沢尻エリカさんが逮捕されましたが、元旦那である高城剛さんは現在どんな活動をしているのでしょうか?

 

ということで今回は、沢尻エリカさんの元旦那の高城剛さんの現在を調査したいと思います。

スポンサーリンク

高城剛の沢尻エリカの反応と現在は?元旦那はエリカ様の大麻を告発していた?

高城剛の沢尻エリカの反応と現在?

高城剛さんは「高城未来研究所」として地球規模で企業や個人のコンサルティングをする仕事をして、世界を股にかけて活動をしています。

 

またツイッターによると、現在はコミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍しているとのことです。

 

そしてツイートではアパレル業をしており、仕事も趣味も多岐にわたっているようです。

 

そんな中で、沢尻エリカさんが逮捕される前後にツイッターでは大麻の話をして、かなり意味深に見えました。

 

実は高城剛さんは大麻解禁を推奨しており、東京や大阪で「日本製大麻」を作ったほうが良いと発言しています。

日本でも2020年代初頭には、まず医療大麻から解禁になるんじゃないでしょうか。国内のあらゆる方面からの話を聞く限り、恐らく医療用大麻に関しては2020年代の初頭には、完全に解禁されそうです。

そこで僕が思う第一候補が、東京です。輸送に便利な羽田周辺なら土地が空いてますし、地価も比較的安価。
万全のセキュリティ体制のもと、お金のかかった「日本製大麻」を東京で作ることが、粗悪で違法な大麻の流通に歯止めをかけることにも繋がるでしょう。

また、僕が考える第二候補は、大阪の夢洲です。2025年の万博が終わった跡地に、巨大な都市型大麻ファクトリーを作るんです。カジノと大麻ファクトリーを併設させれば、セキュリティ面でも効率がいい。さらに、その隣には、石油由来の薬は一切使わない医療大麻専用のクリニックを作る。そうすれば医療観光で、医療大麻が合法化されてないアジア諸国から大阪に人がやってくる。

引用:高城剛の未来予測「安全な『日本製大麻』を東京で」の好機到来?

このように高城剛さんは様々な未来予測をしており、その中で大麻についても多く語っていました。

高城剛は沢尻エリカの薬物依存を知っていた?

実は2013年に元旦那である高城剛さんが沢尻エリカさんが「大麻だけでなくエクスタシー(MDMA)も使用していた」と暴露していた過去がありました。

09年1月に高城氏と結婚した沢尻は、翌年4月に離婚協議に入ったことを報告。マスコミは一斉にこれを報じたが、それに高城氏が「寝耳に水」と反論。「本当のことを話してほしい」と呼び掛ける高城氏に対し、沢尻は関係者を通じて離婚を求めるのみで騒動はドロ沼化していた。

業を煮やした高城氏は、週刊誌の取材に「エリカを脱がせてカネにしようとしている連中がいる」などと暴露。「エリカの薬物依存は周知の事実」「大麻だけでなくエクスタシー(MDMA)なども使用していた」と証言し、エイベックスがそうした弱味を利用して沢尻を“奴隷化”していると明かした。

引用:やっぱりおカネ!? 沢尻エリカ、泥沼化していた高城剛との離婚がやっと決着したワケ

 

当時はあの沢尻エリカさんが薬物をするはずないと思い、高城剛さんがゴネているだけだと世論は思っていたはずです。

 

しかし、2013年から6年後の2019年に沢尻エリカさんがエクスタシー(MDMA)で逮捕されたことにより、高城剛さんの告発が事実だったことが証明されてしまったのでした。

スポンサーリンク

沢尻エリカのスターダスト解雇の理由は大麻?

