春巡業で市長が土俵上で倒れ際に、女性が介抱しましたが、女性は土俵から降りるようにと土俵は女人禁制が話題になっているようです。

 

そんな、現代にあわない女性差別のような「土俵は女人禁制」ですが、なぜ土俵では女人禁制なのでしょうか?

 

ということで今回は、春巡業で市長が土俵上で倒れた事件と共に、土俵で女人禁制な理由を調査したいと思います。


スポンサーリンク

なぜ土俵は女人禁制?理由は?女性差別は嘘!

事件は2018年4月4日にに開催された大相撲舞鶴場所で、土俵上で多々見良三市長があいさつ中に倒れてしまったのでした。

そんな緊急事態の時に複数の女性が土俵上で心臓マッサージ等と迅速な対応をしていました。

 

ところが、そんな緊急事態にも関わらず心臓マッサージをしている女性を、「土俵は女人禁制」ということで土俵から降りるようにとの場内アナウンスが数回にわたり行われたのでした。

 

そのため、「土俵は女人禁制」は女性差別的で、こんな緊急事態で人命がかかっているにも古い文化を押し付けるのかと批判が出ているのでした。

 

ちなみに、倒れた市長は意識があって会話はできているといい、命に別条はなかったとのことです。

女人禁制は差別?

実はこのような「土俵は女人禁制」は差別という議論は度々されてきました。

土俵 女人禁制
(画像引用元:http://www.s-bld.co.jp

2000年には太田房江大阪府知事の「自ら土俵に上がり優勝力士に知事杯を手渡したい」という意向も、「土俵は女人禁制」と断り続けていました。

 

さらに1978年には10歳の少女が勝ち進んだにもかかわらず蔵前国技館の土俵に上がれず決勝大会出場を諦めたこともありました。

 

他にも1990年には内閣官房長官になった森山議員が、自分が土俵に上がって内閣総理大臣杯を手渡すと言い出したが、これも拒否されているのです。

 

このように伝統を守るがあまり、女性差別ではと批判され続けていたのです。

 

しかし、他の伝統である歌舞伎の女形や宝塚歌劇のあり方に関しても、差別として替えてしまえば、その時点で歌舞伎でなくなり、宝塚歌劇ではなくなるとの見解もあり、非常にデリケートな問題となっているのです。

スポンサーリンク

なぜ土俵は女人禁制?理由は?

実は土俵で女人禁制なのは女性差別ではなく、神様がやきもちを焼くからです。

 

相撲はもともと農村で豊作を祝う儀式で、豊作の神様は女性で、その女性の神様を楽しませるために力自慢の若い男たちが競うあう出し物として相撲が生まれました。

 

そのため、力自慢の若い男たちが競うあう土俵に女性が上がると豊作の女性の神様は焼きもちを焼いてしまうとして、土俵は女人禁制だったのです。

土俵 女人禁制 理由
(画像引用元:https://love-to-all.jp

このように「土俵は女人禁制」は女性差別ではなく、豊作の女性の神様に焼きもち焼かせずに豊作にしてもらうためと女性心を伺っていたのでした。

なぜ土俵は女人禁制?理由は神様がやきもちを焼く?女性差別は嘘!

今回の市長を土俵で介抱した女性を降りるようにと行ったのは、さすがに女性差別で酷いですね。

 

ただ、だからといって伝統である「土俵は女人禁制」を無くすのは相撲の始まりの意味を知るとお門違いで、豊作の女性の神様に焼きもち焼かせないためと差別ではないのです。

 

そのため、今後も女性差別ではない「土俵は女人禁制」を無くすのはどうかと思いますが、こういった緊急事態の時には寛容さを相撲協会には持ってもらいたいですね!

ヨシコヨシコ

さすがに人命がかかっている時に土俵に女性が上っても豊作の神様はやきもちを焼かないでしょ!
せばな~

相撲で女子女児の土俵禁止は貴乃花が原因?横野レイコ明言は嘘!