台風19号が猛威を振るっていますが、そこで災害対策食品が色々と話題になっているようです。

 

ということで今回は、台風19号に備え、災害対策食品で話題になったネタを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

台風19号の災害対策食品ネタまとめ!ラーメンお湯使わず!サバメシ!

ラーメンを水で戻して災害対策

油で揚げてる麺であれば、ラーメンは水で戻せて食べれるので災害対策として役立つようです。

 

そのため、災害対策でも美味しいラーメンの勧めて食べていた、オススメの食べ方の意見が集まっていました。

メンタルのためにも高いお菓子確保で災害対策

災害対策のために防災食の確保も大事ですが、メンタルを保つためにも高いお菓子を用意するのもよいとのアドバイスがあります。

 

確かに災害用の食べ物だけだと災害だと感じて気が滅入りますが、高いお菓子を食べることで気を紛らわし、精神的にも楽になりそうですね。

 

実際に賛同の声が多く、災害でメンタルがやられないためにも高いお菓子を買うツイートをしていました。

災害対策で美味しいごはん「サバメシ」とは?

台風19号で災害の時でも美味しいご飯「サバイバルメシ(サバメシ)」は、おいしくバランスのとれた食事がとれて話題になっています。

 

「サバメシ」の調理方法は、1枚のポリ袋にまとめて入れた食材を、鍋に沸騰したお湯に浸す「湯煎」で行う調理で災害時でも作れるようになっています。

 和食、洋食の主菜、副菜、汁物、デザートでレシピは全30種。「大学の管理栄養士の資格を持つ教員や学生らと100種類近いレシピを考え、厳選した」と話す。調理方法は、1枚のポリ袋にまとめて入れた食材を、鍋に沸騰したお湯に浸す「湯煎」で行う。

例えば野菜ピラフ。米や水とともに使う具の野菜は、生野菜の代わりに乾燥させたラーメンの具を使う。大きな災害では停電が起こりやすく、冷蔵庫の生鮮食品は日持ちがしない。隠し味にはマヨネーズを使う。油で炒める代わりに、湯せんでもなめらかな食感を生む。「一品ごと一つのポリ袋で作れるので、複数のメニューを鍋で同時に作れる。ポリ袋は半透明の『食品用』と書かれたものが最適だ」という。

引用:災害時も美味しいご飯「サバメシ」 湯せんでなめらかさ

 

そんなサバメシは以下のpdfと動画で見れますのでご参考にしてください。

 

サバメシ動画一覧

サバメシレシピpdf

 

スポンサーリンク

台風19号で水無いから酒を買う

台風19号で水がないと叫んでいたおじさんがいましたが、満面の笑みで酒を代替品として買っていたようです。

 

気持ちのいいおじさんですが、後で水がないと奥さんに怒られたでしょうね…

台風19号の災害対策食品ネタまとめ!ラーメンやサバメシで対処!

台風19号に災害対策として色々な食品対策があります。

 

水の代わりに酒はネタですが、他の対策はメンタル的にも使えると思いますので参考にしてみてください。

 

せばな~

スポンサーリンク