2017年8月4日放送の日本テレビ「究極の○×クイズSHOW 超問!真実か?ウソか?」で出題される問題で、気になる問題がありました!

 

「飛行機で上空から落とす『打ち下げ花火』もある?」

 

日本の夏の風物詩「打ち上げ花火」ですが、逆に上空から落とす打ち下げ花火はあるのでしょうか?

 

ということで今回は、「打ち下げ花火」があるのか、気になりましたので調査したいと思います。


スポンサーリンク

打ち下げ花火はある?ヤフオクドームで花火はいつからで危険性は?

残念ながら日本では飛行機で上空から落とす「打ち下げ花火」はないようですが、ドームの天井から落とす「打ち下げ花火」はあるようです。

有名なのが福岡ソフトバンクホークスの本拠地ヤフオクドームで、ソフトバンクが勝利した時に打ち下げられる花火です。

 

この打ち下げ花火では、花火師がプレイボール前に30分以上かけて天井を登り、狭い所でスタンバイします。

 

そして試合が延長線であっても終わるまでスタンバイし、負けたら花火は打ち下げれないので、そのまま花火を抱えて帰ると悲しいことにもなるのです。

ヤフオクドームの花火打ち下げはいつから?

実は球場を完成する際の1990年台初めに場内で上げる花火の製造を依頼され、海外の例を参考に現在の打ち下げ花火を作り上げました。

打ち下げ花火
(画像引用元:https://www.nishinippon.co.jp

しかし、「火玉が大き過ぎると客席に届いて危険」「小さ過ぎるときれいな円を描けない」等と問題が発生していました。

 

そのため、製造と実験を繰り返しつづけて完成までに2年かかったとのことです。

スポンサーリンク

ヤフオクドームの打ち下げ花火の危険性は?

先程言った通り、「火玉が大き過ぎると客席に届いて危険」という問題も考慮に入れて解決するのに2年もかけているので安全に細心の注意を払っており、危険性はないようです。

 

実際に勝利の花火を導入した1995年以来の無事故という実績があります。

 

これも安全な花火の打ち下げの設計だけでなく、実際の作業時の慎重なメンテナンスが無事故に繋がっているのです。

打ち下げ花火はヤフオクドームで!安全で綺麗な花火をぜひ!

飛行機での打ち下げ花火はありませんが、ヤフオクドームではソフトバンクホークスが勝利した時に打ち下げ花火を行うようです。

 

そしてこの打ち下げ花火一度も事故が起きないほど安全であり、客は安心して勝利の余韻にひたれるようです。

 

みなさんも興味があれば、ソフトバンクホークスの勝利の余韻と綺麗な打ち下げ花火を見に行ってはいかがでしょうか?

 

せばな~