富山発砲事件で2人死亡と問題となっていますが、犯人が元自衛官の島津慧大容疑者ということで話題になっています。

 

そんな、元自衛官だった島津慧大容疑者はどんな方なのでしょうか?

 

ということで今回は、富山発砲事件の犯人・島津慧大容疑者について、

  • 島津慧大容疑者の生い立ち・経歴は?
  • 島津慧大容疑者の犯行動機は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

島津慧大は自衛官で経歴は?元自衛隊の犯行動機は?

2018年6月26日午後2時頃に、警察官が刺されて死亡し、近くの小学校で警備員が撃たれて死亡した事件で、富山県警は富山県立山町の職業不詳、島津慧大(けいた)容疑者(21)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕しました。

島津慧大 自衛官
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

事件は事件は26日午後2時ごろ、富山市久方町の県警奥田交番で勤務する稲泉健一警部補(46)が男に刃物のようなもので刺され、拳銃を奪われてしまいます。

 

そして、犯人は近くの市立奥田小学校に向かい、小学校にいた警備員の中村信一さん(68)に発砲したのです。

 

その後、犯人は学校の敷地内で駆けつけた警察官に撃たれ、殺人未遂容疑で現行犯逮捕されました。

 

そんな拳銃を奪われて刺された稲泉健一警部補、奪われた銃で撃たれた中村信一さんは心肺停止状態で病院に運ばれ、死亡が確認されました。

 

このように、刺されて銃を奪われて2人もの死亡者をだしてしまった富山発砲事件が話題となったのです。

犯人は島津慧大容疑者で犯行動機は?

2人も死亡させた犯人は富山県立山町の元自衛官の島津慧大容疑者ということが判明しました。

島津慧大 自衛官
(画像引用元:https://saladbowl.net

 

島津慧大容疑者は富山市のショッピングセンターにある飲食店でアルバイトをしていました。

 

そんな島津慧大容疑者は、事件の直前に家族に

「アルバイト先で店長と言い争いになり殴った。バイトを辞める。自分の持ち物は捨ててほしい」

等と、無料通信アプリのLINEで伝えていたとのことです。

 

そのため、アルバイト先の上司と言い争いになって辞めて、自暴自棄となって犯行を起こしたように見えます。

 

だから店長と言い争いで辞めて直後に、計画的ではなく突発的に犯行に及んだのかと思われます。

スポンサーリンク

島津慧大容疑者の経歴は?生い立ちは?

島津慧大容疑者は2015年3月に自衛官となり、2017年3月まで金沢市の陸上自衛隊金沢駐屯地で勤務していました。

島津慧大 自衛官
(画像引用元:https://i2.wp.com

また上記の画像が、出身地の富山県立山町の広報誌に掲載されています。

富山県立山町の広報「広報たてやま」

 

関係者によると、このような事件をするような悪い人ではなく、近所での評判は今の時代に珍しいくらい良い子だったと、少なくても周りの印象はよかったようです。

 

しかし、2017年3月には自衛隊を辞めて地元に戻り、アルバイト生活。

真面目な人ほど、この自分の状況に悩み、店長と言い争いになったことで、何かが事切れ、自暴自棄となって犯行に及んだのかも知れません。

島津慧大は自衛官で経歴は?元自衛隊の犯行動機は自暴自棄?

島津慧大容疑者は情報を聞く限りでは、決して悪い印象はなかったようです。

 

しかし、真面目な人だからこそ自衛隊を辞めてアルバイト生活に悩み、自暴自棄となって犯行に及んだのかもしれんね。

 

もちろん2人も死亡させた島津慧大容疑者の犯行は許されるものではなく、今後は一生罪を償ってください。

ヨシコヨシコ

真面目な人だからこそ自暴自棄になって暴れたかと…