「ウイルスばらまいてやる」と本当に濃厚接触した女性にコロナを感染させて話題になっています。

 

そんな、ウイルスばらまいてやると本当にばらまくと傷害罪で逮捕されるのでしょうか?

 

ということで今回は、ウイルスばらまいてやるで本当に感染させると傷害罪で逮捕されるのか紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ウイルスばらまいてやるは傷害罪!わざとコロナ濃厚接触は犯罪で逮捕?

ウイルスばらまいてやるは傷害罪で逮捕される?

「ウイルスばらまいてやる」をした男が、本当に濃厚接触した女性がコロナに感染した原因なら、傷害罪になるようです。

 

実際にインフルエンザ等の病気をうつす行為は傷害罪として成立した判例があるようです。

正解(1)傷害罪が成立する

刑法204条では「人の身体を傷害した」場合に傷害罪が成立するとされています。となると、病気を意図的にうつす行為は「傷を与えているわけではなさそうだし?」と疑問が生じます。
この点、最高裁の判例では、「本罪は、傷害によらず、病毒を他人に感染させた場合にも成立する」(最高裁昭和27年6月6日判決)と示されているので、意図的に病気をうつした場合も成立します。
となれば、インフルエンザを意図的にうつしたりすれば、当然傷害罪が成立します。どうか、お大事に(?)。

引用:わざと病気をうつしたら傷害罪になる??

 

傷害罪というと一般的には物理的に殴ったり蹴ったりしてケガをさせる場合を思い浮かべますが、人の生理的機能を害することも傷害罪になります。例えば、過去の裁判例でも性病による病毒の感染が傷害罪に該当するとされた例があります(最高裁昭和27年6月6日判決)。

今回の男性も他人に感染させる意思を有していたとすれば、傷害罪の故意が認められます。そして、実際に他人にコロナウイルスを感染させた場合には人の生理的機能を害したことになりますので傷害罪が成立します。

引用:新型コロナ「ばらまいてやる」は傷害罪の恐れも 感染者の出歩き、制限できるか?

 

それだけでなく、感染者が死亡した場合には傷害致死罪(刑法205条)が成立する可能性もあるのです。

 

そのため、男性が「ウイルスばらまいてやる」と、わざとコロナをうつしたのが認められれば、傷害罪として逮捕される可能性があるのです。

ウイルスばらまいてやるは損害賠償も請求される?

「ウイルスばらまいてやる」は傷害罪だけでなく、店や人に迷惑をかけたとして民事では損害賠償も請求される可能性があります。

ーー男性が寄った飲食店では消毒が進められているようです。民事上の責任はないのでしょうか?

発言が事実なら、男性は自宅待機要請を無視し、コロナウイルスをばらまいて他人に感染させる意思でタクシーに乗車し、飲食店を利用したことになります。周囲の人や相手方に何らかの損害を生じさせた場合、民事上の不法行為責任を負います。

例えば、周囲の人に感染させて被害者が出た場合にはその治療費、休業損害金、通院慰謝料などを賠償する義務が生じます。

また、仮に感染者が出なかった場合であってもタクシーの車内や飲食店の店舗内を消毒する必要が生じることから、消毒作業代やその間の休業補償なども賠償する義務が生じます。

引用:新型コロナ「ばらまいてやる」は傷害罪の恐れも 感染者の出歩き、制限できるか?

 

そのため、人に不利益もそうですが、店に多大な迷惑をかければ損害賠償も請求されてしまうのです。

スポンサーリンク

「ウイルスばらまいてやる」がフィリピンパブで炎上!

コロナ感染しているのにフィリピンパブに行ったウイルスばらまいてやる男は、濃厚接触した女性に感染させたとして炎上しました。

 愛知県蒲郡市で感染が確認された後に、飲食店を訪れた50代の男性と濃厚接触した30代女性が、新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。

感染が確認されたのは豊田市に住む30代の女性で、3月4日に感染が確認されていた蒲郡市の50代の男性と濃厚接触していたということです。

豊田市は女性の濃厚接触者や行動歴を調べています

引用:「ウイルスばらまいてやる」と飲食店訪れた50代男性と“濃厚接触”…30代女性の新型コロナ感染が判明

ウイルスばらまいてやるは傷害罪で逮捕!わざとコロナ濃厚接触は犯罪で損害賠償も!

ウイルスばらまいてやる男性は、わざと女性の感染させたのが認められれば、傷害罪で逮捕されます。

 

それだけでなく、民事では損害賠償も請求されて、多大な損害を負うことになります。

 

みなさんも、もしコロナにかかったら皆さんに迷惑をかけるだけでなく、後で自分に損害が降りかかることも考えて行動しましょう。

 

せばな~

スポンサーリンク