豆柴の大群のプロデューサーだったクロちゃんが解任され、後任がBis等を手掛けた渡辺淳之介さんのパワハラ動画拡散されて話題になっています。

 

そんな、豆柴の大群のクロちゃん後任の渡辺淳之介さんはどんな人物でパワハラは本当なのでしょうか?

 

ということで今回は、豆柴の大群プロデューサー・クロちゃん後任の渡辺淳之介さんについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

渡辺淳之介パワハラ動画!豆柴の大群のクロちゃん後任プロデューサーがヤバい理由?

渡辺淳之介パワハラ動画とは?

豆柴の大群のクロちゃん後任が渡辺淳之介さんですが、下記のパワハラ動画が話題になり、豆柴の大群の先行きが不安視されました。

 

他にも色々言われており、渡辺淳之介さんは色々やらかして恨みを持っているファンは少なからずいるようです。

スポンサーリンク

渡辺淳之介がプー・ルイダイエット企画でファンから批判殺到で炎上

渡辺淳之介さんはプー・ルイさんがダイエット企画に失敗したことを理由に活動休止することが発表し、ツイッターで煽ったことでファンとで炎上騒動が起きました。

発端は、ことごとくダイエットに失敗してきたというプー・ルイが、「ライザップ」に通って今度こそ“豚・プー・ルイ”の汚名を返上するという企画「DiET or DiE」。費用は所属事務所社長でプロデューサーの渡辺淳之介氏のポケットマネーから支払われ、リバウンドも含め失敗した場合にはプー・ルイが全額即金で返金&グループ脱退するというルールで3月にスタートした。

イエット成功から1ヵ月後の7月に測定したところ……なんと3キロのリバウンドが判明してしまう。これに対し渡辺氏は「逆だったらどう思う?自分が50何万円払って、維持すると言っておきながら1ヵ月でこれって」とプー・ルイを説教。8月までに3キロを戻すことを求め、戻っていなかったら活動休止と宣告した。しかし、8月の測定では体重は戻ったものの体脂肪率が大幅に上昇。9月まで最後の猶予が与えられるが、9月15日の測定で体重が目標に0.4キロ届かず、渡辺氏がプー・ルイに活動休止を宣告した(同時に10月15日の測定で目標に達していれば復帰させるとも言っている)。プー・ルイは、BiSは脱退したくないので10月の測定に向けてがんばるとしている。

渡辺氏は「約束は約束なので」「俺が約束守らなかったらどういうのかな?よく考えて。時間は与えた。そんだけ」とTwitterで反論。「2回俺も約束を反故にしてプー・ルイさんを信じたんですけどね。。。」と、2度も猶予を与えた結果だと説明した。

それでも、これまでのBiSの活動や渡辺氏とプー・ルイの信頼関係など知らず今回の件でBiSを知ったであろうメディアや人々からの批判は衰えることなく、激しさを増すばかり。とうとう22日に渡辺氏は「ごめんね真っ当な世界で生きてないし、真っ当な評価も受けたことないの。だから真っ当なこと言われても分からないの。誰も俺らのこと知ってくれなかったじゃん。だから色々言われるの嬉しい。みんな俺らのこと認識してくれてありがとう。本当に感謝してる!!アイラブユー!!」と、らしくない卑屈なツイートまでしている。

引用:プー・ルイ活動休止のBiSにマジレス相次ぐ……研究員(ファン)の本音は

これはそもそもプー・ルイさんが何度も渡辺淳之介さんの信頼を裏切ったことが問題ですが、ファンを煽るような行いが亀裂と炎上を呼んでしまったのです。

渡辺淳之介は学生時代はヤンチャ

渡辺淳之介さんの学生時代は高校は不登校児で、早稲田大学ではヤンチャしてかなりひんしゅくを買っていました。

――進学校である桐朋中学・高校に通われていたということですが、どのような学生時代を過ごされましたか?

「やばかったっす。母親が小学校の教師だったんで、小学校3年生くらいまでは勉強してたんですよ。塾も行ってましたし。

だけど、中学1年のときにギターを持ちはじめて、バンド活動が楽しくなったもんで、中学2年くらいから学校に行かなくなっちゃって。不登校といっても引きこもりだったわけではなく、学校外の友達とずっといたので、出ずっぱりの不登校児ですね。学校や家には帰りたくない、社会に対して中指を立てたいという感じで

 

――そして見事、早稲田大学に合格されたわけですが、学生生活はいかがでしたか?

