過去に痴漢して辞職した高市元大臣や安倍総理の元SP・品田真男容疑者がまた痴漢しただけでなく、突き飛ばして男性を意識不明の状態に追いやって問題になっています。

 

そんな、2度の痴漢しただけでなく男性を意識不明にした品田真男容疑者はどんな犯罪者なのでしょうか?

 

ということで今回は、品田真男容疑者の顔画像と痴漢歴を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

品田真男の顔画像と痴漢歴!高市大臣・安倍総理のSPが逮捕で意識不明に追いやる!

品田真男の顔画像!元SPで高市大臣・安倍総理も!

品田真男容疑者は元SPで高市元大臣と安倍総理を警護していた警察官です。

品田真男 顔画像
(画像引用元:https://i0.wp.com

品田真男 顔画像
(画像引用元:https://tvlogs.net

品田真男 顔画像
(画像引用元:http://stat.ameba.jp

品田真男 顔画像
(画像引用元:http://stat.ameba.jp

 

SPは身辺警護が専門であり、SPになるには身長173cm以上、柔道又は剣道、合気道3段以上、拳銃射撃上級、英会話ができるなどの条件もクリアしなければならなくなっています。

 

ちなみに、2007年に品田真男容疑者が逮捕された時は高市大臣のSPに付いていたときであり、高市早苗内閣府特命担当相としてコメントを残していました。

品田真男 顔画像
(画像引用元:https://tvlogs.net

「大変驚き心配をいたしております。何かの間違いであってほしい。(被害にあった方が)不快な思いをされたとしたら残念なことだと思います」

 

このように、品田真男容疑者はSPでエリートでしたが、痴漢男に成り下がってしまったのでした…

品田真男の痴漢歴

品田真男の痴漢経歴は以下となっています。

 

品田真男の痴漢経歴

2007年7月5日:大学生の女性の尻付近を触り現行犯逮捕、捕まえようとした男性を突き飛ばして約2週間の怪我を負わせた

2007年7月23日:処分保留で釈放、停職1ヶ月の懲戒処分後の同日に辞職

???年?月:再就職して会社員

2020年2月17日:電車内で10代少女への痴漢行為で逮捕、捕まえようとした男性を突き飛ばして意識不明の重体にする

 

品田真男容疑者はSPのエリートだったので、ここでも上級国民の釈放されたのでしょうか…

 

その結果かは分かりませんが、13年後にはまた痴漢しただけでなく、突き飛ばして捕まえようとした善良な男性を意識不明の重体に追いやったのです。

スポンサーリンク

2007年7月5日:大学生の女性の尻を触って逮捕

品田真男容疑者は2007年7月5日に酒に酔った勢いで大学生の尻を触って痴漢で逮捕されました。

高市早苗・内閣府特命担当相のSP(警護官)を務める警視庁警護課警部補、品田真男容疑者(39)=千葉市若葉区=が電車内で女性の体を触ったとして、警視庁葛飾署に東京都迷惑防止条例違反容疑で逮捕されていたことが分かった。

調べでは品田容疑者は2日午後10時40分ごろ、JR総武線錦糸町―新小岩駅間を走行中の下り快速電車内で、都内に住む20代の女子大生の尻を触った疑い。目撃した乗客の男性に取り押さえられ、新小岩駅で同署員に引き渡された。「酒に酔っていて覚えていない」と供述しているという。

品田容疑者は勤務終了後、午後8時ごろから東京駅近くの飲食店で、同僚とビールや焼酎を飲み帰宅する途中だった。05年2月から警護課に配属され、要人警護を担当していた。
警視庁の北村博文警務部参事官は「今後十分に捜査を尽くし、厳正に処分したい」と話している。

