平手友梨奈さんがなぜか「卒業」ではなく「脱退」と言う言葉を希望したため、「卒業」と「脱退」の違いは何なのかと話題になっています。

 

そんな、「卒業」と「脱退」の違いは?

また、そもそもなぜアイドルでは辞めることを「卒業」と言い始めたのでしょうか?

 

ということで今回は、平手友梨奈さんについて、「卒業」と「脱退」の違いと、卒業が使われた理由を調査したいと思います。

スポンサーリンク

平手友梨奈の脱退と卒業の違いは?アイドルで卒業の使う理由?

平手友梨奈の脱退と卒業の違いは?

脱退と卒業の違いは、「卒業」はやることを全てできて円満に終わること、「脱退」は全て成し遂げれずに途中で終わる不完全燃焼のことを指しているようです。

 

まずwikiによると、卒業は円満退社、脱退は何かしらのトラブルにより途中で終えることを言うようです。

先のWikipediaには、「メンバー本人の都合または所属事務所との協議での了承を得た脱退(円満退社)は卒業、一方でメンバーの不祥事(スキャンダル)および何らかのトラブルから、所属事務所に損害または不利益を被らせた場合に責任をとる意味での脱退(解雇)は脱退という表現を使用していると解釈できる」とある。

引用:女性アイドルグループからの「卒業」と「脱退」

 

また、早見あかりさんは卒業ではなく、脱退としたのは全て何も成し遂げていないからとのことです。

あえて卒業ではなく「脱退」と言葉にしてきたのは、「ももクロでやりたかったことを成し遂げていないから。頑張りきっていないのに厚かましい、決別の意味を込めての脱退」と、あくまでもネガティブなものではないと主張。

早見はメンバーに脱退を伝える際、「アイドルは向いていなかった」と答えている。これに、「支えられなかった」「アイドルとして楽しい思いをさせてあげられなかった」とファンは感じ、絶望していたと明かす。

早見は「楽しかったけど向いてなかっただけ。つまらなかったわけじゃない」と涙ながらに答える。指原莉乃も同じ元アイドルという立場から「本当のこと言うのって今更だし、恥ずかしい部分もある」と共感、「あかりんとファンがわかりあえた」と涙を滲ませた。

引用:早見あかり、ももクロ脱退・不仲説の真相を号泣告白 「あえて卒業と言わなかった」

 

そのため、「卒業」はすべて成し遂げてやりきって辞めることを指し、「脱退」は全て成し遂げずに途中で辞めたとの表現になっていると思われます。

アイドルで「卒業」を使う理由?起源は?

アイドルで辞めることを「卒業」を使ったのは「おニャン子クラブ」がきっかけで、「モー娘。」が脱退だと重くなるので前向きな「卒業」を使って流行らせました。

 

「卒業」を使ったのは「おニャン子クラブ」がきっかけで、当初はおニャン子クラブは女子高生たちの放課後のクラブ活動のような雰囲気なので脱退を「卒業」と比喩的に呼ぶことにしました。

そもそも素人の女子高生を多く含んだおニャン子クラブは女子高生たちの放課後のクラブ活動のような雰囲気が最大の売りだったわけで、その意味では、そこからの脱退を「卒業」と比喩的に呼ぶことは、グループのコンセプトにも合っていたのだろう。特に中島美春の場合は、自身が高校卒業とともにグループを辞めた時にメインボーカルを務めたおニャン子のシングルが『じゃあね』という曲だったこともあり、「卒業」でも違和感なく受け止められたのかもしれない。

引用:女性アイドルグループからの「卒業」と「脱退」

 

それから、モー娘。が当初は「脱退」を使っていたが、負のイメージを連想させない前向きな意味合いとして「卒業」という言い方使い始めました。

しかし、モーニング娘からの「脱退」は徐々に「卒業」という言葉に置き換えられていくようになる。モーニング娘というグループが大きくなるにつれ、そこからの離脱は、何が起こるかわからない波乱のドラマの一幕としてよりも、一緒に頑張ってきた仲間たちに送られて旅立っていく儀式のように捉えられるようになったことの表れとも考えられる。

いずれにせよモーニング娘はある時期から、グループを離れることをイメージ戦略上、意図的に「卒業」と呼ぶようになり、何かしら問題を起こして辞めるか、辞めさせられるような場合を除いて、「脱退」という言葉は使わないようになったようだ。

引用:女性アイドルグループからの「卒業」と「脱退」

 

それから途中で抜け出すのを「脱退」、全て頑張って終えた方々に負のイメージを残さないために「卒業」が使われ始め、アイドルでは脱退ではなく卒業を使うようになったのです。

スポンサーリンク

平手友梨奈が卒業ではなく脱退

平手友梨奈さんは他のメンバーが卒業を使うのに対して、脱退と宣言して話題になりました。

 欅坂46の平手友梨奈(18)が、グループを脱退することが23日、発表された。織田奈那(21)、鈴本美愉(22)の卒業と、佐藤詩織(23)の休業も同時に発表され、グループにとっての大激震となった。関係者によると、いずれもグループを去る中で、平手が「脱退」で、織田と鈴本が「卒業」としたのは「平手が『脱退』という言葉を希望したため」という。

引用:欅坂46・平手友梨奈、「卒業」ではなく「脱退」は本人の強い希望

スポンサーリンク

平手友梨奈 プロフィール

平手友梨奈 無気力ダンス
(画像引用元:http://www.officiallyjd.com

愛称      てち、てちこ、ひらてち、ひらてちゃん
生年月日    2001年6月25日
出身地     愛知県
血液型     O型
身長      164 cm
活動
デビュー    2015年
ジャンル    アイドル
所属グループ  欅坂46
活動期間    2015年 ~

 

中学時代、部活動以外に目標がなく、他のことに挑戦して自分を変えたいと思い、欅坂46の1期生オーディションに応募した平手友梨奈さん。

 

そして2015年8月21日に欅坂46の1期生オーディションに合格し、東京で寮生活を始めます。

 

2016年4月6日に欅坂46の1stシングル「サイレントマジョリティー」でCDデビューでセンターを務めるだけだなく、同シングルのカップリング曲「山手線」で初のソロ曲も務めています。

 

その後のシングルでもセンターを務めてあげており「不動のセンター」として呼び声高く、人気でした。

 

2016年3月には「Mac Fan」で初の単独表紙、7月「徳山大五郎を誰が殺したか?」でテレビドラマに初出演しています。

 

2017年欅坂46の5thシングル「風に吹かれても」においても5作連続でセンターを務め、同年12月31日「紅白」では圧巻のダンスパフォーマンスで話題になっていました。

 

2018年9月14日公開「響-HIBIKI-」で映画初出演にして初主演を飾っています。

平手友梨奈の脱退と卒業の違いは不完全燃焼?アイドルで卒業の使う理由・起源はおニャン子!

「卒業」は全てやりきって抜けること、「脱退」は不完全燃焼で全てをやり終えずに抜けることをさしているようです。

 

そして、卒業を使ったのはおニャン子がきっかけで、流行らせたのはモー娘。が負のイメージをなくすために卒業を使ってからでした。

 

そんな中で平手友梨奈さんが脱退を使ったということは、何かしらの不完全燃焼で欅坂を抜けるということでしょう。

 

色々困惑すると思いますが、まずは平手友梨奈さんの思いを受け取り、その後の活動がより良くなることを祈っています。

 

せばな~

スポンサーリンク