2017年7月23日の「行列のできる法律相談所」では、高橋英樹さんが出演して断舎離したことについて語ります。

 

去年、断捨離でかなりの荷物を売った高橋英樹さんですが、いったいどれくらいの量を処分したのでしょうか?

また、なぜ断捨離をしようと決断したのでしょうか?

 

ということで今回は、高橋英樹さんが断舎離した理由と、処分した量、その後の自宅の様子を調査したいと思います。

スポンサーリンク

高橋英樹 プロフィール

高橋英樹 断捨離
(画像引用元:https://otonanswer.jp

生年月日    1944年2月10日
出生地     千葉県木更津市
身長      181 cm
血液型     B型
職業      俳優・タレント・司会者
ジャンル    映画・テレビドラマ
活動期間    1961年~
事務所     アイウエオ企画

 

1961年に高校在学中に日活ニューフェース第5期として日活株式会社に入社し、映画「高原児」で俳優デビューを果たします。

 

デビューした翌年の1962年には「激流に生きる男」で主演格と、新人俳優としては異例の大抜擢を果たしています。

 

1963年以降からは「男の紋章」シリーズを初めとする任侠映画の主演スターとして活躍するようになります。

 

しかし、映画の客数激減のため所属している会社が低予算のポルノ映画制作に路線変更したため、会社を離れて本格的にテレビへ活躍の場を移します。

 

1968年にはNHK大河ドラマ「竜馬がゆく」に出演、1970年にはドラマ「旗本退屈男」にも主演等と、以降は時代劇俳優として活躍を果たしています。

 

特に1976年「桃太郎侍」、1982年「遠山の金さん」、1987年「三匹が斬る!」での主演では現在も知れ渡る高橋英樹さんの代表作として活躍しました。

 

それだけでなく、1986年「ドキド欽ちゃんスピリッツ!!」のレギュラー出演以降は、バラエティ番組やトーク番組等の出演を増やしており、知名度を上げていきました。

 

2011年には「劇場版ポケットモンスター」にて初めてアニメ声優をしたり、2014年には新春ワイド時代劇「影武者徳川家康」に出演したりと現在も俳優・タレントとしても活躍し続けています。

高橋英樹の断捨離理由は?その後の自宅の公開写真画像は?

2017年5月4日放送の「ダウンタウンDX」にて高橋英樹さんは断舎離した自宅を公開して話題になっていました。

高橋英樹 断捨離 公開写真
(画像引用元:http://blog-img.esuteru.com

 

高橋英樹さんは別の部屋ですが、2014年に「ダウンタウンDX」にて自宅を公開した時は結構な荷物があったのでかなり処分したのでしょう。

高橋英樹 断捨離 公開写真
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

 

そんな高橋英樹さんが処分した荷物は以下となっています。

  • スーツ    1000着
  • ネクタイ   600本
  • バッグ    100個
  • 靴      150足
  • 本      1500冊
  • テレビ    7台
  • ビデオテープ 1000本
  • DVD      980枚
  • カメラ    25台
  • 皿      500枚
  • コップ    200個
  • 調理器具   130個

 

その量はトラックを8往復させて、総重量約33トンにもなったとのことです。

高橋英樹 断捨離 画像
(画像引用元:http://jitakukoukai.com

そして、断舎離した高橋英樹さんは、家具やコレクションが何もない自宅で、道を楽しむ姿を紹介していました。

スポンサーリンク

高橋英樹が断舎離した理由は?

「ゴミ屋敷に近い量の物があった」

「70歳を超えたし、うちにある物を全部処分しましょうと。今は最低限よりないですね」

終活とは自分の人生を見つめ直して、自分の終わりを考えて今をよりよくする前向きな活動です。

 

そのため、高橋英樹さんはゴミ屋敷のように多い荷物を見て、自分の終わりにはこんな荷物があっても無駄だと前向きに処分したようです。

 

ただ、あくまで前向きに考えての断捨離ですので、俳優等の芸能活動を引退する気はなく、むしろ断舎離して余計な荷物がなくなって今後の芸能活動はより良くなることでしょう!

高橋英樹の断捨離理由は今後を前向きな終わりを見据えて?その後の自宅の公開写真画像が凄い!

高橋英樹さんが断舎離した理由は終活と、前向きに今後の自分の終わりを見据えて断舎離したようです。

 

何事も明るく前向きな高橋英樹さんらしく、断舎離したことで余計な物がなくなりましたので、さらに活躍しそうですね。

 

今後は断捨離前より、よりよく自分らしく生きている高橋英樹さんが、芸能活動で楽しく活躍することを期待しています。

 

せばな~

スポンサーリンク