフとで何度も話し合った結果、
個々の道を歩んでいくことが、さらなる成長に繋がると考え、
ユニットの解散という結論にいたりました。

これまで応援してくださった全てのファンの皆さまへ感謝の気持ちを伝えられるよう、
メンバー・スタッフ一丸となって、最後にふさわしいFINAL TOURを開催したいと思います。
そして、Wake Up, Girls!らしく2019年3月を迎えたいと思います。
プロジェクトとしての「Wake Up, Girls!」は今後も展開して参ります。
また、Wake Up, Girls!の声優活動は引き続き、行ってまいりますので、
応援よろしくお願い申し上げます。

皆さま、声優ユニット「Wake Up, Girls!」を最後まで、よろしくお願い申し上げます。

引用:http://cache.avex.jp/artist/wugportal/kokuchi06152.pdf

コメント見る限りでは、WUGメンバーが個々での活動をするために解散するようですね。

山本寛(ヤマカン)がWUG降板の理由は?勝手に解散で激怒?

山本寛さんはWUGの監督・原案だけでなく、曲も作詞したりと色々やっていました。

 

しかし、監督降板に、原案や曲のクレジットがなかったりと色々ひどい仕打ちをされてイザコザ。

さらにWUGを勝手に解散させられて怒り狂ったようでした。

 

確かにこれまでの経緯を見ると、山本寛さんが怒り狂うのもしょうがなく、せめてもう少し山本寛さんとも話はしてもらいたかったのですね…

ヨシコヨシコ

山本寛の過激な発言は酷いけど、流石にヤマカンが可愛そう…
せばな~