テレ朝が自社で報道しなかったセクハラ問題について、小松靖アナと報ステで発言した後藤謙次さんの発言に賛否が別れていて話題になりました。

 

そんな後藤謙次さんと小松靖さんの発言と周りの反応は?

 

ということで今回は、後藤謙次さんと小松靖さんの発言とその反応について紹介したいと思います。


スポンサーリンク

テレ朝セクハラ問題で小松靖と報ステ後藤謙次の発言で賛否分かれた!

テレビ朝日は2018年4月19日に同局が女性社員が福田淳一財務事務次官からセクハラを受けていたと公表しました。

テレ朝 セクハラ問題
(画像引用元:https://www.fnn.jp

 

そして当初、女性社員がセクハラを上司に相談したところ「上司は放送すると本人が特定され二次被害が心配されることなどを理由に報道は難しいと伝えた」と説明したこと。

 

篠塚局長が「セクハラの情報があったにも関わらず、適切な対応ができなかったことに関しては、深く反省をしています」と述べたことも伝えました。

 

このため、女性記者はセクハラ被害が黙認されつづけてしまうのではないかという強い思いから「週刊新潮」に連絡し、取材を受けたのでした。

 

確かにセクハラをした人が一番悪いですが、このようにテレ朝は隠蔽し、女性記者を向かわせてセクハラ被害を起こす温床を起こしているとして大問題となっているのでした。

 

実際にそのテレ朝の取材方法や、その後の対応にセクハラ被害を起こす温床と隠蔽をしていると批判的な声が多く寄せられていました。

報ステ後藤謙次「ギリギリセーフ」

そんなテレ朝の取材方法と対応が批判されている中で、「報道ステーション」では後藤謙次さんが「ギリギリセーフ」と発言しました。

後藤謙次さん曰く「記者会見をして事実公表したことで、ギリギリセーフ」ということですが、既に被害が出ているのでどう見てもアウト。

 

周りも、「既にアウトだろ!」という反応が多く、後藤謙次さんの発言は問題視されました。

スポンサーリンク

テレ朝小松靖「テレ朝の信頼は地に落ちた」

そんな中でテレ朝の小松靖さんは自社で報道しなかったセクハラ問題について『テレ朝の信頼は地に落ちた』『一から出直さなければいけない』と神妙な面持ちで発言していました。

小松靖アナはテレ朝で自社を攻め立てる行為は、周りからも批判され孤立し、最悪退社させられる場合だってあります。

 

にも関わらず小松靖アナは「テレ朝の信頼は地に落ちた」等と言ったのは相当の覚悟だったはずです。

 

そんな小松靖アナの覚悟の発言は先程紹介した後藤謙次さんと比較されて好評の声が届いています。

 

テレ朝セクハラ問題で小松靖は好評!報ステ後藤謙次は批判殺到!

テレ朝セクハラ問題で報ステで後藤謙次さんは批判殺到、それに対して小松靖アナはしっかり現実を受け止めて発言したことに賛否が別れていました。

 

確かにこれは小松靖アナが正しく、後藤謙次さんの発言は明らかに擁護まんまんの発言にしか見えませんね。

 

もちろんセクハラした方が一番悪いですが、そのセクハラの温床を作った・隠蔽しようとしたテレ朝は次に悪いことを自覚してもらいたいですね。

ヨシコヨシコ

「報ステは」台本だからしょうがないのかもだけど、
これだと「報ステ」が身内には甘い報道しない自由といわれてもしかたないね(戒め)
せばな~