「新潮45」8月号に掲載されたLGBTへの批判がまさかの新潮内部で批判・不買ツイートしたことで話題になっています。

 

そんな「新潮45」ではどんなLGBTへの批判がなされ、新潮社内部がどんな批判・不買ツイートをしたのでしょうか?

 

ということで今回は、新潮について、

  • 「新潮45」ではどんなLGBTへの批判がされたの?
  • 新潮社内部がどんな批判・不買ツイートをしたの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

新潮社が新潮45にツイート炎上した理由?LGBT批判で新潮社文芸部激怒!

事の発端は8月号に掲載された「新潮45」で、自民党の杉田水脈衆院議員の寄稿「LGBT支援の度が過ぎる」という内容でした。

 

特に文芸評論家の小川榮太郎氏は「性にはXXの雌かXYの雄しかない」と主張し、「それなら女の尻をつい触りたくなってしまう痴漢症候群者の触る権利を社会は保障すべき」と記して酷いと言われています。

 

まさかの、犯罪者までも擁護する姿勢にあまりにもひどすぎると批判が殺到したのでした。

スポンサーリンク

同じ新潮社内部の文芸部が新潮45に批判!

そんな「新潮45」内容の酷さに同じ新潮社内部の文芸部がツイッターにて、否定的な意見や不買を謳うツイートをリツイートしていったのです。

 

さらに新潮社の創立者である佐藤義亮さんの名言「良心に背く出版は、殺されてもせぬ事」を載せていたのです。

 

そんな新潮社内部の文芸部の新潮45批判にエールを送る声が多数寄せられていました。

新潮社が新潮45に怒涛の批判ツイートで炎上!LGBT批判の内容が酷い…

新潮45の内容ですが文章によってはなぜか被害を与えている犯罪者の立場で擁護する文章だったりで、酷いと批判されています。

 

そのため、まさかの文芸部からと内部からの批判が出ているほどです。

 

しかし、こういった内部から批判が出れば、今後こういった良心に背くような文章が少しでも無くなると希望が持てますね。

 

せばな~