2018年8月15日になぜかツイッターのアカウントが次々と凍結される「凍結祭り」が行われているようです。

 

なぜ凍結祭りが起きてしまったのでしょうか?

 

ということで今回は、凍結祭りについて、

  • なぜ凍結祭りがおきたの?
  • 凍結祭りに乗じてこっそりリムーブ騒ぎ!

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

凍結祭りの理由は?回避しようとしたアカが対象でヤバイ!

日本のツイッターでは8月16日朝からアカウントが次々と凍結されていることから「凍結祭り」が起きているようです。

実際に15日夜以降のフォロワーが減少して「フォロワーが減った」という声が続出しており、「凍結祭り」といったワードがトレンドに入りをしているのです。

凍結祭りの理由は凍結回避しようとしたから?

今回の凍結祭りの理由は、凍結を回避しようとしたアカウントの凍結されているようです。

 

米Twitterは14日に「凍結を回避しようとした」アカウントの凍結を実施すると告知。

 

過去にツイッター違反する攻撃的な行為をした方々が、永久凍結に備えて別のアカウントを作成した凍結回避用の新しいアカウントを凍結したのです。

さらに凍結を回避しようとしたアカウントの凍結について「継続的な取り組み」とのことで、凍結祭りは長引きそうです。

 

ただし、間違って凍結される場合もあるので、その際はご連絡すれば凍結解除されるようです。

スポンサーリンク

凍結祭りに乗じてこっそりリムーブでも騒動!

そんな凍結祭りに乗じて、付き合いから関係を切れないアカウントをリムーブ(フォロワーを辞める)する方も多数いるようです。

 

確かに関係を断ち切りたいとリムーブしたいが、リムーブしてしまうと何か言われないかと心配です。

 

そこで凍結祭りに乗じて、凍結にカモフラージュしてリムーブをしている方もいるようです。

 

そのため、もしかしたら凍結祭りでフォロワーが減ったのではなく、単に嫌われてリムーブで関係を切られた可能性もありますので気を付けて下さい。

凍結祭りの理由は回避しようとしたアカでヤバイ!解除法は連絡?こっそりリムーブも!

今回の凍結祭りは凍結を回避しようとした別のアカウントが対象となって凍結されているようです。

 

ただ、間違って凍結される場合もあるので、その場合は連絡すれば解除されるので焦らずに連絡して下さい。

 

そして、これに乗じて嫌いな方と関係を断ち切ったりもしていると非常なことも行われているのでした…

 

そんな凍結祭りですが、ツイッター社によると長引くのでどこまでフォロワーが減るのか気を付けてくださいね。

 

せばな~