新元号が「令和」になりましたが、新元号候補として「英弘(えいこう)」「広至」「万和」「万保」。

「令和」の発案者が中西進教授だとバレてしまったようです。

 

そんな新元号候補や、発案者の中西進教授とはどんな方なのでしょうか?

また、この候補や考案者がバレたことがヤバイ理由は?

 

ということで今回は、新元号候補と考案者について、

  • 新元号候補が「英弘(えいこう)」「広至」「万和」「万保」?
  • 新元号「令和」の考案者・中西進とはどんな人物?
  • 新元号候補や考案者がバレが愚かな理由!

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

英弘が新元号候補?中西進が令和考案バレがヤバイ理由!

新元号候補だったのは「英弘(えいこう)」?

新元号が「令和」になりましたが、新元号候補として「英弘(えいこう)」「広至(こうし)」「万和(ばんな)」「万保(ばんぽう)」「久化(きゅうか)」だったことが明らかになりました

新元号の選定作業で、政府が、各界の代表や有識者からなる「元号に関する懇談会」や全閣僚会議で示した6つの原案の中に▽「英弘」、また、読み方は明確ではありませんが、▽「広至(こうし、または、こうじ)」、▽「万和(ばんな、または、ばんわ)」、▽「万保(ばんほ、または、ばんほう)」の、4案が含まれていたことが分かりました。

また政府は、およそ2か月前から新元号の候補名を絞り込む作業を進め、発表の1週間ほど前には原案の数を6つに決めていたということです。

さらに6つの原案は、一枚の紙に典拠とともに五十音順に並べた形で懇談会の有識者などに示され、多くから「令和」を推す意見に加え、出典を日本の古典にするよう求める意見が出されたということです。

これを受けて、全閣僚会議では、杉田官房副長官が懇談会では「令和」に支持が集まったことを説明したあと、複数の閣僚が意見を述べましたが意見集約は行われず、最終的に安倍総理大臣に一任する形で「令和」が新元号に決まりました。

引用:新元号 6原案中4つは 「英弘」「広至」「万和」「万保」

また政府関係者によると、「英弘」が日本の古典を、「広至」は「日本書紀」と儒教の基本的な考え方を示した中国の古典、「四書五経」の「詩経」の2つ典拠。

「広至」と「万和」には出典が2つあったとのことです。

 

そんな新元号候補だったものに特に「英弘」に反応がありました。

新元号「令和」の考案者・中西進でどんな人物?

新元号 候補
(画像引用元:http://webun.jp

生年月日    1929年8月21日
出身地     東京

 

新元号は国書の「万葉集」から採用し、政府関係者への取材で「令和」の考案者は万葉学者の中西進・大阪女子大名誉教授であることが分かりました。

 

そんな、中西進教授は東京大学文学部国文学科卒業、同大学院博士課程修了後、30代で博士論文「万葉集の比較文学的研究」により1963年第15回読売文学賞受賞と万葉集について深い知識を持っている方です。

 

その後、日本古代文学の中国文学との比較研究を始めており、1970年に「万葉史の研究」で日本学士院賞、1990年に「万葉と海彼」で和辻哲郎文化賞。

 

また、漢字本文・現代語訳・注を収めた、文庫「万葉集」のテキスト講談社文庫「万葉集」(全4冊と万葉集事典1冊)を編集もしています。

 

役職では奈良県立万葉文化館館長、京都市中央図書館館長、同右京中央図書館館長、田辺聖子文学館館長、堺市博物館名誉等と多くの役職にも就いているようです。

 

このように、かなり万葉集についてずっと研究していることから万葉集から由来する「令和」の考案者として、みなさん納得しているようです。

スポンサーリンク

新元号候補や考案者バレがヤバイ理由!

新元号候補や考案者がバレるのは、他の候補が良かったとの声が出る危険性、考案者の影響を考えて秘密にしないといけないのに、議員がバラすことはヤバイ行為です。

 

まず、新元号候補がバレてしまうと、後に「他の候補が良かった」等と批判が高まる危険性があるので、本当は秘密にするものでした。

今回は「令和」の声がベストの声が多かったですが、この「他の候補が良かった」が大きければ、色んなバッシングが出るので危険です。

 

そして、考案者がバレてしまうと、考案者に取材がきたりと影響が及ぼすだけでなく。

その考案者が右翼・左翼だったり、誰かの議員や総理等の差金だと批判される可能性があるので危険です。

 

例えばもし中西進教授が総理と親しい間柄ならば、確実に総理が元号を決めた・牛耳っている独裁者だと批判されたりします。

 

そのため、政治的や考案者の身の危険を考えて本当は秘密を守る必要があったのです。

 

そんな、新元号候補や考案者がバレるのは危険だと言うのに、政府関係者がバラすというのは秘密を守らないのはもってのほか

その後も、「他の元号候補がよかった」等の声が出る危険性、考案者の身の危険や政治的にも悪影響を及ぼす可能性を考えないアホな行為だったです…

新元号は「令和(れいわ)」

2019年4月1日に午前11時40分ごろに、菅官房長官は首相官邸で記者会見にて新元号は「令和」だと発表しました。

 政府は1日、新たな元号を「令和(れいわ)」と決めた。

出典は「万葉集」で、日本の古典に基づく元号は初めて。5月1日に皇太子さまが新天皇に即位されるのに合わせ同日午前0時に元号が改まる。645年の「大化」から数えて248番目の元号となる。

政府は1日午前、有識者でつくる「元号に関する懇談会」を開き、新元号の原案を示して意見を聴取。衆参両院正副議長からも意見を聴いた。その後、全閣僚会議で協議し、新元号を定める政令を閣議決定、菅義偉官房長官が新元号を発表した。政令は陛下の署名を受けて公布され、5月1日に施行される。

政府は3月14日、国文学、漢文学、日本史学、東洋史学を専門とする学者の中から複数人に新元号の考案を依頼。(1)国民の理想としてふさわしい良い意味を持つ(2)漢字2字(3)書きやすい(4)読みやすい-などの条件で絞り込んだ。

引用:新元号「令和」=出典は万葉集-5月1日改元

スポンサーリンク

新元号は万葉集からで意味は?

令和は出典は「万葉集」で、中国ではなく日本の古典から採用されたのは確認される限りは初めてのようです。

 

そんな令和のもとの「万葉集」の「梅の花の歌」の「令月」からとったようです。

 

新元号選定にあたり、以下の序文から引用したようです。

「初春の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫す」

 

そして、「令和」に使われたとされる「令月」の意味は「何事をするにもよい月。めでたい月。」を意味しており、めでたい元号という意味なのでしょうか?

 

その後、安倍首相から、新元号「令和」について「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められている」と説明がされたそうです。

 

また、「万葉集」を典拠にした理由について、

「1200年余り前に編纂された日本最古の歌集であるとともに、天皇や皇族、貴族だけでなく、防人や農民まで、幅広い階層の人々が詠んだ歌が収められ、我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書であります」

と、説明しました。

 

とにかく、「令月」の元号の意味はめでたいだったりと、幸せな意味が込められているようですね!

英弘が新元号候補?中西進が令和考案バレがヤバイ!

新元号候補には「英弘」等があったのですが、決まった「令和」のほうが良かったとの声が多くて一安心。

また、考案者が中西進教授だとバレたのは、考案者その後の影響がないか心配です。

 

だからこそ、本当は秘密を守らないといけないのに、取材陣もそうですが、なぜ取材で政府関係者がバラしてしまったのか残念でなりません…