引用:<SP痴漢逮捕>高市氏の警護官 電車内で女子大生触り

2007年7月23日:処分保留で釈放、停職1ヶ月の懲戒処分後の同日に辞職

警視庁の北村博文警務部参事官は「厳正に処分」と言いましたが、上級国民なのか品田真男容疑者は釈放されて停職1ヶ月の懲戒処分だけで済みました。

警視庁警護課SPが電車内で痴漢をしたとして現行犯逮捕された問題で、同庁は23日、この品田真男警部補(39)=千葉市若葉区=を停職1カ月の懲戒処分とした。警部補は同日、辞職した。

調べでは、警部補は7月2日夜、JR総武線の電車内で大学生の女性の尻付近を触ったうえ、乗客の男性が新小岩駅で下車させホームで取り押さえようとした際、突き飛ばして転倒させ、首のねんざなど約2週間のけがを負わせたとされる。傷害容疑でも東京区検に送検され、23日、処分保留で釈放された。

引用:痴漢容疑で逮捕された警視庁SP、停職処分を受けて辞職

 

しかも、品田真男容疑者は痴漢だけでなく、捕まえようとした男性に怪我を負わせていました。

 

それなのに釈放されて停職1ヶ月の懲戒処分だけで、辞職しただけで終わったのでした。

2020年2月17日:電車内で10代少女への痴漢行為で逮捕

痴漢と傷害を負わせた過去を持つ品田真男容疑者は、2020年に電車内で10代少女への痴漢行為で逮捕され、捕まえようとした男性を意識不明の重体に負わせました。

駅構内の階段で男性を転落させ、意識不明の重体にしたとして、警視庁神田署は17日、傷害容疑で、元警視庁警護課SP(セキュリティーポリス)の会社員、品田真男容疑者(52)=千葉市若葉区原町=を現行犯逮捕した。品田容疑者は当時、電車内で10代少女への痴漢行為を疑われ駅構内を逃走していたという。調べに対し、「痴漢した覚えはない。(男性が)つかんできたから振りほどいた」などと供述している。

逮捕容疑は17日午前7時ごろ、東京都千代田区神田神保町の都営新宿線神保町駅構内の階段で、自身を捕まえようとした20代男性を階段下に転落させ、頭蓋骨骨折などのけがを負わせて意識不明の重体にしたとしている。

引用:元警視庁SPを傷害容疑で逮捕 痴漢疑われ逃走中

 

品田真男容疑者はまたしても痴漢だけでなく、捕まえようとした男性に怪我を負わせたのです。

 

しかも、捕まえようとした男性は意識不明の重体に陥っており、以前よりもまして悪質な行為をしてしまったのです。

スポンサーリンク
意識不明の男性被害者の妻「絶対許しません 」

そんな、捕まえようとした善良な男性の妻のamy0926さんが、ツイッターで「絶対許しません 」と怒りをあらわにしました。

 

amy0926さんによると、男性は頭蓋骨が粉々になり脳内大量出血とかなり悲惨な状況となっているようです。

 

amy0926さんのプロフを見ると「夫と東京で奮闘中。」と書いており、旦那さんと頑張っている仲睦まじさが分かります。

 

だからこそ、善良な旦那さんの悲劇に妻のamy0926さんは「絶対に許しません」と激怒したのです。

品田真男の顔画像と痴漢歴!高市大臣・安倍総理のSPが2度の逮捕・傷害!

品田真男容疑者は高市元大臣や安倍総理のSPをする上級国民だったようですが、2度の痴漢だけでなく、捕まえようとした人を2度も怪我をさせていたのです。

 

しかも、1回目は2週間の怪我でしたが、2回めの捕まえようとした男性には意識不明の重体にまで追いやってしまったのです…

 

もし、2回めの痴漢も事実ならば痴漢は許されざる行為であり、怪我に追いやった被害者や妻だったりと、周りの方々を不幸にさせた罪は重いです。

 

今度はSPだった後ろ盾はないので、しっかり品田真男容疑者は被害者が納得がいくように裁かれてください。

スポンサーリンク