上原さくらさんが「頬にヒアルロン酸を入れすぎている」と顔変わったと言われていますが、それを否定して話題になっているようです。

 

そんな、上原さくらさんの頬にヒアルロン酸を入れて顔が変わっているのでしょうか?

また、上原さくらさんはどんな理由で頬にヒアルロン酸を入れていることを否定したのでしょうか?

 

ということで今回は、上原さくらさんの頬で顔変わったことについて、

  • 上原さくらの頬を中心に顔変わったか画像比較!
  • 上原さくらが頬にヒアルロン酸を入れていない理由!

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

上原さくら頬で顔変わったか画像比較!整形ヒアルロン酸が嘘?

上原さくら頬で顔変わったか画像比較

上原さくらさんの顔がパンパンだったりと、頬にヒアルロン酸を入れて顔変わった整形疑惑が出ていました。

上原さくら 免許証 写真
(画像引用元:http://p.mamastar.jp

上記が顔変わったと言われている上原さくらさんの顔ですが、明らかに頬がパンパンになっていますね。

 

実際にどれくらい、顔が変わったのか若い頃の画像と比べてみると…

上原さくら 免許証 写真
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp,http://p.mamastar.jp

やっぱり現在の上原さくらさんは頬がパンパンになっていますね。

 

そのため、頬がパンパンなのは、シワ伸ばしのためのヒアルロン酸を注射した整形疑惑が出たのでした。

上原さくらが頬にヒアルロン酸を入れていない理由は?

上原さくらさんは頬はもともとらしく、逆にヒアルロン酸を入れずに無くしたいとYou Tubeや自身のブログにて否定していました。

私は、昔からほっぺが肉肉しいので、フェイスライン全開で髪をまとめるのに抵抗があるし、体重が増えるとすぐ顔について益々パンパンになるし、最近は歳のせいで垂れてきて、もうほんと、この顔の肉がどっかいってくれたら、と、ムニッとつまんでみたり、口の中で頬の肉を内側から吸って凹ませてみたりと、気になって気になって本当に憎い存在

年齢と共に頬がこけて来たらヒアルロン酸で足せるとか、自分の脂肪で足せるとか、ない所に足すのは出来るようですが、逆は出来ないのかしら

ないのを足すより、あるのを引く方が難しそう

引用:無い物ねだりだと思うけど

 

上原さくらさんの頬は、10代の頃から悩まされている「頬肉」によるもので、厚い頬肉の影響で「白ナス」のように見える輪郭がずっとコンプレックスだったとのことです。

 

そして、過去にメスを使わない脂肪吸引「トゥルースカルプ」という施術を受けたこともあるそうだが、1回では変化は感じられずに断念。

 

以降は少しでもシャープなフェイスラインを作るために、チークやシェーディングなどメイクで様々な工夫をしてごまかしてきたとのことです。

 

しかし、年には勝てずに年々頬が垂れたりして、現在は頬がパンパンなのがバレてしまったとのことです。

 

確かに頬をパンパンにすればシワを伸ばすことができますが、頬がパンパンなのは違和感しかなく、コンプレックスと感じてむしろ無くしたいと思うのは当然ですね。

スポンサーリンク

上原さくら プロフィール


(画像引用元:https://eurosim2007.org

生年月日    1977年3月31日
出身地     東京都足立区
血液型     A型
カップサイズ  D
活動
デビュー    1994年
ジャンル    タレント
他の活動    女優

 

第19回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞し、歌手として芸能界入りをします。

 

女優としても1995年に「SALE!」でデビューしており、2003年には「天罰屋くれない」で時代劇にも挑戦しています。

 

また、バラエティ番にも多数出演しており、知名度を高めています。

 

その後、結婚・離婚を2度繰り返してスキャンダルで話題となり、2013年頃にはホリプロは上原が退社したことを発表し、芸能界を引退状態にあったことが明らかになっています。

 

2016年4月にオフィス南に所属し、当面は学業を優先させつつの芸能活動を再開していました。

 

2019年には東海大学を卒業し、芸能活動も活発化させているようです。

上原さくら頬で顔変わった!整形ヒアルロン酸は嘘でむしろ無くしたい!

上原さくらさんの頬パンパンで顔変わったのではなく、もともと頬パンパンでメイクで上手く隠していたようでした。

 

しかし、年には勝てずにメイクでも隠せずに出てしまっており、むしろ頬肉を削りたいと思っているほどでした。

 

そんな、自身の顔の事情も暴露した上原さくらさんですが、それでも十分美しく、今後も背伸びせずに女性の憧れの的として活躍することを期待しています。

 

せばな~