仙台上空に謎の白い物体(未確認物体)が現れて話題になっています。

 

そんな、仙台上空に現れた未確認物体は何なのでしょうか?

 

ということで今回は、仙台上空に現れた未確認物体の正体を調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

仙台上空の未確認物体の正体!白い物体は観測用の気球?

仙台上空に未確認物体(白い物体)?

仙台上空に未確認物体が現れ、少なくとも報道機関でも判明していないようです。

 仙台市南西部の上空で17日朝、風船のような丸い物が浮かんでいるとの目撃例が、相次いで河北新報社に寄せられた。仙台管区気象台は「全くもって不明。宮城県、仙台市、自衛隊に聞いても分からない」と困惑した様子で話す。

物体は白く、十字状の物をぶら下げている。目撃者によると、少なくとも午前4時ごろから同じ位置に浮いたままだという。

引用:仙台上空に未確認物体 午前4時ごろには浮遊 気象台「全くもって不明」

目撃者によると午後4時頃から同じ位置に浮いたままだそうです。

 

そして、宮城県、仙台市、自衛隊に聞いても分からないと、正体不明で話題になったのです。

未確認物体(白い物体)は観測用の気球?

未確認物体(白い物体)はズームしていみると「観測気球」のように見え、何かを測っていると推測されています。

白い物体
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

確かに気球のようなもので、何かを観測しているように見えます。

 

そして、下についた飛行機のようなものが、進行方向を決められて、上手く同じ位置に浮いたままになっているのかと思います。

スポンサーリンク

未確認物体(白い物体)は民間の観測機?

白い物体は少なくとも宮城県、仙台市、自衛隊に聞いても分からないので、民間の業者があげた可能性が高いようです。

 

また、気象庁では10年前から気球による観測は行っていません。

そのため、やはり民間が何かを計測するために上げた可能性が高いようです。

仙台上空の未確認物体(白い物体)の正体は観測用の気球で民間の業者があげた計測機器?

仙台上空に突如現れた未確認物体ですが、形状的には何かを観測しているように見えます。

 

また、宮城県、仙台市、自衛隊に聞いても分からない、気象庁は10年前から気球による観測をしていないことから、民間の業者があげた可能性が高いようです。

 

果たしてこの未確認物体は何の目的であげたのか、注目ですね。

 

せばな~

仙台上空の未確認飛行物体は風船爆弾や風船おじさん説とは?白い物体の正体は観測用の気球?

スポンサーリンク