お台場の肉フェスで過激なヴィーガンが、グロ画像を載せた看板を設置して来た客を不快にさせた事が話題になっています。

 

そんな、お台場の肉フェスで過激なヴィーガンのやり方やそのグロ画像を載せた看板とは?

また、こういった勝手に看板を設置するのを撤去したりと個人で対策を取ることは出来ないのでしょうか?

 

ということで今回は、お台場の肉フェスで過激なヴィーガンについて、

  • お台場の肉フェスで過激なヴィーガンのやり方とは?
  • 過激なヴィーガンの看板を撤去したりと対策は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

ヴィーガンがお台場肉フェスでグロ画像!看板撤去する方法は?

2019年4月30日にお台場で行われた「肉フェス」にて、ヴィーガンがグロ画像で自分の思想を押し付け、肉を楽しみにしている客を不快にさせて話題になりました。

上記が問題のヴィーガンが設置した看板ですが、動物が切られいるグロ画像で、動物を例え肉として食べるのでも殺すのは駄目だと訴えたようです。

 

しかし、このグロ画像を見て「動物を殺すのは駄目だからヴィーガンなろう!」という声は皆無であり。

ただただ、肉を楽しみにしている客とには不快であり、逆に「思想を押し付けるヴィーガンは害悪」と知らしめているのでした。

ヴィーガンにも思想を押し付けない良い人がいると思いますが、このような押し付けるような方法は、「ヴィーガンは害悪」という印象を付けるだけで逆効果です。

スポンサーリンク

過激なヴィーガンの看板を撤去したりと対策は?

過激なヴィーガンの看板・プラカードは、「地方の条例」や「軽犯罪法」に触れることで撤去できる可能性があります。

 

地方の条例によって違いますが、無断での看板設置を取り締まる条例があれば撤去できる可能性があるので、その市役所などで尋ねて確認を取るのが良いです。

 

また、軽犯罪法1条33号には、

みだりに他人の家屋その他の工作物にはり札をし、若しくは他人の看板、禁札その他の標示物を取り除き、又はこれらの工作物若しくは標示物を汚した者

と、他人の敷地内での張り紙をすると違反になるので、警察に通報するのも良いと思います。

 

そのため、過激なヴィーガンの看板・プラカードは、「地方の条例」や「軽犯罪法」に触れるか警察や市役所に尋ねて対策をしてください。

ヴィーガンがお台場肉フェスでグロ画像で思想の押しつけ!

お台場の肉フェスがありましたが、一部の過激なヴィーガンがグロ画像でただただ客を不快にさせてしまったようです。

 

こんなことをしては「動物を殺すのは駄目だからヴィーガンなろう!」になるはずもなく、ただただ「ヴィーガン=害悪」と思われるだけです。

 

ヴィーガンで動物を殺さない主義はいいのですが、押しつけは相手の自由を縛るということを重々承知し、「美味しんぼ」の山岡さんの意見でも少し聞いてください。

せばな~

令和の道頓堀ダイブで船落下動画その後!平成最後で複雑骨折バカッター!