2020年6月20日放送の「炎の体育会TV」では、初代マスクドテニスプレーヤーが登場します。

 

そんな、初代マスクドテニスプレーヤーは誰なのでしょうか?

 

ということで今回は、初代マスクドテニスプレーヤーの正体は誰なのか調査したいと思います。

スポンサーリンク

炎の体育会TV初代マスクドテニスプレーヤーは誰!正体はダニエル太郎の理由!

炎の体育会TV初代マスクドテニスプレーヤーは誰?

炎の体育会TVで登場するTV初代マスクドテニスプレーヤーの以下の情報から、正体はダニエル太郎選手で一致しました。

 

初代マスクド情報

世界No.1・ジョコビッチを破った天才プレイヤー
⇒2018年BNPパリバ・オープン2回戦でダニエル太郎はジョコビッチに勝利

オリンピック出場経験有り
⇒2016年8月にITF推薦枠でダニエル太郎はリオ五輪出場

大坂なおみも一目置く
⇒Twitterで大坂なおみがダニエル太郎を褒める

スペイン語がベラベラ
⇒ダニエル太郎はスペイン語を含む4ヶ国語喋れる

世界No.1・ジョコビッチを破った天才プレイヤー

ダニエル太郎選手は2018年BNPパリバ・オープン2回戦で元世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ選手に勝利し、ツアー初優勝を果たしています。

 

ダニエル太郎選手はジョコビッチ選手に勝利するだけでなく、ツアー初優勝もしたことも有り、日本では一躍時の人となったのです。

オリンピック出場経験有り

ダニエル太郎さんは2016年にリオ五輪出場の基準となる6月6日のランキングは108位で上位56人には入れなかったが、その後辞退者が相次いだ為ITF推薦枠でリオ五輪出場を果たします。

 

まさかの辞退者続出により、棚ぼたな感じで手に入れたオリンピック出場ですが、良い経験になったでしょうね!

大坂なおみも一目置く

ダニエル太郎選手と大坂なおみ選手はもともと交流がありますが、その中で大坂なおみ選手は「ダニエル凄い」「凄い才能があるよ!」とTwitterで褒めて一目置いていました。

スペイン語がベラベラ

ダニエル太郎選手はスペイン語がベラベラであり、スペイン語版東京オリンピック公式ツイッターで日本語を教えるほどです。

 

ダニエル太郎選手は2007年から10年間スペインにいたので、スペイン語はベラベラです。

 

それだけなく、英語、スペイン語、ロシア語もマスターしており、ダニエル太郎選手は4ヶ国語も喋れます。

スポンサーリンク

ダニエル太郎 プロフィール

初代マスクドテニスプレーヤー 誰
(画像引用元:https://www.sankei.com

出身地     アメリカ合衆国・ニューヨーク
生年月日    1993年1月27日
身長      190cm

 

5歳でテニスを始めており、14歳の時に名古屋市からスペインに移住し、ダビド・フェレールが所属するバレンシアのアカデミーで練習をしていました。

 

2010年にプロに転向し、2012年6月にスペインF15フューチャーズ優勝して同年7月にスペインF20フューチャーズ優勝、2013年5月にはスペインF14フューチャーズ優勝し、同年10月にポルトガルF9フューチャーズ優勝します。

 

2014年には全豪オープンで4大大会の予選に初挑戦し、同年2月のチリ・オープンでは予選を勝ち上がり、ATPツアー大会に初めて出場を果たします。

 

2015年11月に日本のチャレンジャー大会に出場してチャレンジャーツアー3勝目を挙げ、翌週のランキングでは自己最高位となる93位を記録して初のATPランキングトップ100入りを果たします。

 

2016年8月にリオ五輪出場の基準となる6月6日のランキングは108位で上位56人には入れなかったが、その後辞退者が相次いだ為ITF推薦枠で出場を果たします。

 

2018年のBNPパリバ・オープンでは元世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ選手に勝利し、ツアー初優勝を果たしています。

炎の体育会TV初代マスクドテニスプレーヤーは誰!正体はダニエル太郎で条件が一致!

炎の体育会TV初代マスクドテニスプレーヤーの条件である「ジョコビッチ勝利」「五輪出場」「大坂なおみ一目置く」「スペイン語ベラベラ」に一致しているのはダニエル太郎選手でした。

 

そのため、初代マスクドテニスプレーヤーはダニエル太郎選手で間違いないと思います。

 

そんな初代マスクドテニスプレーヤーのダニエル太郎選手ですが、どんな試合を見せるのか楽しみですね!

 

せばな~

スポンサーリンク