忌野清志郎によく似ている人物の”ZERRY”が率いる覆面バンド「タイマーズ」が「夜ヒット」で起こしたタイマーズ事件が話題になっているようです。

 

そんなタイマーズが起こした事件とはどんなもので、なぜ起こしたのでしょうか?

 

ということで今回は、タイマーズ事件について、

  • タイマーズ事件とは?動画は?
  • タイマーズ事件を起こした理由は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

タイマーズ事件とは?夜ヒット動画ヤバイ!理由はFM東京に抗議で放送問題用語!

タイマーズ事件とは、1989年10月13日放送のフジテレビの音楽番組「ヒットスタジオR&N」に出演した際に放送問題用語を交えて歌ったことのことを指します。

 

なんでも、「偽善者」の所で急遽「FM東京」を罵倒し、歌詞に女性器や性行為を意味する放送禁止用語を交えて歌ったのです。

動画を見れば分かりますが、司会の古舘伊知郎さんは唖然とし、永井真理子さんは驚きを隠せていませんでした。

 

そして、このタイマーズの放送問題用語を交えての歌はリハーサルでは普通だったが、本番でやらかしたようです。

 

そんなタイマーズの放送は生放送でしたが、地方局の録画放送ではノーカットで放送した地域もあれば、タイマーズ出演部分のみ過去放送分に差し替えるなどすることで対応した地方局もあったそうです。

 

また、罵倒されたFM東京はタイマーズのこの行為への報復措置として、同じ東芝EMIに所属する松任谷由実の発売直前のアルバムであった「LOVE WARS」の曲を一切放送しないということを東芝EMIに通知。

 

さらにフジテレビはタイマーズに対して3年間の出入り禁止措置をとったのでした。

タイマーズ事件を起こした理由は?

タイマーズがFM東京を罵倒した理由は、忌野清志郎さんが所属しているRCサクセションや山口富士夫との共作曲を放送禁止にしたFM東京への報復だったようです。

 

タイマーズのボーカルのゼリーこと忌野清志郎さんの友人である山口冨士夫との共作でゼリーが作詞を担当した曲「谷間のうた」をFM東京とFM仙台(現・Date fm)で放送禁止にされ。

 

さらに「COVERS」収録の「サマータイム・ブルース」、「土木作業員ブルース」が放送禁止、放送自粛にされてしまったのです。

 

そのため、忌野清志郎さん率いるタイマーズは激怒し、誰も入れない4人だけの所で話し合い、スタッフすら誰も知らない状態でタイマーズ事件を起こしたのでした。

スポンサーリンク

HE TIMERS プロフィール

タイマーズ 事件
(画像引用元:http://coconutsdisk.com

1988年にRCサクセションのアルバム「COVERS」、シングル「ラヴ・ミー・テンダー」の発売中止に対する抗議の意味で忌野清志郎がゲリラ・ライヴを計画するも、RCメンバーの賛同を得られなかったことで結成します。

 

1988年8月3日に富士急ハイランドのイベントでアン・ルイスのライブに乱入してライヴ・デビューを果たし、翌年の10月13日にフジテレビの音楽番組「ヒットスタジオR&N」でタイマーズ事件を起こします。

 

1994年には福岡市にて翌年ユニバーシアードが開催されることを記念したコンサートが開催。

 

1995年4月8日にはタイマーズとして結果的にラストシングルとなった「サヨナラはしない」が発売します。

 

2016年9月9日に、蔵出し音源と秘蔵映像を収録したCD2枚組+DVDの「THE TIMERS スペシャル・エディション」が11月23日に発売されることが発表されています。

タイマーズ事件の動画!理由はFM東京に抗議で夜ヒットで放送問題用語!

タイマーズ事件とは忌野清志郎さんがFM東京に抗議で放送禁止用語を言いまくったことを指します。

 

そして、生放送のためそのまま流れ、司会の古舘伊知郎さんは唖然としたのでした…

 

今では絶対出来ないことですが、こういったのも今ではいい思い出?なのかもしれませんね。

 

せばな~