品川庄司の庄司智春さんですが、ササミの食べすぎて痛風になったことを告白します。

 

ササミは筋肉を作るのに最適で健康的なイメージですが、痛風になるのでしょうか?

 

ということで今回は、庄司智春さんがササミで痛風になった理由を調査したいと思います。


スポンサーリンク

庄司智春 プロフィール

庄司智春 痛風
(画像引用元:https://tvfan.kyodo.co.jp

生年月日    1976年1月1日
出身地     東京都大田区
血液型     A型
身長      176.5cm
事務所     よしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業)
活動時期    1995年~

 

NSCに入学する前はヤナセに勤務し、ヤナセ退職後は羽田空港で航空機清掃のアルバイトや、竹ノ塚でホストをしていたこともありました。

 

その後、庄司智春さんは吉本総合芸能学院東京校で品川祐さん出会い、1995年に「品川庄司」を結成しました。

 

結成初期はコント中心でしたが人気が出ず、漫才を中心に活動を始めてから頭角を現し、無名ながらダウンタウンの目に止まり、「HEY!HEY!HEY!」前説に抜擢されてもいます

 

さらに2000年代前半に若手お笑い芸人ブーム到来により、品川庄司のテレビ出演も増え、雛壇芸人として安定した活躍ぶりを見せます。

 

それから個人での活動も増え、品川祐さんは監督や小説の執筆、庄司智春さんは筋肉キャラ・イケメンキャラとして活動が増えていきます。

 

また、典型的なコンビ仲の悪いコンビとして有名で、収録中のやりとりでマジゲンカを繰り広げたりと話題にもなっていました。

 

近年は実力はあるがオファーが少ないと嘆いており、自慢の筋肉と嫁の藤本美貴さんを活かして頑張っています。

庄司智春がササミの食べすぎて痛風を発症!理由・原因は?

庄司智春さんはササミを食べすぎて痛風となったことを告白しました。

 

庄司智春さんは2018年6月4日に「みんわらウィーク~北海道150年~」の開催発表会見に出演しました。

 

そのイベント後ですが、

「実は僕、痛風になりまして……」

鶏のササミばっかり食べてたら、それがダメだったみたいで…。なので、2キロ歩くか10キロ歩くかは当日の体調次第で」

と、筋肉のためにササミばかりを食べていたのですが、それが原因で痛風になったと告白しました。

 

そんな庄司智春さんに、共演しているトシさんは強烈なツッコミが飛んでいました。

スポンサーリンク

痛風とは?

痛風とは尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気です。

庄司智春 痛風
(画像引用元:http://heartfullife.org

症状は放置すると激しい関節の痛みを繰り返したり、体のあちこちに結節が出来たり、腎臓が悪くなったりする重大な病気にもなります。

 

そして、風が吹いても痛いと呼ばれる痛風ですが、実際は「風が吹かなくても痛い」と即答されるほど痛い病気のようです。

ササミ食べ過ぎで痛風になる?

実はササミはプリン体が多いので、食べ過ぎれば痛風になる可能性があるのです。

庄司智春 痛風 ササミ
(画像引用元:http://tkt-sh.com

 

実際に牛肉、豚肉、鶏肉のなかでプリン体が1番多いのが鶏肉で、鶏レバーの次に鶏のササミはプリン体が多いです。

 

詳しく見ると以下が鶏のプリン体の量となっています。

  • レバー 312.2
  • ささみ 153.9
  • 砂肝  142.9
  • 手羽  137.5
  • モモ  122.9
  • 皮   119.7

 

このようにササミはプリン体が多く、庄司智春さんのように過剰に食べ過ぎれば痛風になる可能性があるのです。

 

ちなみに「豚ロース」「カルビ」等の脂がのった肉のほうがプリン体が比較的少なくなります。

庄司智春が痛風発症!理由・原因はプリン体が多いササミの食べ過ぎ!

筋肉を作るために高タンパク質でカロリーも少ないと健康的なイメージのササミ。

 

しかし、実は痛風になる原因のプリン体が多く、食べ過ぎれば庄司智春さんのように痛風になるのでした。

 

そのため、筋肉のためだからといって、何事も食べ過ぎないように気をつけてください!

ヨシコヨシコ

なんでもかんでも食べ過ぎは危険ということだね!
せばな~