高嶋ちさ子さんの父親である高嶋弘之さんが「しゃべくり007」に出演しましたが、娘に負けず劣らずのせっかちで老害発言と話題になっているようです。

 

そんな、高嶋弘之さんの問題となったせっかちで老害な発言とは?

また、高嶋弘之さんといえばビートルズをいち早く日本に紹介した人物として知られますが、まさかのヤラせ宣伝をしていたとのことです!

 

ということで今回は、高嶋ちさ子さんの父親である高嶋弘之さんについて、

  • 高嶋弘之さんのせっかち、老害発言とは?
  • ビートルズを日本に宣伝がやらせだった?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

高嶋弘之 プロフィール

高嶋ちさ子 父親 せっかち
(画像引用元:http://www.joqr.co.jp

生年月日    1934年
出身地     兵庫県神戸市

 

早稲田大学文学部卒業後の1959年に東京芝浦電気に入社、レコード事業部に配属されディレクターとしてスタートします。

 

1960年にレコード事業部が分社化され東芝音楽工業になったことで、同社に移籍し主に洋楽担当のディレクターとして活動します。

 

1964年ビートルズの初代ディレクターとなり、訪日時にも担当し、ビートルズの日本大ヒットとともに一躍有名となります。

 

その後、邦楽部門に移りザ・フォーク・クルセダーズや黛ジュン、由紀さおり、ジローズ等のディレクターを手がけてもいます。

 

1970年に、東芝音楽工業を離れてキャニオンレコード(現・ポニーキャニオン)の設立に尽力し、同社取締役制作部長に就任。

 

1976年にポリグラムグループに移籍し、チャペル・インターソング(音楽出版社)社長、ロンドンレコード副社長、ポリドール・レコード(日本法人)常務を歴任しています。

 

その後、1991年にポリグラムグループを退職して高嶋音楽事務所を設立し、主にクラシック音楽のアーティストのマネジメントやプロデュース等を手がけていきました。

高嶋弘之はせっかちで老害?高嶋ちさ子の父親はビートルズでやらせ宣伝?

高嶋弘之がせっかちでしゃべくりで老害発言?

高嶋ちさ子さんといえばかなりのせっかちで知られていますが、これは遺伝で父親の高嶋弘之さんもかなりのせっかちモンスターだったことが「しゃべくり」で発覚します。

 

そんなせっかちエピソードは高嶋ちさ子さんによると、

  • ラインで既読と表示されてから5秒以内に返信しないと電話がかける
  • つまらない人の話を最後まで聞けない
  • 口に食べ物を入れた後、それを引き抜く前にかんでしまうため、箸を折ってしまう

等と、高嶋ちさ子さんに負けず劣らずのせっかちエピソードを持っているのです。

 

そんな高嶋弘之さんの「お箸を折っちゃう」エピソードにレギュラー出演者の名倉潤が「おれもあるわ」と共感する意見を述べたが、

「あなたの話どうでもいいんですよ」
「お客さんの話を聞きなさい」

高嶋弘之 せっかち
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

と説教。

 

さらに堀内健にだけは「あなたの話はよく聞こうと思う」と言い、その理由を自身がプロデュースしたグループと一日署長を一緒にしたからとひいきしました。

 

そのため、堀内健さんはが詳しい経緯を話そうとするが、

「もうその話終わって、次いきましょう」

と、周囲に全く耳を傾けなかったことで老害発言したと言われてしまいました。

 

そんな高嶋弘之さんのせっかち・老害発言ぶりですが、高嶋ちさ子さんの父親としてぶっ飛んでいると面白いと好評の声が多かったです

スポンサーリンク

 

ビートルズの宣伝はやらせだった?

高嶋弘之さんはビートルズをいち早く日本に紹介した人物として知られています。

 

当時、初めてビートルズの曲を聞いた時、高嶋弘之さんは突然変異のようなサウンドに驚き

「これは新しいものが来たぞ!」

と、思って日本で宣伝していったのでした。

 

ところが日本で宣伝した時に、様々なやらせな宣伝をしていたことを自ら暴露しています。

襟なしスーツにマッシュルームカットはやらせ

ビートルズのファッションである「襟なしスーツ」に「マッシュルームカット」を流行らせようと工作します。

高嶋ちさ子 父親 せっかち
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

 

まず、襟なしスーツは宣伝マンに着させ、東芝音工・従業員らを床屋に連れて行って髪型をマッシュルームカットにさせた上で、流行っていることを強調。

 

さらにマッシュルームカットしている様子を週刊誌等に取材させ「今ビートルズカットがブーム」等の記事を書くよう仕向けていたのです。

ラジオのリクエスト番組で工作員を雇う

ラジオのリクエスト番組等で自社ミュージシャンの曲の順位を上げるために、大学の後輩をそれらの番組にアルバイトを雇っていたのです。

 

雇った人を使い、電話リクエスト等の集計の際に他社のアーティストのリクエスト数を減らし、自社のアーティストの数字を増やすやらせをしていたのです。

ファンもやらせ?

ブームを起こすためにファンを工作と、いわゆるサクラ (おとり)をしていたのです。

 

学生にファンクラブを作らせたり、視聴会を開催して女性に「キャー」と叫ばせたりと、いかにも流行ってファンが沢山いることを演出していたのです。

高嶋弘之はせっかちで老害で好評!高嶋ちさ子の父親はビートルズでやらせ宣伝してた!

老害発言と言われていますが、高嶋ちさ子さんに負けず劣らずのせっかちだった高嶋弘之さん。

 

確かに問題発言ともとれますが、梅沢富美男さんのように尖っていて面白いと好評のようです。

 

今後は高嶋ちさ子さんとセットで、せっかち親子として活躍することを期待しています!

ヨシコヨシコ

父親と比べればと高嶋ちさ子さんはそこまでせっかちではないのかな?
あんだけせっかちな父親なら、高嶋ちさ子さんがせっかちになるのも分かりますわ(納得)
せばな~