2018年6月3日放送の「林先生が驚く 初耳学!」では、大相撲の優勝祝賀会で優勝力士が持つ「大鯛」にまつわるヒミツが紹介されます。

 

鯛は高級そうなイメージで味も大きいので美味しそうに見えますが、大鯛の値段や味はどうなっているのでしょうか?

また、あのような普通には買えない大鯛はどこから取り寄せているのでしょうか?

 

ということで今回は、相撲で優勝力士が持つ大鯛について。

  • 優勝力士が持つ大鯛の値段や味は?
  • 大鯛はどこから取り寄せているの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

相撲で優勝力士が持つ大鯛の値段と味は?取り寄せ方や意味は?

相撲で優勝力士が鯛を持つのは「おめでたい」と語呂合わせで縁起がよいと持っています。

相撲 優勝 鯛
(画像引用元:https://iwiz-spo.c.yimg.jp

しかし、その語呂合わせで相撲の力士が優勝した際に持つとされるれっきとした伝統となっています。

 

また、鯛が大きければ大きいほどよいとされ、力士の強さの証とのことです。

大鯛の味は不味い?

実は大鯛は大味で口にしない事が多く、あまり美味しくないようです。

 

しかも、鯛は大きくなりすぎると筋があり噛みきれないほど身が硬くなってしまいます

 

そのため、鯛は40~50cm、重さが1.8~3kgぐらいまでが一番脂ものり、身もそこそこにしまっていて美味いとされています。

 

実際に江戸時代では美味な高級魚として扱われ、徳川家康も「この歳になってこのように美味いものがあるとは知らなんだ」と言わしめたほどでした。

 

しかし、何度も言いますが、鯛は大きくなると大味で噛み切れなくなって美味しくなくなるようです…

スポンサーリンク

食べ方は?

大鯛は味が大味で噛み切れなくなるので、漬けて茶漬けにすると美味いとのことです。

 

また、優勝祝いの大鯛は刺し身より、ちゃんこ鍋にして煮ることで柔らかくして味をつけることでおいしく食べられるようです。

相撲 優勝 鯛
(画像引用元:http://giga-images-makeshop-jp.akamaized.net

値段・価値は?

先程言ったとおり、鯛は大きくなると美味しくなくなるので、漁場の関係者からの評判は「無価値」「二束三文」と言われるほどです。

 

実際に値段も1kgで1000~1500円くらいとなってしまっているのです。

 

ただし、優勝した力士には絶対必要なので、どうしてもと依頼があれば10倍以上に値段が跳ね上がるとのことです。

どこから取り寄せる?

実は優勝した時に持つ大鯛は相撲協会ではなく、優勝力士が所属する相撲部屋が独自に調達します。

 

そして、相撲部屋に多額の援助をするファンのタニマチのつてを使って大鯛を調達するのです。

 

ちなみに、タニマチにとって大鯛の調達を頼まれるのは一世一代の誉れのようです。

 

しかし、大鯛は業者にとっては普段は無価値なので、養殖では大きく育ててもエサ代がかかるので無く、基本的に大鯛は天然物。

天然の大鯛をしかなく、その大鯛は1年に10匹ほどしか捕れないほど「珍魚」。

相撲 優勝 鯛
(画像引用元:http://mazba.com

そのため、優勝すると思われる力士の相撲部屋では、なかなか捕れない大鯛の争奪戦となるのです。

 

そして、優勝すればタニマチが調達した大鯛を使いますが、優勝できなかったあと一歩の力士の部屋で用意された大鯛はひっそりと食べられるのです。

相撲で優勝力士が持つ大鯛の味は不味くて値段安い?取り寄せはタニマチで争奪戦!

相撲で優勝力士が持つ大鯛はいかにも美味しそうに見えますが、実は大味であまり美味しくないようです…

 

しかし、なかなか取り寄せる事ができず、用意するにはタニマチが争奪戦をするのです。

 

ただ、優勝できなかった場合は、その鯛が使われずに食べられるのですが悲しいですね…

 

そんな、大鯛を取り寄せるにも様々なドラマが相撲にはあったのでした…

ヨシコヨシコ

めでタイけど、食べると身がかタイのか!(ダジャレ)
せばな~