2700のツネさんですが、副業でしていた不動産「ツネの賃貸」を詐欺グループ闇営業で退社することとなって話題になっています。

 

そんな、ツネさんの副業でしていた不動産「ツネの賃貸」とはどんなもので、退社の経緯は?

 

ということで今回は、2700ツネさんの不動産退社について。

  • ツネの不動産退社の経緯!
  • ツネの賃貸とは?収入は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

ツネ不動産退社の経緯!2700ツネの賃貸の副業年収は?詐欺グループ闇営業で終わる?

2700ツネの不動産退社の経緯!

詐欺グループ闇営業で謹慎処分となった2700ツネさんは副業の不動産会社を退社していたことが判明しました。

 番組は“闇営業”問題で謹慎処分となったお笑いコンビ「2700」のツネ(36)が副業として働く都内の不動産会社を直撃。会社のスタッフと思われる男性がインターホン越しに「昨日で退社いたしました。会社から辞めたということです。(今回の問題で退社?)そうですね」と回答。謹慎処分が発表された24日に退社していたことが判明した。

ツネは今年3月のTBS系「その他の人に会ってみた」(後8時)で「その他の収入が本業を超えた芸能人」として、芸人の収入のほかに副業の不動産仲介業「ツネの賃貸」で仕事をする“二刀流”を語っていた。

引用:「2700」ツネ、謹慎処分当日に副業の不動産会社を退社…「グッディ!」の直撃で判明

 

ツネさんが副業にしている不動産は「ツネの賃貸」と大々的にツネさんのネームバリューを使っていたものです。

 

そのため、詐欺グループのギャラを貰っていたとなると、「ツネの賃貸」のイメージ低下は地に落ち、不動産会社として反社会的勢力に関わったので退社させたか自身で退社したのでした。

「ツネの賃貸」とは?副業の年収は?

「ツネの賃貸」は出資者は別にいるため「雇われ店長」のような契約社員として店舗を任されており、月収30万円で本業よりも稼いでいtたようです。

 

ツネさんは不動産会社に副業として契約社員として働いており、「ツネの賃貸」という店舗を任されており、「雇われ店長」となっているようです。

ツネは現在<ツネの賃貸>という不動産業の店舗を構えているという。出資者は別にいるため、自身が社長ではないとしながらも「僕がまあ、賃貸の“頭”としてやっている」と説明する。

進行の小関れんが「本業みたいになってるってことですか?」と疑問をぶつけ、ツネは「もう、本業みたいにもなってます」と認めると、竹山も「そうなんだ!」と驚いていた。

お店の場所が表参道という好立地だと知ると、親身になって話を聞いていたスパローズ・大和一孝は「成功してるじゃねーか!」と思わずツッコミ。ツネによれば契約社員のような状態で勤務しており、物件の内見にも同行するのだとか。

引用:「吉本興業的には本来はダメなんですけど…」2700・ツネの知られざる副業

 

それだけでなく、芸人としての収入は「20万以下」だが、副業での月収は「30万円」で、芸人としての収入を上回る額を稼いでいたのです。

かつて、“右ヒジ左ヒジ、交互に見て~”とのフレーズでテンポの良いリズム芸を披露し、大ブレイクを果たしていた2700だが、“リズム芸ブーム”の終焉と共にテレビへの出演回数が激減し、年間300本という全盛期の多忙さは嘘のように現在では芸人としての収入が「20万円以下」だという。

生活費をまかなうために知人が経営する不動産会社で副業として賃貸物件の仲介業に勤しんでいることを告白。副業での月収は30万円で、芸人としての収入を上回る額を稼いでいることも併せて説明している。

引用:収入20万円でも家賃14万!2700・ツネの告白は芸人「危険な縁起担ぎ」か?

 

このように、2700ツネさんは副業として不動産会社の店舗を任されており、芸人によりも稼いでいるのでした。

スポンサーリンク

ツネ プロフィール

ツネの賃貸 退社
(画像引用元:http://the-chintai.com

本名      常道 啓史
生年月日    1982年10月15日
出身地     大阪府和泉市
事務所     よしもとクリエイティブ・エージェンシー

 

2008年2月結成し、「キングオブコント」で結成わずか8か月の無名ながら決勝進出して知名度を高めます。

 

2009年には「オールザッツ漫才」のFoot cutのコーナーで準優勝し、翌年の2010年の同番組のコーナーで優勝しています、

 

2011年には「THE MANZAI 2011」で認定漫才師に選ばれており、「キングオブコント2011」に3年ぶりに決勝進出して準優勝もしています。

 

また実力もさることながら、リズムネタでブレイクしており「2700」の知名度を高めます。

 

残念ながらリズムネタの一発屋だったため、テレビの出演数は激減し、2017年8月にはコンビ名を「ザ ツネハッチャン」に改めて芸名も変えたりと迷走。

 

2018年8月にはコンビ名を再び「2700」に、2人の芸名も元に戻しており、ツネさんは副業の不動産会社で活躍していました。

 

ところが、2019年6月24日に2014年に反社会的勢力主催の会合にコンビともども参加していたことを受け、吉本興業より当面の間活動を停止する謹慎処分受けます。

ツネ闇営業で不動産退社!2700ツネの賃貸の副業年収は芸人によりも高かったのに…

ツネさんは副業として不動産会社の「ツネの賃貸」という店舗を任されて雇われ店長をしており、芸人によりも稼いでいたようです。

 

しかし、詐欺グループ闇営業により、芸人として謹慎処分となり、頼みの不動産会社も退社となって稼ぎがゼロになってしまったようです…

 

身から出た錆ですが、家族を養うための稼ぎが無くなったのはかなりキツイですね…

 

ただツネさんは不動産会社でのノウハウがあるのは事実なので、なんとかそのノウハウを活かして、稼いで家族を支えてください。

 

せばな~