2017年8月8日放送の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」では、免疫力を上げるために細胞にある産毛が大事だと紹介します。

 

いったい、その細胞にある産毛とはどんな役割をして効果があるのでしょうか?

また、この産毛がないとどんな危険性があり、その産毛をどうやって育てていけばよいのでしょうか?

 

ということで今回は、細胞にある産毛の役割や、上手く働いていない時の危険性、どうやって危険を回避するか調査したいと思います。


スポンサーリンク

細胞に産毛「糖鎖」とは?効果や危険性は?サプリで補うのが良い理由?

細胞に産毛のようなものとは、「糖鎖」と言い、ウイルス等の外敵かを判断し、他の細胞との情報交換を行う役割を担っています。

糖鎖とは
(画像引用元:http://www.riken.jp

そんな糖鎖の先端が触れることで敵か味方かの情報を知り、他の細胞と情報交換を行うことで免疫が正しく「敵」のみを攻撃したり、その攻撃の効率が上がっているのです。

糖鎖が異常だと様々な病気にかかる?

糖鎖は外敵の他の細胞との情報交換を行う役割になっているので、逆言えば糖鎖が正しく機能していないと様々な敵の侵入を許して様々な病気になりやすくなります。

 

その病気は、「不妊症」「発達障害」「アレルギー疾患」「高血圧」「糖尿病」「うつ病」「骨粗鬆症」「癌」「アルツハイマー病」等と様々です。

糖鎖 効果
(画像引用元:http://1.bp.blogspot.com

さらに敵と間違えて自分に攻撃をしてしまって、自己免疫疾患、脳細胞への攻撃による脳の病気なってしまいます。

 

それだけでなく、細胞との正しい情報交換ができなくて代謝異常、ホルモンバランスが崩れたり、構造維持異常でシミ・くすみと肌の悩みも出てきます。

 

そういった様々な危険性があることもあり、最近の研究では病気になるのは糖鎖の役割である正しく情報交換をしていないことが最大の原因と、糖鎖の役割の重要性を明らかにしているのです。

スポンサーリンク

糖鎖の栄養素はサプリで補うしかない?

正しく機能をしないと免疫力低下で様々な危険性がある糖鎖ですが、実はこの栄養素は殆ど食品から摂ることができない物もあります。

 

糖鎖には8つの糖質栄養素(単糖類)の複雑な組み合わせで出来ています。

 

そのうちグルコース(ブドウ糖)とガラクトース(乳糖)の2つは、ブドウ糖は炭水化物等、乳糖は乳製品等から取ることができます。

 

しかし、それ以外の6つの必要な栄養素は殆ど食品から取れずに肝臓で作られます。

 

そのため、中々8つの糖質栄養素を十分に取れないのであれば、以下のようなサプリ等で補うというのも手です。

 

特に肝臓で出来ればよいといっても、現代はストレスや酒を飲んだり等で肝臓が弱っています。

 

そのため、上手く作れずに弱ってしまう可能性があるので補助としてサプリ等の別の手段を考えてみてください。

細胞に産毛「糖鎖」とは司令役!効果を補うのにサプリも手段?

敵の情報を知り、正しく情報を伝達と大事な役割をしている「糖鎖」。

 

最近の研究では更に糖鎖の重要性を訴えているので、みなさんも気をつけましょう。

 

そして、どうしても食品だけでは補えないのなら、サプリ等で補って免疫力高めて行きましょう!

 

せばな~