2017年のM-1グランプリで優勝し、ブレイクしたとろサーモンですが、創価学会員ということで話題になっていました。

 

そんなとろサーモンは、なぜ創価学会に入ったのでしょううか?

また、創価学会ではどんな活動をしているのでしょうか?

 

ということで今回は、とろサーモンが創価学会に入信した経緯と、活動内容を調査したいと思います。


スポンサーリンク

とろサーモンは創価学会!村田の誘いで久保田入信!

とろサーモン プロフィール

とろサーモン 創価学会
(画像引用元:https://s.eximg.jp

名前      久保田 和靖
生年月日    1979年9月29日
出身地     宮崎県宮崎市(旧:宮崎郡清武町)
血液型     O型

名前      村田 秀亮
生年月日    1979年12月3日
出身地     宮崎県宮崎市
血液型     AB型

 

大阪NSC22期生で、一緒にNSCを受験したが久保田かずのぶさん不合格となり、1年ズレてNSCに入っていました。

 

そんな久保田和靖さんは相方を23人替えており、2002年に村田さんと「とろサーモン」を結成しました。

 

それから003年に初めて準決勝に進出して以降はほぼ準決勝どまりで、2017年現在、準決勝の最多出場回数記録の10回となっています。

 

そのため、実力は確かで、2005年オールザッツ漫才 準優勝、2006年第27回ABCお笑い新人グランプリで最優秀新人賞、2008年第38回NHK上方漫才コンテスト最優秀賞等と受賞しています。

 

そして、2017年にM-1グランプリでは史上初のファーストラウンドを3位で通過して優勝し、ラストイヤーでの優勝を飾りました。

とろサーモンは創価学会員?入信の経緯は?

2017年12月にとろサーモンが宗教法人創価学会の新たな広告塔になったと、「週刊新潮」が報じられたことで明らかになりました。

 

実は聖教新聞にとろサーモンの久保田かずのぶさん、村田秀亮さんが掲載されている情報があり、噂がありました。

 

そして、今回の「週刊新潮」が報じられたことで、とろサーモンが創価学会員であることが明らかになったのでした。

 

「週刊新潮」によると久保田かずのぶさんは学会員ではなかったが、高校卒業の頃に、村田秀亮さんから勧誘されたことで入信していたのです。

 

そのため、村田秀亮さんはもともと創価学会員であり、久保田かずのぶさんは勧誘されてしまったようです。

スポンサーリンク

とろサーモンの創価学会の活動は?ナイツ超えの広告塔?

現在は、とろサーモンは創価学会では男子部の地区リーダーと副リーダーを務めるほどの地位を持っています。

 

そして、2018年の正月に行われた創価学会の“新年勤行会”では、とろサーモンの話題が出るほど、創価学会でも期待されているのです。

 

そんな創価学会の芸人といえばナイツが有名であり、動画配信サービス「SOKAチャンネル」で出演して広告塔として熱心に布教活動をしているのです。

ナイツ「何があってもあきらめナイッ!!」

とろサーモン久保田 創価
(画像引用元:https://vod.sokanet.jp

ちなみに、ナイツの塙宣之さんは練馬・江古田正義本部の男子本部長、土屋伸之さんは中野・野方部の男子部部長を務めているとのことです。

 

そして、新年会で話題に出たことや、新たな広告塔になったこともあり、ナイツのような要職を任され、熱心な布教活動をするのではと噂されています。

 

確かに石焼き芋屋(芋神様)のネタを見ると妙に本格的に見えるなと思ったら、プロの犯行だったようですね…

とろサーモン 創価学会
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

とろサーモンは創価学会!村田の誘いで久保田入信して活躍?

とろサーモンが創価学会という事が明らかになり、M-1グランプリでブレイクした事により活躍が期待されているようです。

 

そして、ナイツのような要職に就くと期待されていますが、布教芸人としてどんな活躍をしていくのか注目ですね。

 

せばな~