沢尻エリカさんは2009年にスターダストを解雇されていますが、解雇された理由が事務所の薬物検査で沢尻エリカさんに対いまの反応が出たからです。

  彼女の前の所属事務所「スターダスト」は、俳優の押尾学や酒井法子が覚せい剤取締法違反で逮捕、検挙されたため、2009年9月に事務所をあげて所属タレントの薬物検査を実施し、沢尻が大麻常習者だとわかって契約解除した。その通知書を文春は手に入れたが、そこには「平成21年9月10日に本人の同意のもと薬物検査をしたところ大麻について陽性反応が示され、本人は大麻使用の事実を認めた上で、今後大麻の使用を止めることはできない旨を表明したことなどが、専属契約の第9条に該当することによるものです」と、契約解除の理由が書かれていたが、高城はこう語っている。

「当時、僕はスターダストの事務所に呼び出され、取締役F氏とマネージャーのK氏から、この件について直接聞きました。書類は間違いない」

引用:麻薬Gメン「沢尻エリカに重大な関心」大麻だけじゃない依存症

 

実際に2009年に所属事務所「スターダスト」から解雇されたのは、薬物検査で大麻の反応が出て認めたからだと報道されています。

「沢尻が以前所属した芸能事務所が彼女を契約解除した際、2009年9月付で送付したとされる『通知書』を入手。そこに、薬物検査で沢尻に大麻反応が出た上、本人も使用を認めたなどと書かれていたと報じたのです」(スポーツ紙デスク)

2019年6月15日 週刊実話

沢尻エリカ 大麻
(画像引用元:https://rr.img.naver.jp

 

さらに2012年5月24日発売の文春にて、沢尻エリカさんは奄美大島のパーティーに参加して大麻を使用したと報道されています。

沢尻エリカ 大麻
(画像引用元:https://oricoma.com

沢尻エリカ 大麻
(画像引用元:https://oricoma.com

 

それだけでなく2012年2月に週刊ポストでは、「新恋人はスペイン人の大麻インストラクター」と報じられています。

沢尻エリカ 大麻
(画像引用元:https://geitopi.com

このように、沢尻エリカさんの大麻は何度も報道されており、それが原因で解雇されたと言われているのでした。

沢尻エリカが合成麻薬MDMA所持で逮捕

沢尻エリカさんが合成麻薬MDMA所持で逮捕されました。

女優の沢尻エリカ容疑者が、16日、東京都内で合成麻薬のMDMAを所持していたとして、警視庁に逮捕されたことが捜査関係者への取材でわかりました。警視庁は、午後6時から詳しいいきさつについて説明することにしています。

捜査関係者によりますと、女優の沢尻エリカ容疑者(33)が、16日、東京都内で合成麻薬のMDMAを所持していたとして、警視庁に逮捕されたことがわかりました。

所持していた合成麻薬の量や逮捕に至る詳しい経緯についてはわかっていません。

警視庁は、午後6時から、逮捕した際の状況や詳しい経緯について説明することにしています。

引用:女優 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持の疑い

沢尻エリカ逮捕のMDMA(エクスタシー)とはラブドラッグ?

沢尻エリカさんが逮捕された原因である合成麻薬「MDMA」は「ラブドラック」「エクスタシー」と言われ、快楽が増して人のことが好きで好きでしようがなくなるようです。

 

また、このMDMAは最近ではKAZMAXさんが所持していたことで逮捕、有名なのは押尾学さんがMDMAで逮捕されています。

MDMAが日本で「下半身のクスリ」として使われるようになったのは10年ほど前から。エクスタシーという別名や、「ラブドラッグ」というジャンルに分類されて性行為のイメージとリンクされた。経口剤という手軽さとラムネ菓子に見える馴染みやすさから使用者が拡大。

引用:https://www.j-cast.com


法廷では、押尾被告が米国から危険を冒してMDMAを持ち帰っていたことや、女性を執拗にドラッグに誘う性癖も明らかになった。一体なぜ、押尾被告はこれほどMDMAにハマッたのか。

ラブドラッグともいわれるように、とにかく隣にいる人のことが好きで好きでしようがなくなる

引用:押尾もハマったMDMAとは?手軽さで人気も副作用で最後は地獄

このように、MDMAは相手のことを大好きにさせてしまう効果があり、沢尻エリカさんも恋愛関係でMDMAを使ったのかと思われます。

スポンサーリンク

高城剛の沢尻エリカの反応と現在!元旦那は大麻を告発していた?

高城剛さんの現在ですが、コンサルティングをする仕事しており、その中で大麻に関しても語っています。

 

何の因果かは分かりませんが、元嫁の沢尻エリカさんはMDMAで逮捕され、大麻に関して言われてしまっています。

 

果たして沢尻エリカさんの逮捕に、ちゃんとした反応を取るのか今後の高城剛さんの動向も気になりますね。

 

せばな~

スポンサーリンク