即位礼正殿の儀が始まる前は天叢雲剣で雨、始まると晴れ、終わると虹がかかったりと天候を司るエンペラーウェザーと言われて話題になっています!

 

そんな、エンペラーウェザーが起こした即位礼正殿の儀の天候の奇跡とは?

 

ということで今回は、エンペラーウェザーが起こしたとされる、即位礼正殿の儀の天候の変化を調査したいと思います。


スポンサーリンク

エンペラーウェザー即位礼正殿の儀で虹!雨は天叢雲剣?富士山は雨と台風が消える!

即位礼正殿の儀が2019年10月22日に行われましたが、天叢雲剣で雨、天照大神で晴れて虹をかけたりと神話のような出来ことが起きて話題になりました。

それだけでなく、富士山も初冠雪の状態で顔を出した、日本に上陸予定だった2つの台風も消える、神の御業のような出来事が起きたのでした。

即位礼正殿の儀が始まる前に雨で天叢雲剣?

即位礼正殿の儀が始まる前に雨が降っていましたが、これは三種の神器の一つである「天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)」の行いと話題になりました。

 

「天叢雲剣」は天空に群れ雲を発生させる剣で、剣を使用すると雨が降ると言われています。

 

そのため、天叢雲剣が持ち出さた(使用された)ことにより雨が降ったと、神秘的な始まりが即位礼正殿の儀前に起こっていたのです。

 

しかも、天叢雲剣を今まで預かっていた熱田神宮は晴れてしまうという現象も起きていたのでした。

即位礼正殿の儀に晴れて天照大神?

今度は即位礼正殿の儀の中で大雨だったのに晴れ、これは天照大神のお力と話題になりました。

 

天照大神は太陽神の性格と巫女の性格を併せ持つ存在といわれており、初代天皇の子孫とされています。

 

そのため、即位礼正殿の儀で天照大神の子孫である天皇様が現れたことにより、大雨から晴れたのだと話題になったのです。

皇居に虹がかかる

晴れるだけでなく皇居に虹がかかり、神秘的な光景に話題になりました。

晴れは天照大神で理解できますが、まさかの虹がかかるのは令和の時代を迎えるとしてめでたいですね!

スポンサーリンク

富士山も初冠雪の状態で顔を出す

即位礼正殿の儀を祝ってなのか、富士山も晴れて初冠雪の状態で顔を出していたのです。

天照大神のおかげで富士山を晴らすだけでなく、初冠雪して素晴らしい・美しい富士山を見せてくれたのです。

即位礼正殿の儀で台風がそれる・消える

日本に上陸予定だった2つの台風ですが、台風20号は消滅し台風21号は進路を逸れ日本は守られたのです。

 

日本は史上最大規模の台風被害にあったりと大変でしたが、にもかかわらず台風20、21号も上陸予定でした。

 

しかし、即位礼正殿の儀の日に台風20号は消滅し台風21号は進路を逸れるという奇跡がまた起きてしまったのです。

韓国首相に神風で傘壊し志那都比古神?

即位礼正殿の儀に韓国首相が来日しましたが、韓国の首相は強風で傘が吹き飛ばされる志那都比古神のお力だと話題になりました。

 

天皇陛下の子孫と言われている天照大神は太陽の神なので、風の神様の志那都比古神に頼んで突風を出したと言われました。

 

確かに現在は日本と韓国の関係は悪く、神様も今は関係治らないから帰ったほうが良いと強風で帰らそうとしたのでしょうか…

天皇は晴れ男エンペラーウェザー?

実は昭和天皇は晴れ男「エンペラーウェザー」と呼ばれていたらしく、現在もエンペラーウェザーは受け継いで天候を操ったと話題になりました。

 

確かに即位礼正殿の儀前に天叢雲剣で大雨、即位礼正殿の儀が始まると天照大神により富士山にまで晴れて、皇居に虹をかけ、台風を無くすとなるとエンペラーウェザーと納得できます。

エンペラーウェザー即位礼正殿の儀で虹!雨は天叢雲剣?晴れで天照大神!富士山は初冠雪!台風消える!

即位礼正殿の儀で始まる前に天叢雲剣で雨、始まると天照大神の富士山まで晴れて最後には虹をかけ、台風をも蹴散らすとは神の御業と思わずに入られません!

 

こういった偶然・奇跡を感じると本当に天皇を象徴とした日本に生まれてよかったと思います。

 

そして、即位礼正殿の儀のように大雨から晴れて虹をかけるような、令和の時代が訪れることを祈っています。

佳子様の腹筋ダンス痩せた画像!太ったから激やせでスタイル抜群!

佳子様が櫻井翔似てる!十二単姿がそっくりか画像比較!即位礼正殿の儀も綺麗!