女子アナとして活動している田中みな実さんですが、「anan」にてなぜか“肘ブラ表紙”を飾り、話題をさらいました。

 

そんな田中みな実さんですが、いったいなぜ田中みな実さんは肘ブラと過激な画像を掲載したのでしょうか?

 

ということで今回は、田中みな実さんが肘ブラ画像を表紙に掲載した理由を調査したいと思います。


スポンサーリンク

なぜ田中みな実が肘ブラ?画像をさらした理由は?

アナウンサーまたはタレントとして活動している田中みな実さんですが、2017年9月に「anan」の「美乳」特集号で、衝撃の“肘ブラ表紙”を飾って話題となりました。

 

田中みな実の肘ブラ画像

 

田中みな実さんは肘ブラのオファー時は“脱げます”とノリノリだったそうで、撮影はセミヌードから撮り始め、次に下着を着けてのカットと過激な撮影だったようです。

 

しかし、その撮影した写真の中にはEカップ以上とされる胸が左腕一本で覆い隠そうにも、細いせいか左手の指の間からニップレスが見えてて生々しすぎて未公開になったものもあるのです。

 

そんな未公開の手ぶらあったそうですが、肘ブラはカメラマンが「肘が良いんじゃないか」と言われ、当初の予定である手ブラを辞めて、あの肘ブラ画像が出来たのでした。

肘ブラオファーを受けた理由は?

事務所との不仲から?

実は田中みな実さんと事務所関係者とは仲が悪いそうで、一緒に移動のタクシーに乗っていても会話はLINEで行うくらいです。

 

そして今回の肘ブラグラビアは事務所主導で進められた仕事であり、そこまで田中みな実さんは脱ぐとは知らなかったとのことです。

 

そのため、田中みな実さんはあそこまで脱ぐとは知らずに激怒しており、写真のセレクトをさせろと編集部にも強硬にねじ込んできたと言われています。

 

話題なった肘ブラ画像も本当は田中みな実さんとしてはカットしたかったとのことですが、なんとか説得して肘ブラ掲載に至ったとのことです。

ライバル女子アナに対抗意識から?

田中みな実さんは「ひるキュン!」「ジョブチューン アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」「もしかしてズレてる?」等とテレビ・ラジオ合わせて週6本のレギュラーを活躍しています。

 

ところが同じフリーアナウンサーで同じ立ち位置にいる高橋真麻さんや川田裕美さん等の台頭により、焦りで肘ブラ画像を出したと言われています。

 

そんなライバル女子アナはMCとの相性も良くてアナウンス技術もあり、好感度もあって、恋愛関係等とプライベートもおおっぴらに話せるのでバラエティ番組にも向いています。

 

一方、田中みな実さんは藤森慎吾さんとの交際・破局話もタブーとされたりと、起用するにもあ扱いづらい面があります。

 

そのため、週6本のレギュラーを活躍しているが、ライバル女子アナの台頭により、打破しようと肘ブラ画像で話題になろうと画策したのでした。

田中みな実の肘ブラ画像はイマイチ?

肘ブラ画像により話題なった田中みな実さんですが、実は思ったほど話題になっておらず、男性からも女性からも具体的な感想が出てこないとのことです。

 

確かにターゲットを男性にするにしても女性誌「an・an」に掲載したため外れておりターゲットとされていた女性からも肘ブラは微妙であまり共感されずに中途半端になったようです。

 

そんな田中みな実さんの肘ブラは中途半端な評価で終わったため、思ったほど話題にならずに不発とも言われています。

スポンサーリンク

田中みな実 プロフィール

田中みな実 肘ブラ
(画像引用元:https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com

本名      田中エイミーみな実
愛称      みなみん エイミー みなちゃん
出身地     埼玉県朝霞市
生年月日    1986年11月23日
血液型     A型
最終学歴    青山学院大学
所属事務所   テイクオフ
活動期間    2009年~

 

アメリカで出生した田中みな実さんはミドルネームを付けられており、小学6年時に日本に帰国しています。

 

大学時代にサークルのマドンナ的存在で憧れの先輩・小川彩佳さんがアナウンサーに内定したのでアナウンサーの仕事に興味を持ちます。

 

そんな田中みな実さんは大学時代はファッション雑誌やポスターでモデルの仕事も経験し、2007年には「ミス青山コンテスト2007」に出場して準ミスに選ばれています。

 

2009年の青山学院大学卒業後にTBSテレビ入社し、同年4月には「アナCAN」でデビューし、映画「レイトン教授と永遠の歌姫」の女性客役で声優デビュー、10月には「サンデージャポン」に初出演、「アカデミーナイト」を担当します。

 

2010年には人気番組「関口宏の東京フレンドパークII」のアシスタントで出演し、2011年には「サタデーずばッと」で最終回まで出演し続けます。

 

2013年には「サンデージャポン」の司会進行に昇格しており、映画「コドモ警察」に出演してもいます。

 

2014年にTBSを退職しフリーアナウンサーになります、引き続き「有吉ジャポン」「ジョブチューン アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」、ラジオ「田中みな実 あったかタイム」「ジョブチューンR」は引き続き出演します。

 

それだけでなく、同年10月にははフジテレビ「ニュースな晩餐会」にてTBSではない他局で初めてレギュラー出演します。

 

2016年には情報番組「ひるキュン!」で情報番組で初のメーンMCで昼帯番組の初レギュラーを獲得します。

なぜ田中みな実が肘ブラかはライバル女子アナに対抗が理由?画像晒すも不発?

ライバル女子アナの台頭により、一肌脱ぎ、ここまで脱ぐとは当初自分も思っていなかったようですが、肘ブラまで見せた田中みな実さん。

 

そんな田中みな実さんの頑張りで話題なりましたが、男性か女性とどちらかのターゲットに振り切れておらず中途半端で思ったはぼど話題にならなかったようです。

 

しかし、こうやって週6本のレギュラーを抱えてもおごらず、肘ブラ等と体を張ってライバル女子アナに対抗する田中みな実さんは素晴らしいと思います。

 

今後も体当たりで、女子アナもしくはタレントとして活躍することを期待しています。

 

せばな~