中国新型肺炎が問題となっていますが、どんどん封鎖都市の地域が増えて話題になっています。

 

それだけでなく、問題の感染源・武漢市は物理的な封鎖が面白いと言われる始末となっています…

 

そんな、中国新型肺炎で封鎖された地域の場所や、封鎖された様子は?

 

ということで今回は、中国新型肺炎の封鎖都市地域はどこで、その様子を紹介します。

スポンサーリンク

中国新型肺炎の封鎖都市地域はどこ?場所を地図で紹介!ガバガバで爺さん脱出!

中国新型肺炎で封鎖された地域の場所はどこ?

まず、問題の感染源・武漢市は以下の場所にあり、武漢市がある湖北省全域が渡航禁止勧告されています。

中国 封鎖
(画像引用元:https://www.anzen.mofa.go.jp

 

そして、湖北省の中になる武漢市と、その周辺十三都市が路線・長距離バスの運休や鉄道駅を封鎖して人の動きを制限しています。

 

現在分かっている封鎖都市地域
  1. 武漢市1,100万人
  2. 黄岡市 750万人
  3. 鄂州市 100万人
  4. 赤壁市  50万人
  5. 枝江市  50万人
  6. 仙桃市 120万人
  7. 潜江市 100万人
  8. 荊門市 300万人
  9. 咸寧市 230万人
  10. 黄石市 255万人
  11. 当陽市  47万人
  12. 恩施市  77万人
  13. 孝感市 492万人

 

 

とにかく、湖北省全域が封鎖されているので、立ち入れない状況となっています。

中国新型肺炎で封鎖された地域の様子は?

中国新型肺炎で封鎖された地域の様子はゴーストタウン化し、封鎖の仕方が物理的だと話題になりました。

 

まず封鎖と外出自粛により車も人も殆どいない中国武漢市内の様子は、ゴーストタウンと化しました。

 

また、その封鎖する方法が土砂や物で道路を封鎖するという、物理的な封鎖が話題となりました。

中国 封鎖
(画像引用元:https://livedoor.blogimg.jp

中国 封鎖
(画像引用元:https://livedoor.blogimg.jp

中国 封鎖
(画像引用元:https://livedoor.blogimg.jp

中国 封鎖
(画像引用元:https://livedoor.blogimg.jp

中国 封鎖
(画像引用元:https://livedoor.blogimg.jp

中国 封鎖
(画像引用元:https://livedoor.blogimg.jp

 

しかし、残念ながらこの封鎖方法では、腰が曲がった爺さんすら足止めすることができなかったのです。

中国 封鎖
(画像引用元:https://livedoor.blogimg.jp

スポンサーリンク

中国封鎖で500万人超が武漢市を脱出

中国新型肺炎で物理的に封鎖しましたが、残念ながら500万人以上の人が武漢市から脱出していました。

中国メディアによると、武漢市の市長は、春節の旅行や感染を避けるために、すでに500万人以上の人が武漢市を離れたことを明らかにした。

中国政府は先週、感染拡大を阻止するとして武漢市を事実上封鎖したが、その実効性にも疑問を投げかけることになる。

引用:新型コロナ 500万人超が武漢市を離れる

確かに腰が曲がった爺さんですら封鎖を突破しているのですから、500万人も脱出できるでしょうね…

中国新型肺炎で80人も死者

中国新型肺炎ですが収まることもなく、死者が80人にまで増えました。

【北京=田川理恵】中国を中心に新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、中国政府の国家衛生健康委員会は27日、患者が集中する湖北省で26日に24人が死亡し、中国本土での死者は計80人になったと発表した。感染ペースは速まっており、合計の感染者は2744人に達した。

引用:速まる感染ペース、新型肺炎死者は中国で80人に…感染者2744人

中国新型肺炎で封鎖された都市地域どこ?場所を地図で紹介!足止めガバガバ!

中国新型肺炎により武漢市を中心とした湖北省全域が封鎖されているので、とりあえず「湖北省」の都市はほとんど封鎖されているという認識でいいと思います。

 

そして、封鎖方法が物理的すぎて、腰が曲がった爺さんですら突破しており、案の定、武漢市から500万人も脱出していました。

 

そんな本当に封鎖が役立っているのか分かりませんが、日本に来ないで下さい。

スポンサーリンク