政府だったりと様々な政治的な活動をしていますが、その時にありえない誤字・スペル間違えをして話題になっています。

 

そんな政治的な活動でどんな誤字、スペルミスをしているのでしょうか?

 

ということで今回は、政治的な活動で見せつけた誤字、スペルミスをまとめて紹介します。


スポンサーリンク

立憲民主はPERTNER(ペートナー)!

立憲民主党の市民との交流の場である「埼玉立憲フェス」が開かれました。

 

ところが、その時に使われた名札が「PERTNER(ペートナー)」と「PARTNER」のスペルミスをしてしまったのです。

 

そんなペートナーという誤字にツッコミが多数寄せられました。

SEALDsはホルウィン・ピース・パラーデ!

SEALDsのメンバーは2015年に10月31日にハロウィンのイベントの告知をしましたが、スペルミスで「ホルウィン・ピース・パラーデ」となっていました。

 

もちろん中学生並のスペルミスに批判されていました。

奥田愛基「祈る」はPrayだと知らず…

今度はSEALDsの代表である奥田愛基さんが「祈る」はPrayだと知らずに間違えます。

 

そのため、「シリアのためにプレー」となってしまいました。

共産党応援演説でスッペチ!

2016年7月8日に共産党街宣で応援演説をしたSEALDs奥田愛基さん。

 

ところがその、街宣告知ポスターに「SPPECH(スッペチ)」と「SPEECH」のスペルミスをしていたのです。

 

そのため、ハッシュタグ「#スッペチ」も作られて世に語り継がれてしまったのでした…

スポンサーリンク

SEALDs「私たちは止まる!」

今度は「WE WILL STOP」と目的語がないため「私たちは止まる」と、自身でデモを止めます、

SEALDs「戦争のない世の中なんてありえない!」

今度は戦争を反対しているのに「No War, No Life(戦争のない世の中なんてありえない!)」を掲げます。

SEALDs すぺち
(画像引用元:http://buscantakeyou.pupu.jp

 

さらに安倍総理を反対するとして「No War, No ABE(戦争がなければ安倍じゃない)」を掲げますします。

SEALDs スッチペ
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

SEALDs スッチペ
(画像引用元:https://pds.exblog.jp

立憲民主はペートナーで誤字!SEALDsはスッペチにホルウィンとスペル間違えだらけ?

政治的な活動を真面目にしていますが、様々なところで大々的に誤字をしているようです…

 

確かに人はミスをするものですが、なぜミスチェック等をしなかったのでしょうか…

 

何はともあれ、今後も大々的な誤字を密かに期待してます…

 

せばな~