2018年4月23日に映画「となりの怪物くん」も舞台挨拶イベントが行われましたが、運営の対応がクソだったと炎上しているようです。

 

そんな映画「となりの怪物くん」も舞台挨拶イベントで運営はどのような対応をとっていたのでしょうか?

 

ということで今回は、ツイッターでの証言のもと、となりの怪物くん舞台挨拶イベントの運営が酷かったことを紹介します。


スポンサーリンク

となりの怪物くん舞台挨拶イベントの運営がクソの理由?

映画「となりの怪物くん」も舞台挨拶イベントが2018年4月23日18時30分に開演しましたが、多数の当選して入場チケットを持っていた人が入れない事件が起きました。

 

 

どうやら時間どおりに来たけど、既に満員だったらしく、当選したのに入れないと言われてしまったようです。

 

しかも証言には当選したのは750人ほどいたと「めざましテレビ」では報道されているが、当選者は550人とかさ増し報道したりとやりたい放題です。

 

そんな、運営の対応について、どのような対応を行われていたのかまとめていました。

当選者数は座席数関係なく当選させていた

今回運営をしていたのは東宝株式会社ですが問い合わせた所、座席数関係なく多く当選させているのでした。

 

そのため、当選者に送られるメールには、

  • 座席は先着順ではないこと
  • 早く来ても座席は選べない
  • 満員の際は消防法により入れない場合があること

と、一応「消防法により入れない」として、当選しても満員で入れないことをやんわり説明しておりました。

 

しかし、これだけ「当選者なのに入れない!」という声が大きいということは、運営の説明不足は明らか

 

そもそも、座席数に合わせて当選すれば、このような混乱は起きないと運営システムの甘さが悪いと思います。

スポンサーリンク

電話対応が酷い

当選したのに満員で入れないとして東宝株式会社に電話した際には、

「しつけーんだよ。あきらめろよ」

「うるせー」

等の、電話対応している人以外の外野の声が露骨に聞こえたそうです。

 

確かに運営の下の人達は、毎度毎度このような抗議の声にうんざりして「うるさい」と愚痴を漏らしたくなるのも分かります。

 

しかし、本当に思っていたとしても客にそのような発言をするのは運営する側としていただけませんね

 

また、このような電話対応している人の不満を聞き入れ、東宝株式会社の上の人たちが先程言った座席数に合わせて当選させたり等と改善すれば誰もが幸せになるのにと運営の上の人達の怠慢が起こしたものとした思えません…

となりの怪物くん舞台挨拶イベントの運営がヤバい!

となりの怪物くん舞台挨拶イベントですが、ツイッターの証言を見る限りでは酷いです。

 

しかも、自分でもすぐに思いつく改善すれば、簡単にファンも電話対応している運営も不満が無くなるのにやらないのかよく分かりません。

 

運営の東宝株式会社にはこのような不満を聞き入れ、誠意ある対応をしてもらいたいと思います。

ヨシコヨシコ

なんで座席数に合わせて当選させないの?(疑問)
そしてちゃっかりかさ増し報道する「めざましテレビ」(笑)
せばな~