塚原夫妻の宮川紗江選手へのパワハラ問題で、塚原千恵子さんと宮川紗江選手の会話を録音したことが批判されています。

 

しかし、ボクシング山根事件だったりと相手許可なしに録音したのを公開しており、塚原千恵子さんの録音は盗聴で犯罪になるのでしょうか?

 

ということで今回は、塚原千恵子さんの録音について、

  • 塚原千恵子の録音データ内容は?
  • 塚原千恵子の録音は盗聴で犯罪になるの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

塚原千恵子の録音は盗聴で犯罪・違法?宮川紗江の音声内容は?

2018年8月31日に塚原夫妻が文書で謝罪したが、宮川選手と面談した時に「録音」していたことを告白して物議を醸しました

 

塚原夫妻は自身の態度が高圧的だったことが問題と謝罪した詫た上で、

「ただ、今後、第三者委員会に提出予定である、私たちが保有している宮川選手との録音内容をお聴きいただければ、私が決して高圧的な態度ではないということはお分かりいただけると思っております

と、塚原夫妻は宮川選手と面談した際に録音していたと公言しました。

 

この音声は第三者委員会に提出する予定だとしているが、なぜパワハラの訴えを受けた側が録音していたのかと、ネット上で疑問の声と批判が出ていました。

塚原と宮川面談の録音データ内容は?

塚原千恵子さんと宮川紗江さんとの録音したデータは公表されており、以下がその内容となっています。

音声を聞けば分かりますが、「高圧的な態度は取ってません」と言いながら、十分高圧的な態度をとっているように見えます。

 

また、これだけでは宮川紗江選手が会見で話したことが嘘か本当かわからないと感じました…

塚原千恵子の無断録音は盗聴で犯罪?

塚原千恵子さんの無断録音はそもそも盗聴では無く、そもそも盗聴自体は犯罪・違法ではありません

 

今回は会話当事者の塚原千恵子さんが相手の宮川紗江選手に同意を得ずに会話を録音することは「秘密録音」といいます。

 

そしてこの「秘密録音」は犯罪にはならず、塚原千恵子さん自らのプライバシーに関わる内容を開示しているのでプライバシーの侵害の程度も盗聴より低いです。

 

これに対して、会話当事者の塚原千恵子さんと宮川紗江選手以外の第三者が会話を当事者の同意を得ずに録音することが「盗聴」になります。

 

さらに盗聴そのものは犯罪では無く、盗聴の前後の行為が犯罪に当たるのです。

 

例えば他人の部屋に盗聴器を設置した場合は「居侵入罪」、電話回線に盗聴器は「有線電気通信法違反」、盗聴で得た情報で脅すことで「脅迫罪」や「恐喝罪」、盗聴して付け狙うことを「ストーカー規制法違反」となるのです。

 

ただし、盗聴そのものは犯罪にはならなくとも、プライバシー侵害として損害賠償の対象となる可能性はあります。

 

しかし、何度も言いますが今回の録音は「秘密録音」でプライバシーの侵害の程度も盗聴より低いので、塚原千恵子さんが犯罪・違法として取り上げることは難しいようです。

塚原千恵子の録音は証拠になるの?

ネットでは宮川紗江選手より立場が上の塚原千恵子さんの録音は証拠能力は低いとの意見がありました。

 

ただ、相手に無断で会話の内容を録音していたとしても、それが通常の対話の際に録音されていたという程度であれば、証拠になりうるようです。

 

しかし、例えば相手に拷問を加えることにより話をさせたような場合は証拠にならないとのことです。

スポンサーリンク

朝日生命が宮川紗江を引き抜きパワハラ?

2018年8月29日に宮川紗江選手が自らへの暴力行為で日本体操協会から無期限の登録抹消された、速見佑斗コーチに関する一連のパワハラ騒動について、都内で会見を開きました。

 

しかし、そこでは日本体操協会の塚原千恵子さんからパワハラ行為があったと告白したのです。

「(速見コーチの)暴力を認めないと、あなたが厳しくなる。あのコーチはダメ。だからこそ伸びない。私は速水より100倍良く教えられる」

「家族でそういうのはおかしい。宗教みたい」

オリンピックに出られなくなるのよ

塚原千恵子 パワハラ
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

 

パワハラ・脅迫したのは女子強化本部長で塚原千恵子さんで、「五輪に出られなくなる」と圧力

それだけでなく、宮川紗江選手の家族をまとめて「おかしい」「宗教みたい」と人格否定したのでした。

塚原千恵子が宮川選手を朝日生命に入れるため速見佑斗を処分?

塚原千恵子さんはパワハラ行為を行い、塚原千恵子女子強化本部長が女子監督を務める、朝日生命体操クラブに金メダルが取れそうな宮川紗江選手を加入させようとしていました。

 

宮川紗江選手によると、塚原女子強化本部長の付き人から「朝日生命で練習で出来るし、朝日生命の寮も借りられる」「何かあったら相談しなさいよ」等と言われ、朝日生命入りへ心を揺さぶってきたようです。

塚原千恵子 パワハラ
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

 

しかし、速水コーチの聴取すら行われていない不明確な状態ですぐに処分し、朝日生命に勧誘してきたので、宮川紗江選手は朝日生命に入れる目的だと気づき、断ったのでした。

「速水コーチの聴取すら行われていない段階で、最初から過去の暴力を理由に朝日生命に入れる目的だと確信し絶望した。強化本部長が大きく関わっていたのは間違いない

「私の意志は朝日生命に入ることではなく、コーチと一緒にやっていくことなので、心は動かなかった」

 

もともと、この速水コーチのパワハラは2、3年前の話でなのに急に匿名で通報されてパワハラが発覚。

さらに被害者の宮川紗江選手はパワハラを否定と、不可解なところがありました。

 

そのため、宮川紗江選手の言ったとおり、過去の暴力を理由に金メダルが取れそうな宮川紗江選手を朝日生命に入れる目的というのが辻褄が合っているように思えます。

 

実際にこれを納得している賛同者が多く、黒幕は塚原千恵子女子強化本部長ではないかと言われています。

塚原千恵子の録音は盗聴で犯罪・違法にならない?宮川紗江の音声内容が威圧的!

塚原千恵子さんの録音に関しては現在は言った言わないと問題が多発しているので、上の責任問題とならないように証拠を残すとして当然の処置かと思います。

 

また、塚原千恵子さん録音に関してはそもそも盗聴でないですし、そもそも盗聴自体は犯罪・違法ではありません。

 

ただ、これだけで証拠になるかというのが疑問であり、「高圧的ではない」と言っておきながら明らかに高圧的な態度を取っています。

 

果たしてこの録音データにより、どういった判決になるのか今後も注目ですね。

 

せばな~

宮川紗江のほくろ占いが運勢ヤバイ!除去後と比較!ブサイクすぎるは嘘!

塚原千恵子夫妻の引き抜き手口!朝日生命体操クラブが引き抜いた選手は?