2018年5月6日放送の「林先生が驚く 初耳学!」では、手術中のオナラで大火事が起きたことを紹介します。

 

確かにおならはガスですが、それがコメディのように引火して火事になるのでしょうか?

また、手術中のオナラで大火事にならないようにガスを溜めない方法は?

 

ということで今回は、おならについて、

  • 手術中におならで火事?
  • ガスを溜めない方法は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

手術中におならで火事?対応・対処法は?ガスを溜めない方法は?

実際に日本で2016年4月に手術中にレーザー照射が腸内ガスに引火して火事が起きたことがあるようです。

手術中 おなら
(画像引用元:https://i.ytimg.com

 

事件は2016年4月15日に事故当時30代だった女性患者が子宮頸部(けいぶ)にレーザーを使った手術を受けていました。

 

ところが、この使っていたレーザーメスから突然火が出て布が燃え、医師らが生理食塩水等で消したのでした。

 

患者は大事には至らなかったが、下半身に大やけどを負う事故となってしまったのです…

現場の対策は?

手術中におならで火事の事件は捜査した所、手術室内に可燃性物質はなく手術機器も正常に作動していたとのことです。

 

そして、調査委のレーザー装置の製造元への聞き取りでは、国内外で同様の事故の報告はない。

取材で医者に聞いても「聞いたことがない」と話し、「何万例か何十万例のうちの1つかわからない」ほど珍しい事件だったのでした。

 

そのため、腸内ガスを使った厳密な再現実験などができないことから、「可能性の域を脱することができない」と医療側ではなんとも対策できないようです。

スポンサーリンク

ガスを溜めない方法は?

医療側では再現実験も出来ないため、こうなると自分たちでおなら(ガス)を溜めないように対処しないといけないようです。

 

また、火事にならないためだけでなく、おならを溜めてしまうと「便秘」「大腸がん」「胃潰瘍」等と様々な病気になる可能性があるのでガスを溜めないようにしましょう。

生活習慣を変える

ガスを溜めるのは日頃の生活習慣にあり、生活習慣を改善することでガスを溜めない体質にしていきます。

 

以下がガスを溜めない効果的な生活習慣となっています。

  • 運動
  • 糖分・油分を控える
  • ストレス解消
  • ゆっくりたべる
  • ヨーグルト等の乳製品の摂取

 

他にも野菜等の食物繊維を取ることで排便もよくなり、便秘解消にもなります。

スー出し体操

まったガスを抜く「スー出し体操」というのがあり、これは腹筋を鍛えて腸の動きをよくすることでおならが出来るように促すことが出来ます。

 

【やり方】

手術中 おなら
(画像引用元:https://kenka2.com

 

コツは深く息を吐きながら、ゆっくり行うことです。

 

ゆっくり行うことで副交感神経を刺激させ、リラックス効果でストレス解消にもなり、息を深く吐くことで横隔膜が動き、腸が刺激されて効果的になります。

手術中におならで火事?対処法は?ガスを溜めない方法で事故回避!

おならで引火とはまるでコメディのようですが、実際に起きて大事故となっており、笑い事ではありません。

 

そのため、「便秘」「大腸がん」「胃潰瘍」等の病気予防のついでにガスを溜めない方法を駆使して、万が一の可能性の事故を回避しましょうね。

ヨシコヨシコ

まさかのオナラで引火(笑)
しかし、笑い事ではない!(真剣)
せばな~