現在もベテランながら親しみやすく、ひな壇で若い芸人と肩を並べたりと活躍している芸人・関根勤さん。

 

しかし、以前から「つまらない」「面白くない」と批判もあり、最近はその批判が強くなっているとのことです!

 

いったい、なぜ関根勤さんは批判されやすくなってしまったのでしょうか?

 

ということで今回は、関根勤さんが「つまらい」「面白くない」と言われている理由と、なぜ批判されやすくなったのか調査していきたいと思います。


スポンサーリンク

関根勤 プロフィール

関根勤 韓国人
(画像引用元:http://www.rosei.jp

本名      関根 勤
ニックネーム  ラビー
別名義     ラビット関根(旧芸名)
生年月日    1953年8月21日
出身地     東京都港区
血液型     A型
身長      168cm
師匠      萩本欽一
事務所     浅井企画
活動時期    1974年~

 

1974年大学在学中に出演したTBS「ぎんざNOW!」の「素人コメディアン道場」で5連続勝ち抜き、週初代チャンピオンとなった関根勤さん。

 

チャンピオンになったことで、審査員の一人であった浅井企画社長・浅井良二に見出され、「ラビット関根」で芸能界デビューを果たします。

 

それから1976年から放送の「欽ちゃんのどこまでやるの!?」、1986年4月から放送された「カックラキン大放送!!」では欽ちゃんファミリーとして、活躍をし始めます。

 

ちなみに、このころに恩人である萩本欽一さんからの指示で本名である「関根勤」に改名しました。

 

1985年からは「森田一義アワー 笑っていいとも!」にレギュラー出演をして全国区へと知名度を上げていきます。

 

また1989年には自らが座長とした舞台「カンコンキンシアター」を始めており、テレビ以外でも活動の幅を広げています。

 

その後もバラエティ番組を中心にベテランながら同じ若手のひな壇に座ったりなど第一線で活躍しており、全年齢に親しみやすいベテラン芸人として活躍し続けています。

関根勤がつまらない理由は韓国人?なぜ面白くないと批判されやすくなった?

コア向け面白さでつまらない?視聴者批判?

現在も第一線で活躍している関根勤さんですが、人気の比例してつまらないとも言われています。

関根勤 つまらない
(画像引用元:https://i.ytimg.com

その理由としては「トークが面白くない」「独特なものまねでつまらない」とコア向けな関根勤さんの芸風だからのようです。

 

それだけでなく、2017年5月7日に放送した「ボクらの時代」で、関根勤がテレビ業界に関する過激な発言をしたことで批判が高まりました。

「バカなヤツがいろんなことを言うじゃん? それで自粛し始めちゃって、こういう面白い番組できなくなっちゃった」

実際にテレビ局や番組のスポンサー企業も視聴者からのクレームに過敏となっているのが現状で、少なからず関根勤さんの意見は的を得ています。

 

しかし、この「視聴者が悪いのか」という発言に視聴者から批判が多く寄せられてしまったのです。

スポンサーリンク

韓国人押しになってから批判されやすくなった?

最近は日韓関係が微妙ですし、嫌韓が高まり、韓国ゴリ押しに批判されやすくなっています。

 

そんな中で関根勤さんの娘でタレントの関根麻里が、韓国の歌手・Kと結婚したり、韓国押しにで批判されやすくなったのです。

関根勤 韓国人
(画像引用元:http://blog-imgs-15.fc2.com

別に関根麻里さんが韓国人と結婚したからと言って韓国人押しではなく、またその娘の旦那を褒めるのはよく出来た旦那なら普通のことです。

 

しかし、この嫌韓が高まっている時に、関根勤さんのアンチからは“韓流ヨイショ芸人”として叩かれやすくなってしまったようです。

関根勤がつまらない理由は韓国人押し?面白くないと批判されるのは一部の声?

関根勤さんがつまらないと言われているのはコア向けで好みによって面白くないと思う人もいるということでした。

 

それだけでなく、嫌韓が高まっている時に娘の関根麻里さんが韓国人と結婚したことで、アンチが叩きやすい所を見つけて批判されやすくなってしまったようです。

 

しかし、あそこまでひな壇とベテランが第一線で活躍しているのは凄いと思います。

 

今後も批判されることもあるかもしれませんが、その分関根勤さんを「面白い」と言ってくれる方も多いですので、これからも第一線で活躍し続けて下さい!

 

せばな~