2017年5月28日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」では、あのゲームの達人・高橋名人が出演します。

 

実は高橋名人はゲームが超下手で、ゲーム会社の普通のサラリーマンだったと告白したのです。

 

ゲームが超下手となると、あの16連射も嘘だったのでしょうか…

 

また、高橋名人の名言「ゲームは1日1時間」で上司を激怒させた衝撃のしくじりも見せるのです!

 

ということで今回は、

高橋名人が下手で子供を騙した経緯

16連射は嘘なの?真相は?

「ゲームは1日1時間」の真相と上司を激怒させた理由は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

高橋名人 プロフィール

高橋名人 ゲーム下手
(画像引用元:http://ascii.jp

本名      高橋 利幸
生年月日    1959年5月23日
出身地     北海道札幌市西区琴似
血液型     O型
身長      163cm

 

北海道自動車短期大学に進学した高橋名人は、スーパーマーケット「札幌フードセンター」のアルバイトに熱中しすぎてそのまま入社して、3ヶ月で大学を退学しました。

 

3年間働いた1981年に青果部の主任となった高橋名人は仕入れや在庫の管理、伝票整理の面倒を解消するためにマイコンショップでシャープの「MZ-80B」を購入したことでゲーム業界に関わるきっかけとなりました。

 

それからしばらく使っていませんでしたが、ローンで支払うために勉強し、「札幌フードセンター」を退職して教える側の講師として働きます。

 

講師をしながら知識も深めていった高橋名人は、友達の影響でハドソンで面接を受て1982年8月に入社します。

 

当初は営業部に所属していましたが、ハドソンのファミリーコンピュータ参入をきっかけに宣伝部に移ります。

 

それから高橋名人となり、全国キャラバンでゲーム「スターフォース」で「16連射」を披露して一躍子供から人気となり、CDデビュー、漫画化、映画化、ゲーム化等と様々なメディアに登場して愛されるキャラとなっていきます。

 

ところが1987年にPCエンジンの台頭により、ファミコン業界から離れて指導者となり、1998~2000年にハドソンの子会社「未来蜂歌留多商会」へ営業部部長や、撤退して東京支社に出戻りしていました。

 

2000年にはレトロゲームが再評価されて、高橋名人が再び登場しますが、2004年からは営業職から宣伝部へ、2006年にはハドソン内での役職名も「名人」となりました。

 

2011年5月にはコンシューマーゲームが消えたことを理由にハドソンを退社し、ゲッチャ・コミュニケーションズに入社します。

 

2014年には株式会社ドキドキグルーヴワークスを設立し、代表取締役名人に就任し、2016年6月には一般社団法人e-sports促進機構代表理事に就任しました。

高橋名人はゲームが超下手で16連射で騙した?ゲームは一日一時間の真相は?

ゲーム下手なのに高橋”名人”になった経緯

高橋名人はもともとはパソコンの知識を持っていた、営業から宣伝部に移った普通のサラリーマンでした。

 

しかし、1985年にハドソンがファミコンゲームの「チャンピオンシップロードランナー」を実演した催しが子供に好評を受けて、ハドソン全国キャラバン等の企画を急遽決定。

 

そのため、ハドソンからゲームの実演役として高橋名人が指名され、高橋名人は安請け合いしてしまいます。

高橋名人 ゲーム下手
(画像引用元:http://image.itmedia.co.jp

こうして、ゲームが上手いという呼称として「名人」を用いた「高橋名人」という名前が産まれたのです。

 

そして、1985年5月の「コロコロまんがまつり・スターフォース発売前ファミコン大会」で初登場して、爆発的な人気と愛されるキャラとなっていくのでした。

高橋名人はゲームが超下手!

もともとはパソコン知識があった宣伝部のサラリーマンでしたので、特段ゲームが上手いわけではなく、むしろ超下手で「スーパーマリオは1-3までしか行けない」ほどでした。

高橋名人 下手
(画像引用元:http://image.itmedia.co.jp

しかし、ゲーム開始2分間だけ猛練習し、上手なフリをして子どもたちを簡単に騙していたのです。

 

ただ、子供たちからの憧れを夢を壊さないに為になんとかごまかしていたらしく、ストレスと過労で全身にじんましんができてしまうほどでした。

 

そのため、高橋名人は確かにゲームは下手でしたが、名人として子供に夢や幻想を抱かせて宣伝させて社会現象を起こすまで成功しており、宣伝としては名人だったのではないかと思います。

「16連射」は嘘?本当?

高橋名人といえば「16連射」ですが、ゲームは下手ということはこれも嘘かと思いますが、16連射は本当だったようです。

高橋名人 16連射
(画像引用元:http://trendy.nikkeibp.co.jp

むしろ実際に測って見ると「17連射」でゴロが悪いから「16連射」にしていたのです。

 

またバネを使って「16連射」をしている疑惑も、実際にバネを使って高橋名人がやってみたら、バネが付いたボタンが硬すぎて押せなかったと疑惑が解消されています。

 

ただし、常に16連射でわけではなく、平均13~14連射だったとのことです。

スポンサーリンク

ゲームは一日一時間の真相?批判されていた?

高橋名人といえば「16連射」の他に、「ゲームは一日一時間」という名言があります。

 

しかし、これだけを聞くと親が子供にゲーム制限している教育のように聞こえまが、実はこの名言には続きがあるのです。

「ゲームは1日1時間。外で遊ぼう元気良く。僕らの仕事はもちろん勉強。成績上がればゲームも楽しい。僕らは未来の社会人」

実はゲームは一時間と集中して行い、ゲームばかりではなく外で遊んだりして等と、そんな子供にのびのびとした娯楽の教育を訴えた言葉だったのです。


(画像引用元:http://kininarunewstorend.blog.so-net.ne.jp

また「ゲームより先に基礎体力や基礎の知識をもってもらいたい」といった信条もあって高橋名人は語りました。

 

そして英・オックスフォード大学の研究チームが「1日1時間以内のゲームは子供に良い影響を与える」と結果を発表しており、高橋名人の名言が科学的に証明されたのです。

ゲームは一日一時間に上司が激怒!批判される?

「ゲームは一日一時間」にはゲームばかりでは駄目という思いが込められていましたが、当初はこの発言にゲームを売っている方たちから批判が来ました。

 

ゲームを売っている方にとっては、この名言は「ゲームをするな」と捉えてもおかしくなく、そのため文句がつけられてハドソンで役員会が開かれるほどの物議を醸しだしました。

 

ところが、当時ゲームセンターが悪印象を持たれているのと同じく、ファミコンも同じ道を辿らないように先のことを考え、ハドソンの社長は健全ということでこの名言を残して標語まで作ったのです。

高橋名人はゲーム下手で16連射で騙したが宣伝として名人!ゲームは一日一時間で健全にした!

高橋名人は確かにゲームは超下手でしたが、名人という子どもたちの憧れを背負って嘘を突き通し、結果的に社会現象を起こすほどのブームを起こして宣伝としては名人でした。

 

またゲームセンターの二の舞いにならないように、ファミコンを健全な娯楽とするために「ゲームは一日一時間」という名言が出来たとは知りませんでした。

 

今後も高橋名人には宣伝名人として、活躍し続けることを期待しています!

 

せばな~