宇都宮といえば「餃子の街」ですが、実は現在は「紅茶の街」にイメージが変わったとのことです。

 

そんな、宇都宮が「餃子の街」から「紅茶の街」に変わった理由は?

また、宇都宮が紅茶の街に変化するきっかけは何だったのでしょうか?

 

ということで今回は、「紅茶の街」宇都宮について、

  • 宇都宮が紅茶の街の理由は?
  • 宇都宮が紅茶の街に変化したきっかけは?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

宇都宮が紅茶の街の理由・経緯!消費量日本一はなぜ?

宇都宮が紅茶の街の理由は?

宇都宮は紅茶の消費量が全国1位(一世帯あたり、08~10年平均)となり、様々な紅茶製造・販売・教室が増え、紅茶文化が浸透して「紅茶の街」となりました。

 

もともと栃木では紅茶を飲まない紅茶不毛の地でしたが、「ワイズティー」が2006年に市内の商店街で開業し、紅茶製造・販売をしたことをきっかけに拡散。

 

そして、ワイズティーが開業してから5年で、総務省家計調査ではランク外だった宇都宮市の紅茶消費量は全国1位になったのです。

 

さらに、ワイズティー店舗で開催している紅茶教室はいつも満席で、近所の小学校での講演を契機に「紅茶部」もでるほど。

 

農業者とのコラボレーションで、県特産の苺や梨を用いたフレーバーティーの開発から「ご当地紅茶」が生まれたりしています。

 

このように、宇都宮は「ワイズティー」が紅茶を拡散し、今では紅茶消費量は上位で紅茶が宇都宮の生活文化として浸透して「紅茶の街」となったのです。

スポンサーリンク

宇都宮が紅茶の街に変化したきっかけは?

宇都宮が「紅茶の街」に変化したのは「ワイズティー」の根本泰昌社長が、故郷・宇都宮の地域の再生のために紅茶を広めたのでした。

着目したいのは、同社の創業目的が、紅茶の製造・販売そのものよりも、地域の再生にあったことです。

創業者・根本泰昌社長の前の職場は大手製薬会社。名の知られた栄養食品を担当し、20代後半でブランドマネジャーに抜擢されたほどです。

しかし、仕事をしながら「日本の医療は世界最高レベルなのに、なぜこれほど心の病を抱えた人が多いのか」と考えていたといいます。一方、故郷の宇都宮市に帰ると、目にするのは日に日に廃れゆく商店街の姿。根本社長は、それを政治やお金では解決できない地方都市の病と捉え、「このままでは、日本の地方都市はどこも生き残れなくなる」と強い危機感を抱いていました。

引用:餃子の宇都宮が”紅茶の街”に変貌したワケ

 

そして、宇都宮は商工業で発展してきた街だから、S級品の紅茶で勝負できると踏んで、紅茶で地域おこしをしようと決めたのです。

ワイズティーオリジナルの紅茶を、宇都宮オリジナルにするという熱意が根本社長にあったからです。誰にでも扱えて、横並びになりがちなB級品ではだめ。A級品をも飛び越え、S級品で勝負することが彼には重要だったのです。

宇都宮は戦前・戦後を通じ、商工業で発展してきた街です。「他の中核都市に比べて、今も所得水準が高いので、オリジナルブレンドで良質の紅茶を扱えば、街の人は利用してくれるだろうし、外からも人を呼べる」と見込んだのだといいます。

引用:餃子の宇都宮が”紅茶の街”に変貌したワケ

 

そんな、根本泰昌社長の紅茶の熱意がお客様に伝わって拡散され、結果的に「紅茶の街」となって紅茶による地域再生は成功したのです。

宇都宮が紅茶の街の理由・経緯!消費量日本一で地域再生!

「ワイズティー」の根本泰昌社長が、故郷・宇都宮の地域の再生のために紅茶を広めたのでした。

 

紅茶の不毛の地なのでとんでもない発想ですが、結果的に消費量はランク外から1位となり、「紅茶の街」にまで上り詰めたのです。

 

様々な地域再生がありますが、ここまで急上昇するのはよほどの熱意と、周りの協力があったからなのでしょう。

 

みなさんも、「餃子の街」だけでなく、「紅茶の街」となった新たな宇都宮に行ってみませんか?


国内の格安航空券やすべての空席情報、価格を一覧で比較し、いつでも予約申し込みOK
24時間365日 航空会社を一括比較!

JAL専売店で格安ツアーに、グレードの高い他社で取り扱いの少ないホテルも多数販売
ニーズツアー

新幹線の往復チケットとホテル・旅館の宿泊がセットになったお得な旅行プラン
格安!新幹線の旅

全国のビジネスホテルから高級旅館まで、後払いで宿泊予約ができるサイト
後払いでお得なホテル予約 | ミニッツ

日本全国のレンタカープランを一括検索して比較・予約できるレンタカーポータルサイト
日本全国のレンタカープランを一括検索して簡単予約!厳選した会社のみの掲載なので安心♪【旅楽レンタカー予約】


せばな~