沢田研二さんのコンサートが当日になって契約上の問題で中止になったことが話題になっていますが、その理由で炎上しています。

 

そんな沢田研二さんのコンサートが中止になった理由は?

 

ということで今回は、沢田研二さんのコンサート中止になった理由を調査したいと思います。

 


スポンサーリンク

沢田研二コンサート中止理由が7000人でジュリー少なさに激怒!

2018年10月17日にさいたまスーパーアリーナで午後5時から予定していた沢田研二さんがコンサートが急きょ中止となりました。

 

会場スタッフは、「重大な契約の問題が発生したため、主催者、所属事務所が協議を重ねた結果、本日の公演は中止とさせて頂くことになりました」と説明。

 

また、所属事務所によると、本人の体調に問題はないとのことで、同月21日の大阪公演・SAYAKAホール大ホール(大阪狭山市)以降は予定通り行うとのことです。

 

しかし、わざわざ来たファンはドタキャンということで怒りと困惑の声が寄せられていました。

コンサート中止の理由は反原発の署名活動?

そんなコンサート中止の理由となった「重大な契約の問題」とは、反原発の署名のことではないかと言われています。

 

なんでも、沢田研二さんはコンサートにて反原発の署名をホール内でしようとしました。

 

しかし、反原発署名がさいたまスーパーアリーナではNGだったらしく、そのため「重大な契約の問題」として急遽中止になったとのことです。

 

確かに沢田研二さんの体調に問題なく、次のコンサートでは予定通り行うということは、さいたまスーパーアリーナだけに何か問題があったので、可能性はあるかと思われます。

本当の理由は客席が埋まらなかったからジュリー激怒!

沢田研二さんは今回のコンサート中止を受け、客席が埋まらない「動員に関する契約上の問題だった」と説明しました。

「客席がスカスカの状態でやるのは酷なこと。『ライブをやるならいっぱいにしてくれ、無理なら断ってくれ』といつも言ってる。僕にも意地がある

「今回はできませんと1分でも早くお客さんに伝えてほしかった。僕が帰らないと収まらないならと、3時45分くらいに帰った」

 

さいたまスーパーアリーナは規模によって約1万人から最大で3万7000人まで収容可能ですが、集客状況について沢田研二さん曰く「9000人と聞いていたが、実際は7000人だった」とのことです。

 

そんな客の少なさで観客が座れないように客席がつぶされているブロックが目立ったことに腹を立てた沢田研二さんは中止するようにしたのが事の顛末でした。

 

そして、開場時間の午後3時半まで事務所、イベンター会社から予定通り開催するように土下座で懇願され、押し問答となったが、最後まで首をたてに振らずに中止になったのでした。

 

しかし、ファンとしては少なくても来たのに帰される不満と、「7000人も集まったのに…」と批判の声が出てしまった炎上したのでした。

スポンサーリンク

沢田研二 プロフィール

沢田研二 画像
(画像引用元:http://xn--gmqq4cd1bfn718euzbwy8b3pv5rd.com

出生名     澤田 研二
別名      ジュリー
生年月日    1948年6月25日
出身地     京都府京都市
ジャンル    J-POP、ポップ、歌謡曲、グラムロック
職業      歌手、俳優、作詞・作曲家
活動期間    1967年~
事務所     ココロ・コーポレーション

 

京都のダンス喫茶「田園」でドアボーイのアルバイトをしていた際に、グループ・サウンズ「サンダース」に声をかけられて、17歳の時にローディー兼ボーカリストとなりました。

 

それから「ファニーズ」のリード・ボーカルを務め、テレビ出演直前に「ザ・タイガース」に改名されて1967年2月5日にシングル「僕のマリー」でデビューします。

 

セカンド・シングル「シーサイド・バウンド」でブレイクし、「モナリザの微笑」「君だけに愛を」とヒット連続で10代の少女を中心に熱狂的な人気を博し、一躍国民的アイドルとなります。

 

1971年に「ザ・タイガース」解散後は新たなバンド「PYG」に参加したりしますが、同時期にシングル「君をのせて」でソロデビューも果たしています。

 

ソロ当初はあまり売上は振るいませんでしたが、1972年「許されない愛」がオリコン最高位4位を記録、1973年「危険なふたり」が65万枚を売り上げソロ初のオリコン1位を獲得。

 

1974年には「追憶」が58万枚を売り上げ2曲目のオリコン1位と続き、1975年「時の過ぎゆくままに」は5週連続オリコン1位で累計売上92万枚と沢田研二さんにとって最大のヒット曲となります。

 

また沢田研二さんといえば、ヴィジュアルを重視したスタイルをエスカレートさせていき、そのコスチュームにも注目を集めており、1980年に発売された「TOKIO」「恋のバッド・チューニング」で注目を集めていました。

 

1985年からは事務所から独立して活動をしていますが、新バンド「JAZZ MASTER」を結成したり、1989年にはソロとザ・タイガースとしても出場し、初めて一度の紅白で2度出場を記録しています。

 

俳優としてもNHKの連続テレビ小説「はね駒」や大河ドラマ「山河燃ゆ」「琉球の風」等とコンスタントに出演しており、各社大手有名企業のCMに出演しています。

 

2000年以降も現役歌手として活動しており、2002年に自主レコードレーベルとなる「JULIE LABEL」を設立したりとセルフプロデュースをしており、曲もコンスタントにリリースしています。

沢田研二コンサート中止理由が7000人!ジュリー少なさに激怒も批判殺到!

沢田研二さんがコンサート中止をしたのがまさかの客の少なさとのことです。

 

しかし、わざわざ7000人もの客がジュリー見たさに来たに当日腹を立てて中止にするのはいかがなものかと。

 

個人的には客が少ないと意地を張らず、本当に好きで来たファンが7000人もいるのだと感じ、迎え入れて応えてもらいたかったです。

 

せばな~

【比較画像】沢田研二がカーネルサンダース似てる!ジュリーそっくりな理由は!