竹内涼真さんがTBSのサッカーワールトドカップ中継でスペシャルサポーターに就任してかなり感激していることが話題になっています。

 

そして竹内涼真さんが感動する理由は、実はサッカーのプロを本気で目指していて、怪我断念した過去があったからでした。

 

そんな竹内涼真さんのサッカー時代とは?

 

ということで今回は、竹内涼真さんの味わったサッカー時代について紹介したいと思います。


スポンサーリンク

竹内涼真 プロフィール

竹内涼真 画像
(画像引用元:http://interest.makomizz.com

本名      竹内 崚
生年月日    1993年4月26日
出生地     東京都
身長      185 cm
血液型     A型
職業      俳優・モデル
ジャンル    テレビドラマ・映画・CM
活動期間    2013年~
事務所     ホリプロ

 

5歳からサッカーを始めた竹内涼真さんは、ヴェルディサッカースクール相模原、高校時代に東京ヴェルディユースに所属とプロのサッカーを目指していました。

 

ところが「自分はプロ選手にはなれない」と思いサッカーを断念し、妹の後押しで芸能界の道を選ぶことにしました。

 

2013年4月に知人の勧めで応募した女性ファッション誌「mina」初の男性専属モデルオーディション「minaカレグランプリ」でグランプリを獲得した事でホリプロに所属して芸能界入りを果たします。

 

2013年10月にはミニドラマ「車家の人々」で俳優デビューをしており、俳優としての活動も始まります。

 

そんな竹内涼真さんはデビュー以前から仮面ライダー役を演じることを目標にしており、2014年10月から「仮面ライダードライブ」で主演となって目標を達成していきます。

 

2015年にはドラマ「下町ロケット」、2016年にはドラマ「時をかける少女」「THE LAST COP/ラストコップ」等に出演していきます。

 

そして、2017年6月5日から連続テレビ小説「ひよっこ」に出演したことで知名度が高まり、同年7月12日に「過保護のカホコ」でヒロインの相手役としてブレイクします。

竹内涼真のサッカー時代!ポジションはどこ?プロ目指して怪我等と挫折の連続?

竹内涼真さんは5歳からサッカーをはじめ、ヴェルディサッカースクール相模原、高校時代に東京ヴェルディユースに所属したりと本気でプロのサッカーを目指していました。

 

ちなみにポジションは下記の画像に書かれている通りDFだったとのことです。


(画像引用元:https://pikaribox.com

 

実際に現在俳優として活動していますが、サッカーが上手い所を見せております。

 

ところが、竹内涼真さんのサッカー時代はなかなか試合に出れず、最終的に怪我でサッカーを諦める挫折の連続だったのでした。

ヴェルディユース時代の竹内涼真

竹内涼真さんはレベルの高いクラブチームであるヴェルディサッカースクール相模原に通い、セレクションを経て高校時代はヴェルディユースに所属しました。

 

ヴェルディサッカースクール相模原はジュニア(幼稚園・小学生)が対象ですが、本格的なクラブで小学生といえども月謝は7000円~10000円と高額で本気でプロを目指すところでした。

竹内涼真 サッカー時代
(画像引用元:https://i.ytimg.com

そんなヴェルディサッカースクール相模原で鍛え、厳しいセレクション(選抜)を経て、ヴェルディユースに所属しました。

 

ヴェルディユースはラモス瑠偉、武田修宏等の日本を代表する選手が所属していた超有名強豪チームなのです。

 

そこに選抜で選ばれるだけでもすごいですが、ヴェルディユースに所属後は試合に出れずに挫折を味わっていました

竹内涼真 サッカー時代
(画像引用元:https://dogatch-static-data.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

それもそのはず、ヴェルディユースでは関東でも指折りの選手が集まっているので、試合に出る選手は将来の日本代表となれる逸材ばかり。

 

そのため、竹内涼真さんも頑張っていたのでしたが、試合になかなか出れず、ヴェルディユースからのプロ昇格は叶いませんでした。

スポンサーリンク

大学に進学するも怪我でサッカー断念

それでも諦めない竹内涼真さんはサッカー推薦を受けて立正大学に進学し、プロサッカーを目指します。

 

そんな立正大学サッカー部は東京都大学サッカーリーグ1部、関東大学サッカーリーグ2部で全国的にはレベルが高いことで知られています。

 

そこに竹内涼真さんは実家の東京都町田から埼玉県熊谷まで二時間以上をかけて通い、立正大学にてプロにサッカーになろうと練習を続けていたそうです。

 

ところが、20歳の時にサッカー選手とって致命的な右足首に大怪我を負ってしまうのでした。

 

それでも竹内涼真さんは諦めなかったのですが、同期が日本代表に招集されるのを見て、ついに心折れ「自分はプロ選手にはなれない」と思いサッカーを断念したのでした。

サッカーを断念して俳優へ

サッカーを断念した竹内涼真さんは、2013年4月に知人からの勧め「mina(ミーナ)」という女性誌で初の男性専属モデルの募集があり、やってみようと思ったのです。

 

しかし、ここまでしてくれた家族等の周りの応援に応えることが出来ずに葛藤し、相談が出来ずにいました。

 

そこで唯一相談できた妹・ほのかさんに相談したところ、

「芸能界、いいんじゃない?」

と、後押ししてくれたのです。

 

その妹の後押しに応募した「minaカレグランプリ」でグランプリ、現在の「竹内涼真」として芸能事務所ホリプロに所属して俳優として活躍することが出来たのでした。

竹内涼真 サッカー時代
(画像引用元:https://prtimes.jp

そして、現在は俳優からタレントという形で、サッカーに携わることが出来、TBSのサッカーワールトドカップ中継でスペシャルサポーターに就任したのでした。

竹内涼真のサッカー時代!ポジションはDF!怪我でプロ断念から俳優で活躍!

竹内涼真さんのサッカー時代は挫折が多かったようですが、その努力は決して無駄ではなく、現在の芸能界でかなり役立っています。

 

そして、TBSのサッカーワールトドカップ中継でスペシャルサポーターに就任したりと、遠回りしましたが、大好きなサッカーに携われて良かったですね!

 

今後も俳優としてだけでなく、大好きなサッカーにも携わる仕事で活躍してください!

ヨシコヨシコ

無駄ことなんて何もなく、活かす殺すも自分次第だね!(名言)
せばな~