「普通に遊んでましたね。新歓コンパでは、大学のネームバリューを利用して取っ替え引っ替えするという“ヤンチャ”をして大顰蹙(ひんしゅく)を買ったりしました。

学園祭の実行委員会にも入ったんですけど、1年でやめてしまい……。そんな感じで楽しんでいたら、授業には行かなくなりまして。結局、留年して大学には6年通いましたが、4年のときから業界で働くようになり、5年生のときには小さい音楽事務所で社員をしていました」

引用:BiSやBiSHの生みの親・渡辺淳之介の、ヤンチャな大学時代と社会への反骨心

 

渡辺淳之介さんの成り立ちを見ると、いい意味でも悪い意味でも常識にとらわれない価値観を持っており、だからBisで様々な伝説を打ち立てたのでしょう。

豆柴の大群プロデューサーのクロちゃん解任で後任が渡辺淳之介

豆柴の大群のプロデュース業の存続について発表されましたが、クロちゃんが解任されて渡辺淳之介さんが後任となりました。

クロちゃんは結果発表を前に「続行、続行、絶対続行!」と訴えていたが、結果は続行は23828枚、解任は18231枚、解任&罰が31736枚となり、あえなく解任となった。同グループは今後、BiSHなどが所属する事務所「WACK」が引き取って真剣にプロデュースを手がけることが発表されると、メンバーたちは「今までありがとうございました。これからはWACKの一員として頑張っていきます」と清々しくあいさつした。

罰の内容は、豆柴の大群が同曲をパフォーマンスしている間、クロちゃんがハーネスで吊るされ、冷水に入れられるというもの。さらに、クロちゃんの私情でアイドルの夢を絶たれる形となったカエデは、付き合いたいから落としたという理由が理不尽ということから、同グループに加入することになり「みんなと一緒に力を合わせて頑張っていきたいと思います」と意気込んだ。

すべてを失うことになったクロちゃんだが、カエデに「よかったね」と号泣しながら祝福。「オレがプロデューサーやりたかった。オレが作ったんだから」と本音をにじませていた。

引用:クロちゃん『水ダウ』発アイドル・豆柴の大群のP解任&罰で号泣「オレがプロデューサーやりたかった」

クロちゃん、カエデに振られて発狂

解任されたクロちゃんはその前に、豆柴の大群から外して彼女にしたいカエデさんとデートをして告白しましたが、振られて発狂しました。

そのため、クロちゃんはカエデさんと付き合えず、豆柴の大群も解任されてすべてを失いました。

スポンサーリンク

渡辺淳之介 プロフィール

渡辺淳之介 パワハラ
(画像引用元:https://asahijp.site

別名      JxSxK
生年月日    1984年10月23日
出身地     東京都
学歴      早稲田大学政治経済学部
事務所     WACK

 

都内でも有数の進学校に通うも中学2年生の頃から通わなくなり、高校2年生の時に中退し、バンドを組んでデビューを目指していました。

 

ところが、他のバンドを見て無理と感じ、ンドの解散を機に音楽業界への就職を考え始め、学歴の必要性を感じたため大学入学資格検定を取得した後に現役で早稲田大学政治経済学部に入学します。

 

大学卒業後はデートピアを経て、つばさプラス(つばさレコーズ)に入社し、A&RとしてBiSやthis is not a business等の活動に携わります。

 

そして、Bisでの当時のアイドル事情からは考えられないほどのセンセーショナルなものを企画して話題となります。

 

BiSの横浜アリーナでの解散ライブの後につばさプラスを退社し、2014年8月に株式会社WACKを設立し代表取締役に就任します。

 

「WACK」では音楽の「なんでも屋」としてプロデュースからマネージメント、宣伝まで幅広く活動して活躍しています。

渡辺淳之介パワハラ動画!豆柴の大群のクロちゃん後任大丈夫?

渡辺淳之介さんのパワハラ動画を見ましたが、あれだけ見ると今後の豆柴の大群が怖いですね…

 

ただ、擁護するなら、Bisのように過激な企画が当てはまれば上手くいくと、かなり相性によって左右されると思われます。

 

果たして公私混同ハゲだるまのクロちゃんから手を離れて、渡辺淳之介さんはどんな企画を打ち出すのか、豆柴の大群に注目です。

 

せばな~

スポンサーリンク